iedge
  • iedge
ニュース
2018.02.08
2019.03.18

米Amazonがスーパー実店舗の食料品を2時間で届けるサービスを開始 米4都市から展開

記事ライター:iedge編集部

Amazonは2月8日から、オースティン、シンシナティ、ダラス、バージニアビーチの4都市において、米スーパーマーケットWhole Foods Marketで扱う商品を2時間で配達するサービスを開始しました。

サービスはプライム会員を対象に、無料で提供されます。対象ユーザーは、Whole Foodsの実店舗で販売している新鮮な野菜、肉、魚介類、花など、ほぼすべての商品を注文可能です。

Amazonは2017年6月にWhole Foods Marketを137億ドル(約1兆5000億円)で買収、同チェーンのAmazonシステムへの組み込みを進めています。

この買収により、Amazonはウォルマート、クロガー、コストコ、アルバートソンに次ぐ米国第5位の食料雑貨品小売業者となりました。

Amazonは買収成立後、米国のWhole Foods Market457店舗において商品価格を引き下げました。 Whole Foodsのプライベートブランド365 Everyday Valueは、Amazonのベストセラーランキングのプライベートブランド部門で第2位となったとのことです。

また、2018年1月の時点で、Amazonは米国のオンライン食料雑貨品販売の18%を占めていたと推定されています。

4都市での展開はAmazonの巨大な物流システムにはやや不釣り合いな規模です。 通常のAmazonでの注文と異なり、Whole Foodsの注文は近くのWhole Food実店舗から直接の配達になります。

担当者は注文を受けると商品を選び袋詰めします。彼らは必ずしもWhole Foodsのスタッフではありません。Uberのような契約ドライバーシステムで、担当者所有の自動車による配達です。

彼らはすでにPrime Now、Amazon Fresh、Amazon Restaurantのサービスに従事しており、そして今回Whole Foodsの配送も担当します。受付時間はWhole Foodsの各店舗の営業時間(通常は午前8時〜午後10時)に準じます。

日本では2018年2月現在、Prim Nowのサービスが一部地域で実施されています。

関連ニュース

NEW

コンビニ業界に初導入!無人陳列ロボットは活躍するか

コンビニ業界に初導入!無人陳列ロボットは活躍するか 2020年夏頃から、一部コンビニで商品を自動で陳列できるロボットの導入が始まりました。 無人で買い物ができるコンビニの営業もごく一部ですが始まってい ...

続きを見る
ニュース 2021.12.03

Apple社のA15 Bionicとは?概要と性能を解説

  Apple社が9月15日に最新製品と製品に搭載されたA15 Bionicを発表しました。 発表によって、様々なメディアの注目を集めます。 詳しくは後述しますが、結論としては買い替えに値す ...

続きを見る
ニュース 2021.11.18

ピクミンと散歩ができる最新ARアプリ|ピクミンブルームの遊び方

Pikmin Bloom(ピクミンブルーム)はARを利用したスマートフォン向けアプリです。画面を通すことで現実にピクミンが存在するかのような感覚を体験できます。Niantic社と任天堂が共同開発してい ...

続きを見る
ニュース 2021.11.26

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.