iedge
  • iedge
ニュース
2021.11.11
2021.11.11

ドコモの低価格プラン「エコノミーMVNO」「ahamo」について解説

記事ライター:iedge編集部

日本政府から携帯大手3社に対して値下げの要請がありました。それを受け、各社は格安プランを展開し、政府の要請に応えています。

今回の記事では、ドコモの展開する格安プランについてわかりやすく解説します。通信料金を見直す際にぜひ参考にしてください。

ドコモの低価格プランといえば「ahamo」

2021年3月26日にスタートしたahamo。シンプルな利用条件で低価格を実現した魅力的なプランについて、以下で解説します。

利用料金

ひと月で利用できる通信量上限は20GB。必要十分な量が確保されつつ、月額料金は2,970円と非常に安価です。550円支払うことで、1GB分通信量上限を増やすこともできます。

海外ローミングで20GB使うことができるのも魅力です。

通話料は5分以内であれば無料で、それ以降は30秒ごとに22円を支払うことになります。

ahamoのメリット

ahamoは月20GBというデータ容量の多さと、月額料金の安さが魅力です。ドコモの「ギガプラン」と比較すると、ahamoの安さがよくわかります。

ギガプラン ahamo
月額料金 1,980円(税込2,178円)
~6,650円(税込7,315円)
2,700円(税込2,970円)
利用可能データ量 1GB~無制限 20GB

出典:NTTドコモ「ギガプランとahamoを比較する | 料金・割引

店頭に行くことなく、ネット上で契約が可能であることも大きな魅力です。細かな利用条件もないシンプルな料金プランでありながら、他社による格安SIM、格安スマホではありません。「ドコモの展開する料金プラン」であり、dポイントを利用することも可能です。

機種の制限はありますが、スマホとのセット購入も用意されています。これからスマホを使いたい方にもちょうど良いプランです。

すでにドコモと契約している場合は、解約することなくahamoを利用することができます。

ahamoの注意点

「店頭でのサポートを受けることができない」という点には注意が必要です。ahamoの契約やアフターサービスはすべてオンライン対応のみです。

また、ドコモのキャリアメールは使用できません。政府からの要請により今後使用可能になるかもしれませんが、現状はGmailやiCloudなど、別のメールサービスを利用しなければなりません。

詳細はNTTドコモによる「ahamoへプラン変更手続きを行う際のご注意 | 料金・割引」をご確認ください。

申し込み方法

ドコモと契約している場合、契約していない場合に分けて解説します。

すでにスマートフォンを持っており、継続して使用したい場合は「対応端末一覧」からahamoに対応した機種かどうか確認してください。

また「申し込みの流れ」より、条件ごとの細かな申込方法を確認することも可能です。あわせてご確認ください。

すでにドコモと契約している場合

1.ahamo公式サイトにアクセスし、右上の「申し込み」を選択してください。

2.「契約形態の選択」から、該当するものを選択します。すでにドコモと契約している場合、スマートフォンを同時に購入するかどうかで選択肢が変わります。

「eSIM」は遠隔通信でSIM情報を書き換えられる便利なものではありますが、まだ限られた機種にしか対応していません。通常のSIMがオススメです。

3.画面に従って手続きを進めます。

4.手続き完了後、契約内容によってSIMカードを差し替える必要があります。「商品到着後の設定・開通 | 申し込みの流れ」に沿って、SIMカードを設定してください。

他社と契約している場合

上記の「すでにドコモと契約している場合」とほぼ同じ手順ですが、事前準備が必要です。

現在使用している電話番号を引き継ぐ場合、事前に「MNP予約番号」を発行する必要があります。ドコモの用意した「MNP予約番号の取得方法 | お申込みの流れ」に従って発行してください。

MNP予約番号には有効期限があるため、発行後すみやかにahamoに移行しなければなりません。

以降はすでにドコモと契約している場合同様、ahamo公式サイトから手続きを行ってください。

新プラン「エコノミーMVNO」

2021年10月7日に発表され、同月21日から順次開始された新プランです。

仕組みが少し複雑であるものの、場合によってはahamoよりも月額料金を抑えることができます。

どんなプラン?

ドコモが他社の「MVNO(後述)」と連携することで実現した格安プランです。

現状は

・フリービット株式会社「OCN モバイル ONE」

・NTTコミュニケーションズ株式会社「トーンモバイル」

との連携が発表されています。

最安プランでは、ひと月の通信量上限0.5GBに対して月額利用料金550円(OCN モバイル ONE)というプランが発表されています。

データ容量は非常に少ないものの、破格の利用料金です。

契約するMVNOによってプランが違い、利用者に合ったプランを選択できます。

「MVNO」とは

大手3社の携帯電話用通信回線を借りて、通信サービスを提供している通信業者のことを「MVNO」と呼びます。いわゆる「格安SIM」や「格安スマホ」を提供している通信業者のことです。

エコノミーMVNOのメリット

前述のahamoと大きく違う点が、店舗での対応です。

エコノミーMVNOは、全国に2,300店舗存在するドコモショップで手続きが可能です。アフターサービスも店頭で受ることができます。

通常のMVNOは別業者であるため、手続きやサービスも該当の業者しか扱うことができません。ドコモのサービスを利用できるという点が、エコノミーMVNOにおける最大のメリットです。そのため、dアカウントやdポイントを引き継いで利用することも可能です。

まだサービスは始まっていませんが「トーンモバイル」は子どもやシニアに対するサポートに重点を置いたプランになるようです。

現在は2社のみとの連携ですが、今後さらに連携企業が増えていく可能性があります。

エコノミーMVNOの注意点

エコノミーMVNOはドコモのサービスを受けられるものの、厳密には他社との契約です。ドコモとの契約は一旦解約しなければなりません。

サービスを開始してまだ日が浅いため、サポートが未成熟である可能性も考えられます。

また、他社ですでに提供が開始されている「LINEMO」「Povo」といった格安プランと競合します。エコノミーMVNO独自の強みを見いださなければなりません。

まとめ

ドコモの格安プランである「ahamo」と「エコノミーMVNO」を紹介しました。どちらも非常にリーズナブルなプランではありますが、多くの注意点もあります。

この記事を参考に、ご自身の利用状況にピッタリなプランを検討してください。

関連ニュース

NEW

ソクサイリングとは?日本初のスマートリングの機能を解説!

最近、日本の会社が開発したスマートリング「ソクサイリング (SOXAI Ring)」がニュースとして取り上げられました。 この記事では、ソクサイリングの機能や価格、購入方法などを詳しく解説します。 ソ ...

続きを見る
ニュース 2022.06.23
NEW

Xiaomiのスマートウォッチをおすすめする理由とは?機能性・コストパフォーマンスの高さについて解説

スマートウォッチとは、腕時計・リストバンド型のウェアラブルデバイスです。 Xiaomiも昨年に続き、スマートウォッチの新作を売り出しました。 購入にあたって、どこに注目すればよいかを見てみましょう。 ...

続きを見る
ニュース 2022.06.17

2022年6月発売の家電・おすすめアイテムの新製品をまとめて紹介!

夏を目前にしつつ、まだまだ雨と湿気の多い6月。今だ、梅雨の雨と新型コロナウイルスの影響でおうち時間が多いのではないでしょうか。今回は、2022年6月発売になる生活の質が上がる高機能な家電・おすすめアイ ...

続きを見る
ニュース 2022.06.09

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.