iedge
  • iedge
ニュース
2021.11.18
2021.11.18

Apple社のA15 Bionicとは?概要と性能を解説

記事ライター:iedge編集部

 

Apple社が9月15日に最新製品と製品に搭載されたA15 Bionicを発表しました。

発表によって、様々なメディアの注目を集めます。

詳しくは後述しますが、結論としては買い替えに値する性能だと言えます。

A15 Bionicとは

A15 Bionicとは、Apple社が発表した最新のSoC(System-on-a-Chip)です。

SoCとはCPUやGPUなど、システム動作に必要とされる部品をひとつのチップに集めたものです。

広い定義として「CPU」とまとめて呼ばれます。

SoCはスマホやタブレットを動かすうえで重要なもので、人間でいう「脳や心臓」にあたります。

A15 Bionic搭載機種

A15 Bionicを搭載している製品は以下の3種類です。

・iPhone13/13 mini

・iPhone13 Pro/13 Pro Max

・第6世代iPad mini

同じiPhone13でも、iPhone13/miniとiPhone13 Pro/Pro MAX、第6世代iPad miniでは異なります。

iPhone13 ProシリーズとiPad mini6の方が高性能です。下記で詳しく解説します。

A15 Bionicの性能

A15 Bionicは高性能CPUコアが2つと高効率CPUが4つあります。

GPUがiPhone13シリーズでは4コア、iPhone13 ProシリーズとiPad mini6では5コア搭載されています。

iPhone13シリーズのA15 Bionicは先代のA14 Bionicと同じ構成ですが、性能は上がっています。

CPUコアの周波数は先代より10%、高効率コアはA14 Bionicと比較して、10.5%の向上の進化を遂げました。

また、高性能コアは電力消費もA14に比べわずかではありますが消費エネルギーが減りました。

高効率コアの電力消費は変わりません。

しかし、性能が上がっているので、全体的にバージョンアップしていることが分かります。

A15 Bionicの進化

ここでは、A15 Bionicの進化を分かりやすく解説します。

iPad mini6について

iPad mini6ではUSB‐Cポートでの転送が可能になり、爆速での転送が可能です。

また、ステレオスピーカー搭載です。

動画視聴やゲームアプリなどで、より臨場感のある音を楽しむことができます。

第二世代のApple Pencilにも対応しており、サイド部分に磁石で付けての充電も可能になり、便利になりました。

iPhoneカメラについて

各シリーズ共通でカメラ性能は良くなっていますが、iPhone13シリーズと13 Proシリーズでは性能が異なります。

Proシリーズでは13シリーズと比較して通常カメラが0.5倍の広角、望遠は約3倍のズーム率です。

手振れ補正と接写機能も進化しており、接写については2cmまでの接写が可能になりました。

ゲームアプリについて

13 Proシリーズは「最強のゲーミングマシン」と言われたiPhone12Pro MAXを上回り、操作性も大きく向上しています。

また、ゲーム配信アプリなどでも安定して配信が可能です。

画面の解像度も上がっているため、既存モデルより画質のいい状態でプレイできます。

iPhone13シリーズ購入検討の方へ

iPhone13シリーズ購入検討の方に向けて、おすすめと魅力を解説していきます。

プロフェッショナルユーザー

報道関係者やフォトグラファー、YouTuberなどのクリエイターの方は13 Pro/Pro MAXをおすすめします。

上記に記載のとおり、超広角・広角・望遠・接写に加えて手ブレ補正などのカメラ機能が優秀なためです。

今までより快適な撮影ができます。

ProかPro MAXで悩むのであれば、画面の大きさで選ぶとよいでしょう。

既存iPhoneユーザー

2~3世代以前またはそれ以前のiPhoneユーザーならば、買い替え対象としてはアリです。

カメラ機能や性能にこだわりがなければiPhone13か13miniで十分です。

特にapple careの有効期限が近いiPhone11世代はこの機会に乗り換えるのは有効です。

ゲーマー

ゲームアプリユーザーならばiPhone13 ProかPro MAXがおすすめです。

プレイするアプリのサポートの状況に依存しますが、快適にプレイが可能です。

しかし「フォートナイト」といったEpic Gamesは現在非対応のため除外されます。

今しているゲームが対応可能かどうかは一度運営会社のサポートを確認しましょう。

iPad mini購入検討の方へ

今回の新作発表では、群を抜いて買い替えの損なしな機種がiPad mini6です。

カラーバリエーションが豊富、通信速度アップ、カメラ性能も上がっています。

また、電源ボタンとTouch IDが兼用なので、指紋認証もできて便利です。

5Gにも対応しており、音質も向上し、Apple Pencil第2世代も対応なので、痒い所に手が届くモデルになっています。

Apple Pencilもカバーを変えれば好きな色に変えることができます。

サイズも大きすぎず小さすぎず、価格もiPhone13シリーズに比べると抑えられています。

既存のiPadユーザーからの評価も高く、既存iPhoneとの同時並行も可能です。

まとめ

Apple社のA15について解説しましたが、全体的な性能、特に速度が向上しています。

iPhone12ユーザーであればそこまで買い替えは必要としません。

しかし、iPad mini6は買い替えも初購入も

進化したA15 Bionicに買い替えることをおすすめします。

ぜひこれを機会に買い換えをご一考ください。

関連ニュース

NEW

Pixel Watchのスペック・特徴 Pixel Watchを使ってできること

近年、日本ではスマートウォッチが普及しつつありますが、これまで、日本のスマートウォッチ市場はApple社が販売している「Apple Watch」が主流でした。そんな中、新たにGoogleからGoogl ...

続きを見る
ニュース 2022.11.24

2022年11月発売の新製品家電3選!スタイリッシュデザインの家電特集

暮らしを支える家電。家電は毎月多くの新製品が販売されています。そこで今回は、2022年11月に発売される新製品家電のうち、スタイリッシュデザインの家電3選をご紹介します。   ドラム式洗濯乾 ...

続きを見る
ニュース 2022.11.17

お風呂上りに乗るだけで体重管理ができる!話題のスマートバスマットを解説

乗るだけで自分の体重管理ができる製品「スマートバスマット」が開発されました。お風呂上がりにバスマットとして使用しつつ、体重管理もできる優れものです。 今回は話題のスマートバスマットの特徴を解説します。 ...

続きを見る
ニュース 2022.10.24

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.