iedge
  • iedge
ニュース
2018.06.29
2019.03.18

SDカードの最大容量が128TBに!実際手にできるのはいつだろう?

記事ライター:iedge編集部

パナソニック、サンディスク、東芝によって2000年に設立された、メモリーカード規格を定める団体「SD アソシエーション」は6月26日、SDカード規格の更新を発表し、その最大ストレージ容量が128TB、転送速度が毎秒985MBと非常に大容量かつ高速になることが分かりました。

SD Expressと呼ばれる高速転送規格はすべての種類のカードに適用可能ですが、128TBの大容量はSD Ultra Capacity(SDUC)カードと呼ばれる新規格専用のものになります。

これまでのSDカードの最大容量は2TBですが、2TBのSDカードがまだ実際に市場に出ていないことを考えると、128TBのSDUCカードを私たちが手に取るまでには時間がかかりそうです。

SDカードの最大ストレージ容量が2TBに設定されたのは2009年のことですが、上述のようにまだ実現していません。2016年にサンディスクが1TBプロトタイプを発表し、これが現在のところ最大容量のSDカードですが、それもまだ購入することはできません。

2016年当時、サンディスクは、4KビデオやVRのような大容量フォーマットに対応するために、この進歩が必要であると述べていました。しかし、膨大なストレージを備えたSDカードを作成するのには大きなコストがかかります。SanDiskの512GB SDカードは発売当初9万円前後と非常に高額でした。現在も安くなったとはいえ、いまだ3万円前後で販売されています。

ただし、映像メディアなどの大容量化の流れは止まっておらず、記憶メディアのさらなる大容量化が避けられない所まで来れば、より大容量のカードが実際に手に取れるようになるかもしれません。

関連ニュース

NEW

ホンダが電動キックボードを発表!その実力を紹介

近年、電動キックボードの人気が高まりつつあります。 手軽に乗れる上に、電気で稼働するため経済的なことが人気の主な理由です。 一方で、電動キックボードの構造と機能の安全性はこれまで問題視されてきました。 ...

続きを見る
ニュース 2022.10.07

2022年10月発売の新製品家電3選!最新家電で肌寒い季節を乗り切る!

暑い夏が過ぎ、肌寒くなる季節には体調管理が難しくなります。 体調を整えるために暖かいものを飲んだり、暖房や電気マットなどでお部屋の温度を上げたりしている方が多いのではないでしょうか。 そこで、本記事で ...

続きを見る
ニュース 2022.09.29

時速1,000キロを超えるFluxJetと、世界各地で開発される高速列車を徹底解説

少しでも早く目的地に到着するために、高速列車は日々進化を遂げています。 この記事では、航空機や高速列車など従来の輸送システムよりもはるかに速い、時速1,000キロ超で走行する高速列車「FluxJet」 ...

続きを見る
ニュース 2022.09.29

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.