iedge
  • iedge

タグ

ニュース
2018.04.06
2019.03.18

自宅内にAmazon商品を配送するサービス、Amazon Keyが対応モデルを拡大

記事ライター:iedge編集部

米Amazonは4月5日、スマートロックを使用して配送物を玄関ドア内に届けるサービス、Amazon Keyを拡大し、新たに5種類のスマートロックで使用できるなったことを発表しました。

この拡大によって、Amazon Key対応機種は3モデルから、8モデルまで拡張されました。すべてKwiksetとYaleのモデルです。今回、Kwiksetは3モデル、Yaleは2モデルが追加されました。

Kwiksetの3モデルは、キーレスモデルObsidian と、鍵穴を備えたタイプのSmartCode 916およびSmartCode 916 Contemporaryとなります。Yaleの2モデルは、鍵穴付きのAssure 216と、キーレスモデルのAssure256です。

全体的に、新しいモデルの追加は機能的にあまり効果がありません。ただし、より多くの選択肢が得られるのは喜ばしいことです。

Amazon Keyは2017年10月に発表され、2018年4月現在、米国内の約40都市で利用可能です。サービス利用には、Amazonに承認されたスマートロックやAmazon Cloud Camの購入が必要です。

そのため、家に入る配達人が窃盗行為等をしないか確認することができます。サービス発表時にはプライバシーに関する批判が大きく伴いましたが、これらの対策のためか、今のところ大きな問題は発生していません。

今後、より多くの人々がスマートロックを入手し、Amazonが対応プラットフォームを増やすにつれ、よりサービスが洗練されていくことでしょう。

さらに、同社は近頃BlinkやRingといった玄関を中心に扱うスマートホーム企業を買収しており、Amazonによる自社製スマートロックが登場することも期待されています。

関連ニュース

NEW

Amazonがレジなしの食料品店をオープン

オンライン小売大手Amazonは、スーパーマーケットの精算ラインを廃止したいと考えています。そして、買い物客が牛乳や卵を選ぶだけで、列に並んで待ち財布を開けることなしに外に出ることができる、初のレジな ...

続きを見る
ニュース 2020.02.28
NEW

MITが、濡れたことを瞬時に伝える低コストの「スマートオムツ」を開発

乳児はオムツが濡れると瞬時に泣きわめくこともありますが、濡れてもあまり不快感がなく泣かずに長時間立って経ってしまうこともあります。しかし、濡れたオムツの着用時間が長すぎるとお尻がかぶれて悲惨な状況を引 ...

続きを見る
ニュース 2020.02.27
NEW

ドイツの企業の多くが、AWSを使用したIoTデータ分析を強化

ISGが発行した新しいレポートによると、ドイツの多くの企業でAWSデータ分析ソリューションの需要が高まっているとのことです。 パブリッククラウドのSAPは依然として最新のマーケットではありますが、ドイ ...

続きを見る
ニュース 2020.02.25

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.