iedge
  • iedge
ニュース
2018.06.21
2019.03.18

客室にAIコンシェルジュ?Amazonがホテル向けAlexaを発表

記事ライター:iedge編集部

米アマゾンは6月19日、音声アシスタントAlexaのホテル向け特別バージョン「Alexa for Hospitality」を発表しました。

このバージョンのAlexaでは、各宿泊施設に合わせたカスタマイズが行われ、チェックアウト時間や施設の利用時間などの情報が追加されます。

また、ルームサービスの注文、清掃時間の調整、スマートデバイスの操作(サーモスタット、ブラインド、照明など)も可能です。

世界最大のホテルチェーンであるマリオットインターナショナルは、この夏からマリオットホテル、ウェスティンホテル、セントレジスホテル、アロフトホテル、オートグラフコレクションホテルで「Alexa for Hospitality」を採用する予定です。

ウィンラスベガスのような一部の高級ホテルでは、すでにAmazon Echoを導入したプランを提供していますが、Alexa for Hospitalityの発表でさらに多くのホテルがAmazon Echoを導入することになりそうです。

客室にAlexaデバイスを置くとなると、気になるのは質問履歴や会話録音などのプライバシー問題ですが、この点はしっかり対策されているようです。

Alexaコマンドの記録は毎日削除され、ホテル側はAlexaの音声録音にアクセスできません。また、ユーザーに対するAlexaの反応を確認することもできません。

また、宿泊するユーザーは、客室のAmazon Echoに、自分のAmazonアカウントを一時的にリンクさせることも可能です。

そうすれば、Amazon Musicのマイプレイリストも再生可能です。もちろん、チェックアウト後には自動的にAmazonアカウントのデータは削除されるとのことです。

今後数カ月のうちに、多くの宿泊客がAlexa for Hospitalityを体験することになります。それに伴い、よりサービスが充実していく可能性があります。期待して待ちましょう!

(画像引用:Amazon.com)

関連ニュース

NEW

Web3とは?これまでのインターネットとは何が違う?

これまでのインターネット Web3と対比して、これまでのインターネットのことはWeb1やWeb2と呼ばれることがあります。では、Web1やWeb2について簡単に見ていきましょう。 Web1 1990年 ...

続きを見る
ニュース 2024.02.29

TwitterがXになって何が変わった?

機能の名称 TwitterがXに名称変更された後も、これまでとはほとんど変わらない感覚で利用している人も多いでしょう。これまでと同じように投稿したり、他のユーザーの投稿に返信をしたりできます。しかし、 ...

続きを見る
ニュース 2024.02.22

MVNOとキャリアのサブブランドはどっちがいい?

MVNOとは 最初にMVNOについて、特徴やメリット、デメリットを説明していきます。 MVNOの特徴 MVNOは「Mobile Virtual Network Operator」の頭文字を取って略した ...

続きを見る
ニュース 2024.02.16

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2024 AllRights Reserved.