iedge
  • iedge
ニュース
2018.02.07
2019.03.18

IoTデバイスの「規格の壁」越え一括制御 Things Gateway発表

記事ライター:iedge編集部

オープンソースのWebブラウザ「Firefox」などで知られる非営利団体Mogillaは2月6日(日本時間2月7日)、IoTデバイスを規格に関わらず一括制御するためのプラットフォームとして、超小型コンピューター「Rasberry Pi」用の「Things Gateway」の最新バージョンを公開しました。

昨今、IoT技術の急速な発展により、家庭の機器が次々とネットワークに接続されるようになり、自動化や音声コントロールなどが可能になってきました。しかし、デバイスコントロールする規格が統一されておらず、ユーザーが規格に合わせてデバイスを選択する必要がありました。

今回のThings Gatewayでは、ネットワーク接続されたそれぞれのデバイスにURLが割り当てられます。これを使用することによって、現在Amazon、Google、Apple、サムスン電子らによって乱立しているIoT規格に関わらずデバイスを制御できるようになるとのことです。

Mozillaはインターネットを人類の公共資源ととらえ、すべての人間に開かれたネットワーク環境づくりを基本理念に活動する団体です。FirefoxをはじめとしたMozilla製品はオープンソースで開発されており、Things Gatewayも同様です。

Things Gatewayでは、一つのプラットフォームからIoTデバイスを制御できるだけでなく、家庭内のマップ上でのデバイス管理、条件とそれに伴う結果を設定するスケジューリング、音声コントロールなどが可能になっています。

現在のところ日本語には対応していませんが、少しの英語力と知識さえあれば、思うままのスマートホームづくりがさらに進むでしょう。Things GatewayはMozilla製品の例に漏れずオープンソースで開発されているため、今後もアドオンで様々な機能が追加されていく見込みです。

スマートホームの未来を担う技術の今後に要注目です。

関連ニュース

NEW

これから搭載モデルが続々登場!Appleの開発したAppleシリコンとは

Intelチップに代わるAppleの独自チップ、Appleシリコンについて Appleシリコンについては公式に搭載製品が発表される前に、開発者向け会議である「WWDC2020」で言及がありました。 今 ...

続きを見る
ニュース 2021.01.20
NEW

大掃除の手間を省くために 新年から導入したいロボット掃除機5選

せっかく年末に大掃除をしてきれいになった部屋も、だんだんと汚れていきます。キレイさを保つにはやはり普段からの掃除が重要。そんな掃除を楽にしてくれるのがロボット掃除機です。この記事では、そんなロボット掃 ...

続きを見る
ニュース 2021.01.19
NEW

CES 2021で大注目!次世代の電話は、画面がロールで拡大できる!

2年前のCES 2019にて、世界初の折りたたみ式電話RoyoleFlexPaiが発表されました。2021年に入り、さらに大きな画面を持てるようになることが実現可能として見えています。一方で、次のフロ ...

続きを見る
ニュース 2021.01.18

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.