iedge
  • iedge
ニュース
2021.05.06
2021.05.06

スマートホーム市場は平均年間成長率21%で成長する~2020年から2025年の予測

記事ライター:ハウザー

調査会社のCounterpointによると、スマートホーム市場はこれから高い成長率で普及をしていくと予測されています。2020年から2025年にかけては、平均年間成長率21%と見られ、要因としては、新型コロナウイルスもこの成長に一役買っているそうです。

この記事のコンテンツ:

  • スマートテレビ、セキュリティカメラ、スマートスピーカーが市場をけん引
  • スマートホーム市場の主な動向
  • スマートホーム市場の今後の課題
  • スマートホーム市場はまだまだ黎明期

スマートテレビ、セキュリティカメラ、スマートスピーカーが市場をけん引

スマートホーム, 家, 技術, マルチ メディア, スマート フォン, 悪い, ガレージ, 自動, キッチン

スマートホームとは、家電製品が相互に通信可能で、インターネットに接続してどこからでも遠隔操作できる住宅のことを指します。Counterpointによると、2020年から2025年にかけて、スマートホーム市場は平均年間成長率21%で成長するとのことです。

そのなかでも、スマートテレビ、セキュリティカメラ、スマートスピーカーがこの市場をけん引する主要なカテゴリーとなります。

また、ここ最近の新型コロナウイルスの流行は、人々が自宅で過ごす時間を増やし、この分野を後押しすることに結びついているとのことです。

スマートホーム市場の主な動向

スマートホーム, ボタン, 緑, 冷蔵庫, 温度, ローラーブラインド, ウィンドウ, セキュリティ, キー

Counterpointによると、ここ最近のスマートホーム市場には以下のような動向があるとのことです。

デジタルアシスタントに対応したデバイスの増加

デジタルアシスタントとは、Amazon Alexa、Googleアシスタント、Sirのような、音声による対話で操作できるサービスのことを指します。

そして、デジタルアシスタントによる操作に対応したデバイスは、今やスマートスピーカーだけではありません。たとえば、サーモスタット、スマートロック、ルーターなど、多種多様な機器にわたっています。

より多くの機器がデジタルアシスタントに対応することで、より便利なスマートホームになることでしょう。

タッチディスプレイがセンターハブに

AmazonやGoogleからスマートディスプレイが続々と発売されていますが、このような機器はほかのスマートホーム機器をコントロールするためのセンターハブとして機能することが期待されています。照明、セキュリティカメラ、ドアロックなど、それ単体にディスプレイをつけることが難しい機器でも、スマートディスプレイから制御できるようにしてやることで、利便性が向上するでしょう。

Wi-Fiメッシュシステムの普及

スマートホーム機器の増加に伴い、家の中に1つだけWi-Fiアクセスポイントがあるだけでは不十分になってきています。より広い範囲で、より多くの機器を動作させるため、Wi-Fiメッシュシステムの人気が高まっているとのことです。

すでにさまざまなメーカーがWi-Fiメッシュシステム対応機器を発売しており、今後も人気は高まることでしょう。

デバイスからサービスへの移行

スマートホーム機器の利益率は徐々に低下しているとのことです。そこで今後は、デバイスの販売に加えて、革新的なソリューションや付加価値のあるサービスを顧客に提供することで、スマートホームテクノロジーを収益化する新しい方法を模索する必要があります。

スマートホーム市場の今後の課題

スマートホーム, 家, 技術, マルチ メディア, スマート フォン, 悪い, モノのインターネットの

高い成長率で今後も発展が期待されるスマートホーム市場ですが、課題がないわけではありません。以下のような課題が浮かび上がってきています。

互換性

スマートホーム機器を管理・制御するために使用されるアプリやプロトコルにはいくつかの種類があり、それぞれに互換性はありません。たとえば、GoogleアシスタントとAmazon Alexaは別のサービスであり、それぞれに対応したデバイスやサービスをそろえる必要があります。

このような互換性の問題がスマートホーム市場にとって最大の懸念事項とのことです。

セキュリティとプライバシー

スマートホーム機器は一般的に、クラウドサーバー上で処理を行うことが多いです。現在のスマートホーム機器はユーザーの制御なしにデータを収集してサーバーにそれを送信しています。データのなかには機密性の高い個人情報が含まれている可能性があり、セキュリティおよびプライバシー上、重大な懸念があると言わざるを得ません。

今後は、ユーザーが自らプライバシーの優先順位を定義できるような、プライバシーを意識したフレームワークが必要とされます。

高いコスト

スマートホーム機器は安くなったとはいえ、家中に大量に設置するにはまだまだ高いといえます。より多くのスマートホーム機器を導入するには、より費用対効果の高いデバイスが必要です。

接続性

ネットワークにつながらないことには役に立たないスマートホーム機器にとっては、ネットワークへの接続性は一般的な問題です。前述のメッシュネットワークシステムなどによって解決できる可能性があります。

関連ニュース

最新型Galaxy watch4でできること!レビューと機能を紹介

今回登場する製品は、最新型スマートウォッチ「Galaxy Watch4」です。 当記事ではGalaxy Watch4でできることや、レビューを紹介します。 最新のGalaxy Watch4では、新OS ...

続きを見る
ニュース 2022.05.19

2022年5月新発売!夏前に準備しておきたい商品を紹介

2022年5月新発売!夏前に準備しておきたい商品を紹介 季節が夏に近づき、少しずつ湿度や気温が上がり始める5月。 さらに、2022年も新型コロナウイルスの影響が続いており、自宅で過ごす時間はまだまだ多 ...

続きを見る
ニュース 2022.05.12

2022年4月発売の家電新製品を紹介!新生活を始める方必見

4月になり、社会人や新生活を始める方が多くなる季節になりました。 あわせて、新生活を始める方に向けて、クオリティの高い家電が出ています。 今回は、2022年4月発売の家電をご紹介します。 置き型衣類ス ...

続きを見る
ニュース 2022.04.28

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.