iedge
  • iedge
ニュース
2022.07.22
2022.08.04

Anker発世界最小100W充電器!驚きの性能と口コミを紹介

記事ライター:iedge編集部

 

Ankerが世界最小の100W充電器である「Anker 736 Charger(Nano ll 100W)」をリリースしました。今回は、本製品の性能と口コミを紹介します。

一般的な100W給電が可能な充電器よりもコンパクトなこと、幅広い対応機種を持つことが特徴です。そのため、旅行や出張の際の荷物を減らすことができます。

また、高電力にも関わらず、発熱量が少ないことから、熱による劣化が抑えられることが期待されています。

Anker 736 Charger (Nano ll 100W)の性能

Anker 736 Charger(Nano ll 100W)は、下記のような性能を持っています。

  • 急速充電が可能
  • 充電が3台同時に可能
  • コンパクトでかさばらない
  • 安全性に配慮されている

詳細を下記に記載します。

急速充電が可能

高出力対応のケーブルを使用した際には、Anker Nano llシリーズ中、最高の出力で急速充電が可能です。

Anker独自技術「PowerIQ 3.0(Gen2)」を用いており、2つのUSB-Cポートと1つのUSB-Aポートを搭載しています。そのためスマートフォンをはじめ、パソコン、タブレット、携帯ゲーム機など幅広い機器に対応可能です。

 

(※)PowerIQ 3.0(Gen2):USB Power Deliveryとの互換性を前モデルよりも高め、Qualcomm Quick Chargeの充電規格にも対応することで幅広い機器のフルスピード充電を可能にする技術

充電が3台同時に可能

3つのUSBポートを利用して3台同時に充電可能です。

Anker 736 Charger一台で3台分の充電が行えるため、旅行や出張時の荷物を減らせます。

口コミでは、パソコンのACアダプターは荷物として大きく、持参する必要がなくて助かるという意見がありました。

h4:各ポートの出力

3台同時の場合、合計最大93Wの出力で充電可能です。

ポート使用時の最大出力は以下の通りです。

  • 1つ:100W(USB-Cポート1を使用)
  • 2つ:60W+40W(USB-Cポート1とUSB-Cポート2を使用)
  • 3つ:45W+30W+18W(USB-Cポート1とUSB-Cポート2、USB-Aポートを使用)

各ポートごとで最大出力が異なります。単体の最大出力は以下に記載します。

  • USB-Cポート1:100W
  • USB-Cポート2:100W
  • USB-Aポート:22.5W

一般的な充電器よりもコンパクト

一般的な96W出力以上の充電器に比べて、35%程度のサイズダウンを実現させています。また折りたたみ式プラグを採用しており、カバンに収納しやすい形状です。携帯に便利という口コミが多数あり、手のひらにおさまるサイズで使用感がよいと評価されています。

重さは206gのため、同じサイズの充電器より重いと感じる方が多い一方で、性能が優れており、ユーザーの満足度が高いと言われています。

ただし、プラグを折りたたんだ際に先端部分が1.2mm程度はみ出ており、カバン収納時に中身を傷つけない工夫が必要です。

国際的な安全規格の基準に準拠

独自技術「Anker GaN II」を搭載し、高い安全性をもっています。過電圧保護や電子回路のショート防止、温度管理など、多くの配慮がみられます。

Anker GaN IIの技術は下記の通りです。

  • 電子部品を省サイズ化
  • 高周波化の弊害として発生する熱やノイズを抑制

今まではシリコンが主な素材として使われていた一方で、新素材GaN(窒素ガリウム)を使用しています。そうすることで安全性を担保しながら、商品の高出力化と小型化を実現しています。

参考にすべき口コミ集

Anker 736 Charger (Nano ll 100W)を使用した方の口コミに関して、意見の多かったものや購入の基準になるものをまとめました。

発熱量が少ないこと、3台同時充電ができることについて、多数の口コミがありました。

発熱量が少ない

多数みられたのが、最大出力が100Wと高電力にも関わらず、発熱量が少ないという口コミです。

電圧、電流を状況に応じて100mV・50mA刻みで変えて流しており、充電器から供給される電力が最適化されるようにコントロールしています。その結果、熱の発生等の形で無駄になるエネルギーが最小限に抑えられ、発熱量が少なくなっています。

3台同時に充電したい人におすすめ

ゲーム機やパソコン、モバイルバッテリー、携帯電話など、複数種類の機器を同時に充電したい人におすすめだという口コミもありました。

対応機種が多いため機器ごとの充電器を持つ必要がなく、荷物を減らせるというメリットに触れたものです。

普段から複数の機器を利用している方は、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

Anker 736 Charger(Nano ll 100W)の性能と口コミを紹介しました。幅広い機器の急速充電が可能であり、単体だと最高出力100W、3台同時でも合計出力93Wと高性能です。コンパクトで持ち運びやすいサイズのため、旅行や出張時には重宝するでしょう。

また、独自技術によって高電力にも関わらず発熱量が少なく、普段から多数の機器を使っている方には特におすすめの商品です。ぜひ使ってみてください。

 

関連ニュース

NEW

Pixel Watchのスペック・特徴 Pixel Watchを使ってできること

近年、日本ではスマートウォッチが普及しつつありますが、これまで、日本のスマートウォッチ市場はApple社が販売している「Apple Watch」が主流でした。そんな中、新たにGoogleからGoogl ...

続きを見る
ニュース 2022.11.24

2022年11月発売の新製品家電3選!スタイリッシュデザインの家電特集

暮らしを支える家電。家電は毎月多くの新製品が販売されています。そこで今回は、2022年11月に発売される新製品家電のうち、スタイリッシュデザインの家電3選をご紹介します。   ドラム式洗濯乾 ...

続きを見る
ニュース 2022.11.17

お風呂上りに乗るだけで体重管理ができる!話題のスマートバスマットを解説

乗るだけで自分の体重管理ができる製品「スマートバスマット」が開発されました。お風呂上がりにバスマットとして使用しつつ、体重管理もできる優れものです。 今回は話題のスマートバスマットの特徴を解説します。 ...

続きを見る
ニュース 2022.10.24

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.