iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.09.05
2019.12.17

【公式・リーク情報まとめ】Google Home派なら持っておきたいスマホ「Pixel 4」の発売日・新機能予想

記事ライター:Yuta Tsukaoka

来月、10月は各社から新製品が続々と登場する。

中でも注目されているのは「iPhone 11」だろう。が、私のようにGoole Home(Goole アシスタント)を中心にホームIoTを構築している場合には、もう一つもっとオススメのスマホがある。それが、「Pixel 4」だ。

私もいま使っているPixel 3については別でレビュー記事にしているので、ぜひ読んでみてほしい。

例年通りであれば10月のイベントで発表される。
もし発表がなければそれはそれで大ニュースなのだが、まぁ、間違いなく発表されるだろう。

今のところわかっている情報をまとめてみよう。

Pixel 4の発表日・発売日予想

昨年のイベント「made by google」の様子
画像引用元:https://9to5google.com/2018/10/09/pixel-3-made-by-google-2018-video-recap/

Googleは毎年、5月に技術者向けのイベントで新しいAndroid OSについて発表し、同じ年の10月前半にその最新Androidを搭載した新製品の発表イベントを開催している

また、過去のイベント(発表日)は火曜日・水曜日・木曜日。日本発売日は木曜日か金曜日となっている。

昨年、Pixel 3が発表されたイベントは10月10日(水)、その日のうちに予約が開始され、北米では10月19日(金)に発売された。そして、Pixel 3の日本発売日はもう少し遅れて11月1日(木)。

これらを元にして予想すると、Pixel 4の発表イベントは10月8日〜10日の間、北米では10月11日までに発売され、日本発売日は昨年と同じく11月1日(金)か、1日早まって10月31日(木)かもしれない。

Pixel 4について発表済みの公式情報

GoogleがPixel 4について言及したツイート。
元ツイートURL:https://twitter.com/madebygoogle/status/1138876305158500353

通常、こういった新製品の情報は慎重に慎重を重ねて隠されるものだが、Pixel 4についてGoogleは積極的に発信している。

ここまでにわかっている公式情報をまとめてみよう。

カメラ:クールだった1レンズカメラから、2レンズカメラへ

ツイート画像を加工
元ツイート:https://twitter.com/madebygoogle/status/1138876305158500353

上に引用したツイートの画像からもわかるように、リアカメラは2つのレンズを備えている(ように見える)。

十字に並んだ4つの丸のうち、上が測光・測距用センサー、下がフラッシュで、残る2つがレンズだろう。

Pixel 3は時代に逆行した1レンズカメラで、スマホ各社が2レンズ・3レンズの製品を発表する中では異彩を放っていた。
が、画像処理エンジンとAIが優れているため写真は見劣りしないどころか、いま買えるスマホではピカイチだ。

ただ、Pixel 3が販売上で予想外の苦戦となったのはこの1レンズが原因のひとつだろう。多くの人にとって「レンズは多いほうが写真がきれいに撮れる」という印象を与えるからだ。

なお、3つのレンズがそれぞれ何をするのかは発表されていないが、他のスマホを参考に予想するなら「広角」「望遠」の2つを搭載し、光学ズームを実現するためだと思われる。

新機能:「手振り」で操作するモーションセンスと顔認証

上の画像は、Googleの公式ブログから引用したものだ。

フロントカメラ付近に様々なセンサーが搭載されている。
左から「顔認証赤外線カメラ」「フロントカメラ」「光・近接センサー」「スピーカー」「Soliレーダーチップ」「顔認証用ドットプロジェクター」「顔認証赤外線カメラ」「フルードイルミネーター」
と書いてある。

フロントカメラとスピーカー、光・近接センサー以外は全て新たに搭載されたものだ。
名前から分かりにくいものもあるが、新たに搭載されたもののうち「Soliレーダーチップ」以外は全て顔認証のための装置である。

この顔認証はiPhoneに搭載されているものとほぼ同じと見ていいだろう。

iPhone Xsの顔認証(Face ID)の解説画像
画像引用元:https://www.apple.com/jp/iphone-xs/face-id/

顔に向かって目に見えないドットを照射し、そのパターンから認証する方式だ。
鼻の高さなど、立体の情報を認識するので、顔写真では認証を突破することができずセキュリティが高いとされている。

もう一つの新機能「身振り」で操作する「モーションセンス」についてはGoogleが公式に発表している動画がわかりやすい。ここに「Soliレーダーチップ」が使われている。


 次ページ >
非公式情報・リーク情報からの予想まとめ

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.