iedge
  • iedge
ニュース
2023.02.24
2023.02.24

DOUZE Cycles x Toyota Mobility|最新型の電動カーゴバイクを紹介!

記事ライター:iedge編集部

カーゴバイクという乗り物をご存じでしょうか。まだまだ知られていませんが、これからの脱炭素化社会には欠かせない乗り物なのです。

そのようなカーゴバイクを、あの世界的な自動車メーカーのトヨタがフランスのDOUZE Cyclesとコラボし発表しました。

そこで今回の記事では、最新型の電動カーゴバイクをご紹介します。

 

カーゴバイクとは|運搬用の自転車

「cargo=積荷」という呼び名通り、普通の自転車では運べないような大きな荷物や、人間を運べるように設計された自転車です。日本では宅配業者が利用している姿がたまに見られる程度で、一般的にはまだあまり見かけません。しかし、アメリカやヨーロッパなどではよく見られる自転車なのです。

自転車で移動することが多い人には、カーゴバイクはさまざまな用途で利用可能です。子どもと荷物を同時に自転車に乗せられ、子育て世代には重宝します。また、車を持っていない人のソロキャンプにも最適です。個人利用だけでなく、企業が配達用に使用してもよいでしょう。

気になる道路交通法上の注意点ですが、カーゴバイクは日本ではタンデム自転車として扱われます。

DOUZE Cycles x Toyota Mobilityとは

DOUZE Cycles x Toyota Mobilityは、トヨタのフランス法人が2023年1月17日に発表した新型のカーゴバイクと呼ばれる自転車です。このカーゴバイクはYAMAHA製の250Wモーターを標準装備しており、電動自転車としての機能も持っています。DOUZE Cycles x Toyota Mobilityは今年9月よりフランスで発売予定とのことです。

「DOUZE Cycles」とは|フランスのカーゴバイクメーカー

DOUZE Cyclesはフランスブルゴーニュ地方に拠点を置くカーゴバイクメーカーです。

DOUZE Cyclesのカーゴバイクは、自転車の真ん中辺りでフレームが前後に分割できる特徴のあるタイプで、モジュールシステムを採用しています。この分割フレームによって車種のカスタマイズが豊富になっているのです。

そのDOUZE Cyclesがトヨタと手を組んで生み出したものが「DOUZE Cycles x Toyota Mobility」というわけです。

トヨタの脱炭素社会への取り組みの一環

自動車メーカーであるトヨタがカーゴバイクという自転車を開発・販売する背景には何があったのでしょうか。

トヨタは脱炭素化社会に向けて、これまでにも2050年カーボンニュートラルの宣言や自動車の電動化の推進など、さまざまな取り組みを実施してきました。その一環として、自転車を含むマイクロモビリティにも視野を広げていました。そして、2022年7月、DOUZE Cyclesとのパートナーシップ契約を締結したのです。

 

DOUZE Cycles x Toyota Mobilityの基本性能

DOUZE Cycles x Toyota Mobilityの基本性能について簡単にご紹介します。

全長2750mm、ホイールベースは2160mm、ホイールは前輪20インチで後輪26インチです。フレームは再利用したアルミを鋳造したもの。継ぎ目のないアルミ鋳造フレームは、カーゴバイクにピッタリな流麗でダイナミックな外観を表しています。

耐荷重容量100kgと重い荷物の運搬に最適

耐荷重量は100kgまでOK。荷台は850mmと非常に長く大きく、特大の成型フレームを使用しているため強度も抜群。荷台の部分に車体にマッチするようデザインされたボックスを合体させると、容量は300Lまで積載可能と、重い荷物の運搬に最適です。子どもなら3人、大人なら1人乗せて運ぶこともできるため、送迎にも最適。企業の配達用に使ってもよいでしょうし、個人のプライベートな用途で活用することもよいでしょう。

座席パーツで送迎にも利用可能

このカーゴバイク、子ども用の座席シートもあります。カーゴのあるフロントフレームは3タイプあるのですが、そのうちのファミリータイプにはチャイルドシートが取り付け可能です。チャイルドシートは二人乗りでシートベルトもついています。しかもこのシートを取り付けても、まだ荷台の広さには余裕があります。子どもを連れて買い物へ行った帰り、子どもをシートに座らせ、空いたスペースに荷物を置くこともできるのです。子どもの送り迎えにも役立ちますし、買い物の重い荷物の運搬にも最適。子育て世代だけれど車を持つことは厳しい、というご家庭にはぜひオススメしたい自転車です。

電動自転車だから坂道もラクラク

でも、荷物が重いと漕ぐことが大変なのでは?とご心配されるでしょう。大丈夫です。このカーゴバイクは電動機自転車の機能も持っています。電動モーターにはYAMAHAの250Wモーターを標準装備。500Whのバッテリーは取り外しができ、標準のコンセントで4時間でフル充電できます。1回の充電で最大100kmまで走行可能。重い荷物を乗せていても、電動機自転車のハイパワーで坂道もラクラク上れてしまいます。

トヨタの高性能バッテリーで充電が長持ち

この電動カーゴバイクはトヨタの高性能バッテリーを使用しています。この500Whのバッテリーは取り外しでき、標準的なコンセントを使って4時間でフル充電可能です。走行距離は一回の充電で最長100kmの距離を走行できます。子どもたちと電動カーゴバイクで50km先まで出かけ、買い物をし、そこで折り返して帰ってきたら、ちょうどよいサイクリングにもなると思われます。

環境負荷が少ないリサイクル素材で製造

このカーゴバイクは、環境にも配慮して生産されています。

先程触れたフレームについてですが、各パーツはフランスで生産されたものを使用、再利用されたアルミを鋳造したもので、ポリマー部品にも環境負荷の少ないリサイクル材を採用しているとのこと。しかも、パーツはすべて交換可能であり、交換によって長く乗り続けられるような製品に作られています。廃棄時も容易に解体・分別できる設計にされており、リサイクル性を最大限に高めた環境負荷の少ない乗り物として使っていけるのです。

まとめ

この新型カーゴバイクDOUZE Cycles x Toyota Mobilityは、これからの脱炭素化社会に向けて非常に有用な乗り物です。エコの観点からだけではなく、自動車に比べて維持費がかからないリーズナブルな側面がある点もおすすめできるポイントです。

この新型カーゴバイクは2023年9月よりフランス国内で販売される予定ですので、見かけた方は少し気にしてみてくださいね。

関連ニュース

NEW

TwitterがXになって何が変わった?

機能の名称 TwitterがXに名称変更された後も、これまでとはほとんど変わらない感覚で利用している人も多いでしょう。これまでと同じように投稿したり、他のユーザーの投稿に返信をしたりできます。しかし、 ...

続きを見る
ニュース 2024.02.22

MVNOとキャリアのサブブランドはどっちがいい?

MVNOとは 最初にMVNOについて、特徴やメリット、デメリットを説明していきます。 MVNOの特徴 MVNOは「Mobile Virtual Network Operator」の頭文字を取って略した ...

続きを見る
ニュース 2024.02.16

排熱利用とは?メリットや具体例をご紹介

排熱利用とは? 排熱利用とは、工場や自然界などで発生する熱を有効活用することです。工場では設備を稼働させる際に、エネルギーを消費していますが、その一部が熱となって放出されています。通常は放出された熱を ...

続きを見る
ニュース 2024.02.09

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2024 AllRights Reserved.