iedge
  • iedge
ニュース
2021.05.20
2021.05.20

似ているようでみんな違う!ahamo、povo、LINEMOの料金と機能から選び方を解説

記事ライター:ハウザー

3大キャリアから一斉に発表された低廉な料金プランは、一見するとどれも横並びのように見えます。しかしながら、実は機能などに細かい違いがあり、適当に選んでしまうと後から後悔するかもしれません。この記事ではそんなahamo、povo、LINEMOの料金と機能を徹底比較し選び方を解説します。

この記事のコンテンツ:

  • 基本料金に大きな差はなし
  • 機能面ではいろいろと差が
  • 自分の使い方を考えて選ぼう

基本料金に大きな差はなし

お金, 利益, ファイナンス, ビジネス, 戻り値, 利回り, 金融, 現金, 通貨, 銀行, 投資, 富

基本料金については大きな差はありません。各社とも月々20GBまでの高速通信がついていて、ドコモのahamoが2,970円、auのpovoが2,728円、ソフトバンクのLINEMOが2,728円です。ahamoが少し高いのは5分間の通話料無料がついているからですが、どこも大きな差はありません。

また、速度制限時の速度は1Mbps、通話料も30秒当たり22円と判を押したように同じです。

しかしながら、ここだけを見て選んでしまうと損をするかもしれません。さらに細かい機能について見てみましょう。

機能面ではいろいろと差が

Simカード, カード, メモリ, マイクロSd, 電話, 技術, モバイル, 通信, 細胞の, 携帯電話

基本部分だけ見ると差がないように見えますが、さらに細かい機能に目を向けるといろいろと差が見えてきます。

音声通話を頻繁にするならahamo

最大の違いは5分間の通話定額の扱いです。ahamoはデフォルトで5分間通話定額がついていますが、povoとLINEMOは月額料金550円のオプション扱いとなっています。このオプションをつけると月額料金は3,278円となり、ahamoよりも高い料金設定です。

最近はLINEなどの通話ができるSNSの普及で電話をする機会は少ないかもしれません。まずはこの5分間の通話定額が必要かどうかを選定基準とするといいでしょう。

また、かけ放題オプションについても5分間通話定額がセットになっている分ahamoが1,100円/月と安く、ほかは1,650円/月となっています。よく電話をするならahamoを選ぶのがいいかもしれません。

ahamoのみの端末販売、種類も少ない

これまでの携帯電話キャリアは端末を販売しているのが当たり前でした。しかしながら、低廉な料金プランブランドであるpovoとLINEMOは端末の販売を行っていません。

唯一行っているのはahamoですが、販売しているスマートフォンの種類は少ないのが現状です。

スマートフォンを自分で入手できる方はどこを選んでも問題ありませんが、契約とセットで入手したいという方はahamoを選ぶといいでしょう。

追加データ容量はpovoがお得

通信量がかさむと20GB/月という容量はすぐにオーバーしてしまいます。そんなときに利用したいのが容量追加オプションです。3つのプランどれも1GBあたり550円で追加できますが、povoだけ「データ使い放題24時間」というオプションがあります。

これは、利用開始から24時間の間、制限なしに高速通信が行えるというものです。料金220円となっており、うまく利用することで1GBあたり550円オプションよりも費用を抑えられるかもしれません。

LINEヘビーユーザーならLINEMO

LINEMOは「LINEギガフリー」と名付けられた、LINEアプリの通信によってデータ消費が行われない仕組みが導入されています。

これは、トークはもちろんのこと、音声通話やビデオ電話でのデータ消費もゼロというものです。

トークでの位置情報の共有・Liveの利用、スタンプショップの利用、ニュース記事の閲覧など一部対象外はあるとのことですが、LINEのヘビーユーザーならLINEMOにすることで月々の通信容量を効率的に使えるかもしれません。

ahamoとLINEMOは5G対応済み、povoは2021年夏

着々と普及が進む高速通信規格の5Gについては、ahamoとLINEMOはすでに対応済みです。povoは未対応ですが、2021年夏に対応するとしています。

5Gを今すぐ体験したい!という方はpovo以外を選ぶといいでしょう。

Cellular版Apple Watchはどこも使いづらい

組み合わせることでマスクを着けたままiPhoneのFace IDが利用できるApple Watchですが、単体で通信ができるCellular版Apple Watchについてはどこも使いづらいのが現状です。

まず、ahamoとLINEMOはどちらもCellular版Apple Watchには非対応です。povoについては、auから移行したユーザーに限り利用可能であり、povoからCellular版Apple Watchを使い始めることはできません。

Apple Watchをこれらのプランで使いたいなら、Wi-Fi版の利用を検討しましょう。

自分の使い方を考えて選ぼう

ドア, 選択肢, 選択, オープン, 意思決定, 機会, 選ぶ, キャリア, オプション, 入り口, 挑戦

ここまで紹介してきたように、ahamo、povo、LINEMOは似ているようで細かい差があり、どれでも一緒だと思って契約すると損をする可能性があります。自分のスマートフォンの使い方を考えて、最も自分に適したものを選んでみてはいかがでしょうか。

関連ニュース

最新型Galaxy watch4でできること!レビューと機能を紹介

今回登場する製品は、最新型スマートウォッチ「Galaxy Watch4」です。 当記事ではGalaxy Watch4でできることや、レビューを紹介します。 最新のGalaxy Watch4では、新OS ...

続きを見る
ニュース 2022.05.19

2022年5月新発売!夏前に準備しておきたい商品を紹介

2022年5月新発売!夏前に準備しておきたい商品を紹介 季節が夏に近づき、少しずつ湿度や気温が上がり始める5月。 さらに、2022年も新型コロナウイルスの影響が続いており、自宅で過ごす時間はまだまだ多 ...

続きを見る
ニュース 2022.05.12

2022年4月発売の家電新製品を紹介!新生活を始める方必見

4月になり、社会人や新生活を始める方が多くなる季節になりました。 あわせて、新生活を始める方に向けて、クオリティの高い家電が出ています。 今回は、2022年4月発売の家電をご紹介します。 置き型衣類ス ...

続きを見る
ニュース 2022.04.28

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.