iedge
  • iedge
ニュース
2018.02.19
2019.03.18

Google 救急通報に詳細な位置情報を提供へ 通話時間短縮でより多くの人命救う狙い

記事ライター:iedge編集部

米Googleは、911のオペレーターが緊急電話の発信場所を特定するために、位置情報の提供を試験的に行っています。

試験はテキサス州、テネシー州、フロリダ州を含む数か所の州で2カ月間にわたり行われ、数万件の緊急電話が対象となりました。

ウォールストリート・ジャーナルの報道によると、Googleのテストは、911のオペレーションを担当するWest Corp、RapidSOSと共同で実施されました。

現在911のシステムでは、通信事業者から位置情報の提供を受けていますが、必ずしも正確ではありません。

RapidSOSによると、Googleの位置情報を活用することで、30秒以内に約80%の電話から正確な位置情報を取得でき、発信者所在地の誤差半径を522フィート(159メートル)から121フィート(37メートル)まで縮小しました。また、Googleからのデータは通信事業者のそれよりも早く到着しました。

911の応答時間が1分短縮されると、約10,000人の命を救うことができると言われています。迅速に正確な位置情報を取得できれば、発信者が英語を十分に話せない場合でも、適切な対応ができる可能性があります。また、発信者が緊急事態で慌てて、上手く現在地を説明できない場合も、オペレーターが位置情報を確認することでスムーズなやり取りが可能になります。

この試験に参加したテネシー州ラウドン郡の911責任者、ジェニファー・エステス氏は非英語圏の通報者の例を引き合いに「Google位置情報の導入は大きな成果をもたらしました。 Googleの技術がなければ、英語を満足に話せない彼女に今どこにいるのか説明してもらわなければならないところでした。それには大変な時間がかかってしまったことでしょう」 と振り返りました。

Googleの位置情報技術は、欧州を中心に世界14カ国で活用されており、Googleは2018年中にこの技術を米国で広く展開しようとしています。

Googleが緊急電話に位置情報技術の活用を試みたのは今回が初めてではありません。2017年、Androidの電話アプリを改良し、緊急時に911に電話をかけたときに自動的にユーザーのおおまかな場所が表示されるようにしました。それは小さな進歩かもしれませんが、救える命を確実に救うための大きな安全対策です。

関連ニュース

NEW

追跡アプリ「Deliveries」が有料サブスクリプションモデルに。わずか月額99セントでiPhone、iPad、Mac全てで使える!

Junecloudは、人気のパッケージ追跡アプリDeliveriesを2020年9月30日に有料サブスクリプションモデルに切り替えると発表しました。サブスクリプションに契約することで、iPhone、i ...

続きを見る
ニュース 2020.09.30
NEW

これさえ読めばApple Fitness +通。Appleのワークアウトサービスについて知っておくべきことすべて

Appleは、Apple Watch Series6とともにApple Fitness +を発表しました。Apple Fitness +は、Apple Watchの所有者が、複数カテゴリのガイド付きワ ...

続きを見る
ニュース 2020.09.28
NEW

iPhone 12の新しいリーク画像で判明!編み紐デザインのUSB-C-Lightningが唯一の同梱物に?

新たな噂によると、Appleの近日発売のiPhone 12モデルには、編み紐デザインの新しいLightning-USB-Cケーブルが同梱される予定だそうです。2020年9月24日にApple情報リーカ ...

続きを見る
ニュース 2020.09.25

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.