iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.07.10
2019.12.18

肌に応じて最適なシェービングをガイドするフィリップス「シェーバーS7000 スマート」(前編)

記事ライター:Satoru Oguchi

ほとんどの成人男性に欠かせないシェービングという行為。電気シェーバー派とT字カミソリ派に分かれますが、皆さんはどちらでしょうか。どちらも求められているのは、しっかり剃れることと肌への優しさでしょう。フィリップスの「シェーバーS7000」は、皮膚科医との共同開発で生まれた、敏感肌用の電気シェーバーです。その最新モデルではアプリと連動し、赤みやカミソリ負け、埋没毛など自分の肌の状態に応じたシェービングをガイドしてくれるといいます。

 

フィリップス「シェーバーS7000 スマート(S7930/16)」(実勢価格約3万1190円)。握りやすいフォルムも特徴です。

 

背面も握りやすいようカーブしており、滑り止めの加工がなされています。

 

そもそも、T字カミソリが刃を直接肌に当てて剃るのに対して、電気シェーバーはハサミのように毛を挟み込んでカットします。つまり、原理的にはT字カミソリのほうが深剃りでき、電気シェーバーのほうが肌への負担が少ないです。しかし、年々電気シェーバーの剃る能力は進化しており、T字カミソリに近い深剃りが可能になってきました。ただ、そこで気になるのが肌への負担です。メーカー各社は深剃りと肌への優しさを両立させるべく製品を開発し、それを訴求しています。

 

電気シェーバーには刃の動かし方により、いくつかの方式に分かれます。フィリップスは刃を肌に対して水平に回転させる「回転式」で、円形のヘッドが3つ並んでいるのが見た目の特徴です。ブラウンやパナソニックは刃を左右に往復させる「往復式」を採用しています。

「シェーバーS7000」シリーズは、肌との摩擦を軽減するコーティングが施された「スキンコンフォートリング」を採用。ジェントルプレシジョン刃は、敏感肌でも深剃りでき、無精ヒゲも正確にカットできるといいます。

 

 次ページ >
1週間ほど使用してみた

関連記事

NEW

スマートコンセントにできることとおすすめの商品5選

  IoTやAI技術を活用し、家庭内の家電や設備を一括管理するスマートホーム。スマートフォンやタブレットから家電の操作をして、さまざまな機器の電源切り替えをする便利な生活を実現するために一役 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.09.22
NEW

マークジェイコブスのスマートウォッチ|特長・機能・おすすめ商品を解説

  今回は、マークジェイコブスのスマートウォッチの特長・機能・具体的なおすすめ商品について解説します。 マークジェイコブスのスマートウォッチは、今は生産中止となっていますが、おしゃれで人気の ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.09.22

クロームキャストができることは?特徴と接続方法を解説

  クロームキャストは、テレビと接続するだけでスマートフォンとの連携が可能なデバイスです。 今回は、クロームキャストの特徴や接続方法を解説します。 クロームキャストとは クロームキャスト(C ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.07.21

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.