iedge
  • iedge
ニュース
2018.06.29
2019.03.18

SDカードの最大容量が128TBに!実際手にできるのはいつだろう?

記事ライター:iedge編集部

パナソニック、サンディスク、東芝によって2000年に設立された、メモリーカード規格を定める団体「SD アソシエーション」は6月26日、SDカード規格の更新を発表し、その最大ストレージ容量が128TB、転送速度が毎秒985MBと非常に大容量かつ高速になることが分かりました。

SD Expressと呼ばれる高速転送規格はすべての種類のカードに適用可能ですが、128TBの大容量はSD Ultra Capacity(SDUC)カードと呼ばれる新規格専用のものになります。

これまでのSDカードの最大容量は2TBですが、2TBのSDカードがまだ実際に市場に出ていないことを考えると、128TBのSDUCカードを私たちが手に取るまでには時間がかかりそうです。

SDカードの最大ストレージ容量が2TBに設定されたのは2009年のことですが、上述のようにまだ実現していません。2016年にサンディスクが1TBプロトタイプを発表し、これが現在のところ最大容量のSDカードですが、それもまだ購入することはできません。

2016年当時、サンディスクは、4KビデオやVRのような大容量フォーマットに対応するために、この進歩が必要であると述べていました。しかし、膨大なストレージを備えたSDカードを作成するのには大きなコストがかかります。SanDiskの512GB SDカードは発売当初9万円前後と非常に高額でした。現在も安くなったとはいえ、いまだ3万円前後で販売されています。

ただし、映像メディアなどの大容量化の流れは止まっておらず、記憶メディアのさらなる大容量化が避けられない所まで来れば、より大容量のカードが実際に手に取れるようになるかもしれません。

関連ニュース

NEW

Apple初のAR / VRヘッドセットが2022年に発売の見込み。最新レポートで明らかに。

Bloomberg誌のMark Gurman氏の最新レポートによると、Appleの最初のバーチャルリアリティヘッドセットは、“高価でニッチな先駆者”としての拡張現実製品になる見込みのようです。 &nb ...

続きを見る
ニュース 2021.01.22
NEW

これから搭載モデルが続々登場!Appleの開発したAppleシリコンとは

Intelチップに代わるAppleの独自チップ、Appleシリコンについて Appleシリコンについては公式に搭載製品が発表される前に、開発者向け会議である「WWDC2020」で言及がありました。 今 ...

続きを見る
ニュース 2021.01.20
NEW

大掃除の手間を省くために 新年から導入したいロボット掃除機5選

せっかく年末に大掃除をしてきれいになった部屋も、だんだんと汚れていきます。キレイさを保つにはやはり普段からの掃除が重要。そんな掃除を楽にしてくれるのがロボット掃除機です。この記事では、そんなロボット掃 ...

続きを見る
ニュース 2021.01.19

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.