iedge
  • iedge
ニュース
2018.12.18
2018.12.18

紛失物の発見率は99.8%、3周年となる紛失防止タグ「MAMORIO」

記事ライター:iedge編集部

2018年で3周年を迎える、紛失防止タグ「MAMORIO」。「MAMORIO」同社が公開した数値によると、都心を中心にユーザー数も順調に増加し、全MAMORIOの紛失ログデータを母集団に1か月以内(2017年1月から2018年6月の間)に手元に戻った確率、つまり紛失後の発見率は、なんと99.8%を達成しています。

「なくすを、なくす」をコンセプトにした紛失防止タグ「MAMORIO」は、小型のIoTタグで、財布に入れたり、キーホルダーとして使えます。2018年6月にはシール型の「FUDA」が発売され、ノートパソコンなどに貼り付けて使用できるようになりました。また、「MAMORIO」を内蔵した財布なども発売されています。

「MAMORIO」は、Bluetooth接続したスマートフォンと一定距離離れると、通知がくる大変便利な仕組みになっています。

しかし、GPSに対応のない「MAMORIO」では、接続が切れた場所(なくした場所)しかわからず、紛失後に移動してしまうと、その場所を見つけることができません。

そんな時に、有効なのが、「みんなでさがす」機能です。この機能では、紛失した「MAMORIO」の通信圏内に、他の「MAMORIO」ユーザーが入った時に紛失した「MAMORIO」を感知し、元の持ち主にその場所を知らせてくれます。

また、駅の忘れ物預り所や商業施設などにも、「MAMORIO」のアンテナを設置した「MAMORIO」スポットがあり、同様に持ち主に連絡がいく仕組みになっています。

2018年には、JR東日本やJR九州など550路線に渡り「MAMORIO」スポットが設置され、より見つかる仕組みが形成されてきています。

3周年を記念したキャンペーンでは、限定デザインの「MAMORI FUDA」や非売品グッズへの応募も受け付けています。

(画像引用:https://mamorio.jp/)

関連ニュース

NEW

IoTってどういう意味?どんなことができるの?豊富な事例も紹介

最近よくIoTという言葉を聞くことが増えてきました。 ・IoTって一体どういう意味? ・どんな風に使われているの? ・うちでも使えるかな? IoTについてなんとなく便利そうだけれども、ちょっと難しそう ...

続きを見る
ニュース 2021.06.18

スマートホーム化|照明を最大限活用する方法とオススメアイテム

普段何気なく利用しているおうちの照明を、スマート化するとどんなふうに便利になるのでしょうか。たとえば暗がりの中手探りで押すスイッチ、消し忘れて帰るまでつけっぱなしの明かりなど、日常の小さなストレスが解 ...

続きを見る
ニュース 2021.06.11

包み込まれるような音楽体験が可能!ソニーの360 Reality Audio対応スピーカー2機種が発売

ソニーの独自立体音楽体験技術である「360 Reality Audio」に対応したスピーカー2機種が発売されました。これまでのサラウンドとは異なる、上下左右から包み込まれるような音楽体験が可能なスピー ...

続きを見る
ニュース 2021.05.27

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.