iedge
  • iedge
ニュース
2020.03.23
2020.03.23

Anthony LevandowskiによるGoogle自動走行車の企業機密盗用

記事ライター:iedge編集部

Googleの元エンジニアであるAnthony Levandowskiは、Googleの自動走行車に関連する企業機密を盗んだことを認めました。

Anthony Levandowskiは、退社前の2015年にGoogleから数千の専有ファイルをダウンロードしたとして非難されていましたが、Levandowskiが自分のラップトップにダウンロードしたファイルのひとつは「毎週更新のChauffeur TL– 2015年第4半期」と呼ばれるもので、Googleの自動運転プログラムに関する詳細が記載されていました。

Levandowski は、「私は、Google以外の他社利益のために使用する目的で、そのファイルをダウンロードしました。The Chauffeur Weekly Updateには、Googleの自動走行車プログラムのステータスに関するさまざまな詳細が含まれていました。」と2020年3月21日に裁判所に提出しました。

Levandowskiは、後にUberに買収されたOttoと呼ばれる自動運転トラックのスタートアップに携わっており、GoogleはUberを盗難容疑で裁判にかけ、最終的に2億4,500万ドルで解決しています。

Levandowskiは、民事裁判への準備段階での公聴会の間、自責から身を守るために5回も繰り返し異議を唱えました。Uberは彼が法廷に従うよう警告した後、Levandowskiを解雇しました。

Levandowskiに対する告発は、企業機密事項の窃盗33件、及び窃盗未遂でした。司法取引の一環として、Levandowskiは33件の請求の1つに同意しましたが、他の32件の請求は却下しました。

「刑事公聴会でのLevandowskiへの有罪判決は、当社と自動運転業界にとって重大な事件を終わらせ、Waymoの知的財産の価値を強調しています。」とWaymoの広報担当者は語りました。

Levandowskiの嘆願合意は、彼が24か月から30か月の間、刑務所に入ることを意味します。

Levandowskiの弁護士であるMiles Ehrlichは、Washington Postに次のように述べています。「Levandowskiは非常に才能があり、急速に変化する[人工知能]と[自動運転車]の世界に貢献できる将来のある男性です。この嘆願により、彼の人生を前進させ、最も重要な事柄にエネルギーを集中させることができるようになることを願っています。」

(画像引用:https://www.forbes.com/)

関連ニュース

NEW

Web3とは?これまでのインターネットとは何が違う?

これまでのインターネット Web3と対比して、これまでのインターネットのことはWeb1やWeb2と呼ばれることがあります。では、Web1やWeb2について簡単に見ていきましょう。 Web1 1990年 ...

続きを見る
ニュース 2024.02.29

TwitterがXになって何が変わった?

機能の名称 TwitterがXに名称変更された後も、これまでとはほとんど変わらない感覚で利用している人も多いでしょう。これまでと同じように投稿したり、他のユーザーの投稿に返信をしたりできます。しかし、 ...

続きを見る
ニュース 2024.02.22

MVNOとキャリアのサブブランドはどっちがいい?

MVNOとは 最初にMVNOについて、特徴やメリット、デメリットを説明していきます。 MVNOの特徴 MVNOは「Mobile Virtual Network Operator」の頭文字を取って略した ...

続きを見る
ニュース 2024.02.16

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2024 AllRights Reserved.