iedge
  • iedge
ニュース
2023.02.09
2023.02.09

2023年2月発売の新製品家電3選!最新式の生活家電特集

記事ライター:iedge編集部

私たちの暮らしを快適にする生活家電は、日々進化を遂げています。そこで今回は、2023年2月発売の新製品家電から厳選した、利便性が高く多機能な家電3選をご紹介します。

大容量プラズマクラスター冷蔵庫「SJ-MF43K」

 

まずご紹介する新製品は、SHARPで販売されたプラズマクラスター搭載の冷蔵庫「SJ-MF43K」です。冷蔵庫内に放出するプラズマクラスターイオンで、侵入した菌を除菌。庫内を常に清潔な状態に保ちます。

内容積429Lの大容量ながら、奥行63cm・高さ175cmのコンパクトサイズでインテリアにもなじみやすいデザインです。

また、無線LAN機能に対応しており、スマートフォンアプリと連携すれば周辺スーパーの特売情報を音声で案内する便利機能も充実しています。

ここからは、そんな「SJ-MF43K」の特徴を詳しくご紹介します。

 

コンパクトなのに大容量

 

「SJ-MF43K」は、コンパクトな見た目ながらたっぷり入る大容量サイズが大きな特徴です。ドアの側面には、2Lペットボトルが7本入る大型ポケットが付いています。ビンやボトルに応じて棚の高さが調節できることもうれしいポイントです。

また、小物整理用のトレーや掛けられるポケットが付属しているため、調味料チューブや使いかけの食品もすっきり収納できます。大家族世帯や、まとめ買いするタイプのご家庭におすすめです。

省エネ機能「節電25」で電気代を節約

「SJ-MF43K」には、電気代を節約できる省エネ機能「節電25」を搭載しています。省エネ設定にすると通常運転より最大25%まで節電できるだけでなく、停電の際には蓄電池で最大約4日間稼働するため、緊急時にも慌てる心配がありません。先進の省エネ技術を駆使し、電気の無駄を省くことで昨今値上がりしている電気代の節約にも貢献しています。

また、地球温暖化に影響の少ないノンフロン冷媒・ノンフロン断熱発泡ガスを採用し、環境への配慮に努めていることもポイントです。

 

高性能エアコンのフラッグシップモデル「AY-R22X-W」

次にご紹介する家電は、SHARPの高性能エアコン「AY-R22X-W」です。R-Xシリーズには、「AY-R22X-W」の6畳用をメインに最大26畳用まで対応できる9モデルが販売されています。プラズマクラスターやCO₂センサー、フィルター自動掃除など多彩な機能を搭載。ここからは、そんな「AY-R22X-W」の特徴を詳しくご紹介します。

業界唯一のCO2センサーで換気をサポート

 

「AY-R22X-W」の最大の特徴は、業界唯一のCO₂センサーを搭載していることです。CO₂濃度を24時間監視して、換気のタイミングをお知らせします。CO₂濃度は、本体・リモコン・スマートフォンで確認が可能です。CO₂濃度1000ppm以上になると、音声で「空気がこもっています」と換気を促します。換気の目安時間や、部屋の空気が入れ替わったタイミングで通知が届くことも便利です。

また、「AY-R22X-W」には換気中に消費電力を抑える「換気連動運転」機能も備わっています。「換気連動運転」とは、換気中はエアコンが効きにくいと判断し、自動でパワーセーブする省エネ機能です。換気が終了したタイミングを検知したら、人の快適性を重視するため暖房と冷房で気流の流れを変え、設定温度になるよう素早く対応します。

 

AI学習で最適な生活環境を提供

 

「AY-R22X-W」には「COCORO AIR」と呼ばれる、エアコンとクラウドの人工知能をつないだクラウドサービスが搭載されている点も大きな特徴です。起床時間や就寝時間、外出する時間帯など、利用者の日常生活をAIが学習し、生活パターンを分析。さらに、居住地の気象情報もAIが自動で取得し、外気温や日射量などから室内環境を予測して最適な生活環境を提供します。使えば使うほどユーザーの生活に寄り添う便利なエアコンです。

 

最新式多機能炊飯器「NL-BX05」

 

最後にご紹介する家電は、象印の最新式炊飯器「NL-BX05」です。最大電力495Wの高火力で一気に火力を上昇させ、ふっくらとおいしいお米が炊き上がります。そのほか、芯までふっくら炊き上げる「ふたヒーター」や、無洗米・玄米などお米の種類別専用メニューも搭載した多機能炊飯器です。ここからは、そんな「NL-BX05」の特徴を解説します。

 

「うるつや保温」機能で食べきれなかったお米をおいしく保存

 

「NL-BX05」には残ったお米もおいしく保存する「うるつや保温」機能が備わっています。1人暮らしだとお米を食べきれず、長時間保温機能を使う方も多いのではないでしょうか。「NL-BX05」の釜底にはセンサーが搭載されており、水蒸気の蒸発を防ぎながら保温に最適な温度を保ちます。保温中に再加熱ができるため、炊きたてのようなお米がいつでも食べられることもうれしいポイントです。

 

白米以外の炊飯にも対応

「NL-BX05」は、玄米や麦ご飯など白米以外の炊飯にも対応しています。お米の特徴に合わせて炊ける専用メニューを搭載しているため、栄養価の高いもち麦や雑穀米を食べたい健康志向の方にもおすすめです。

また、「NL-BX05」ならパンの発酵と焼きが選択できるメニューもあり、焼きたての丸パンやメロンパンが自宅で手軽に楽しめます。

まとめ

2023年2月発売のおすすめ家電は、大容量冷蔵庫「SJ-MF43K」、高性能エアコン「AY-R22X-W」、多機能炊飯器「NL-BX05」です。進化した最新家電を取り入れて、日常生活をより豊かにしましょう。

関連ニュース

NEW

TwitterがXになって何が変わった?

機能の名称 TwitterがXに名称変更された後も、これまでとはほとんど変わらない感覚で利用している人も多いでしょう。これまでと同じように投稿したり、他のユーザーの投稿に返信をしたりできます。しかし、 ...

続きを見る
ニュース 2024.02.22

MVNOとキャリアのサブブランドはどっちがいい?

MVNOとは 最初にMVNOについて、特徴やメリット、デメリットを説明していきます。 MVNOの特徴 MVNOは「Mobile Virtual Network Operator」の頭文字を取って略した ...

続きを見る
ニュース 2024.02.16

排熱利用とは?メリットや具体例をご紹介

排熱利用とは? 排熱利用とは、工場や自然界などで発生する熱を有効活用することです。工場では設備を稼働させる際に、エネルギーを消費していますが、その一部が熱となって放出されています。通常は放出された熱を ...

続きを見る
ニュース 2024.02.09

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2024 AllRights Reserved.