iedge
  • iedge
ニュース
2018.11.21
2018.11.21

凸版印刷が「トッパンIoT建材」を開発。IoT機器と建装材を組み合わせ、より快適な住まいの実現へ。

記事ライター:iedge編集部

1951年より建装材事業を開始した凸版印刷が、2018年11月19日、建装材に各種センサーを組み合わせた「トッパンIoT建材」を開発したと発表しました。「トッパンIoT建材」とは、建装材と各種センサーなどのIoT機器を組み合わせた新製品です。

「トッパンIoT建材」の第一弾は、” ロケーションフロア”と呼ばれるもので、床材に位置情報を測定できるセンサが埋め込まれているため、床を歩いているだけで、その位置情報を測定できます。

この新技術により、居住者の健康状態や活動状況を、離れて住む家族がモバイル端末等で見守ることが可能になります。

床材は、通常のものと踏み心地が変わらず、従来の見守りサービスで利用されている赤外線センサやカメラと比べ、居住者にとってストレスがかかりにくい利点があります。また、通常の床材と同様の施工が可能で、特別な配線工事なども不要、さらに、センサが踏まれる圧力により自己発電もできるため、短納期、省エネルギー、低コストにて導入・運用ができます。

” ロケーションフロア”は、株式会社NTTドコモ、横浜市、and factory株式会社が推進する「未来の家プロジェクト」に参画し、2018年6月12日(火)から横浜市内で実施した「IoTスマートホーム®を用いた生活モニタリング実証実験」にて、その実現性について検証してきました。

そして、2018年12月より、凸版印刷は、” ロケーションフロア”を医療・介護業界、自治体、不動産事業者や住宅メーカーに向け、25万円からの価格で販売開始します。

今後は、建装材にIoT技術を組み込んだ「トッパンIoT建材」のさらなる開発を進めます。例えば、床材に体組成計を組み込むことで、意識せずに体重や体脂肪率などの身体情報を取得し、その情報を壁材に表示するという技術を検討中です。「トッパンIoT建材」のラインアップを強化することで、関連受注を含め、2025年までに約100億円の売り上げを目指します。

(画像引用:https://www.toppan.co.jp/news/2018/06/newsrelease180611_2.html)

関連ニュース

NEW

コンビニ業界に初導入!無人陳列ロボットは活躍するか

コンビニ業界に初導入!無人陳列ロボットは活躍するか 2020年夏頃から、一部コンビニで商品を自動で陳列できるロボットの導入が始まりました。 無人で買い物ができるコンビニの営業もごく一部ですが始まってい ...

続きを見る
ニュース 2021.12.03

Apple社のA15 Bionicとは?概要と性能を解説

  Apple社が9月15日に最新製品と製品に搭載されたA15 Bionicを発表しました。 発表によって、様々なメディアの注目を集めます。 詳しくは後述しますが、結論としては買い替えに値す ...

続きを見る
ニュース 2021.11.18

ピクミンと散歩ができる最新ARアプリ|ピクミンブルームの遊び方

Pikmin Bloom(ピクミンブルーム)はARを利用したスマートフォン向けアプリです。画面を通すことで現実にピクミンが存在するかのような感覚を体験できます。Niantic社と任天堂が共同開発してい ...

続きを見る
ニュース 2021.11.26

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.