iedge
  • iedge
ニュース
2022.08.26
2022.08.26

スマートテレビおすすめ5選|特徴や選び方も分かりやすく徹底解説

記事ライター:tsuda

 

 

コロナ禍をきっかけに動画配信サービスを利用する方が、とても増えたのではないでしょうか。

スマートテレビは、インターネット機能を搭載しており、テレビ単体で動画配信を楽しめます。

今回は、おすすめのスマートテレビを、選び方と共に紹介します。

 

スマートテレビの概要

スマートテレビは、インターネットへの接続機能を搭載したテレビです。

スマートフォンのようにアプリを追加でき、通話やカラオケ、ゲームなどの様々な機能が利用できます。

スマートテレビの特徴

スマートテレビには、従来のテレビとは大きく異なった特徴があります。

その代表的なものを以下でご紹介します。

動画配信サービスが楽しめる

スマートテレビがあれば、動画配信サービスを楽しめます。

「YouTube」「Netflix」「Amazon Prime Video」など、動画配信サービスにはさまざまな種類があります。ただし、対応している動画配信サービスは、メーカーやモデルによっても異なるため事前に確認が必要です。

また「Android TV」「Google TV」を搭載したモデルは、アプリをインストールし、自由に機能を追加できるため、幅広い動画配信サービスに対応できます。

スマートフォンをミラーリングしてテレビ画面で楽しめる

スマートテレビには、スマートフォンの画面をミラーリングする機能があります。

代表的なものが、AppleのAirPlayや、GoogleのChromecast built-inです。

スマートフォンやタブレットの画面を、簡単な操作でテレビ画面に映し出せます。

インターネットの動画や、自分で撮影した写真・動画はもちろん、ビジネス用の資料も大画面に映し出せます。

スマートテレビの選び方

スマートテレビには、搭載しているOSや画質によってさまざまな種類が存在します。

用途・選定基準を明確にして、スマートテレビを選びましょう。

搭載しているOSで選ぶ

スマートテレビに搭載しているOSは、メーカーによって異なります。

代表的なものは、Android TV OSやweb OS、Firefox OSです。

中でもAndroid TV OSは、多くのメーカーに採用されています。

Android TV OSは、Google Playでアプリをインストールし、サービスを自由に追加できます。

画質で選ぶ

スマートテレビを選ぶ際、目的や予算に応じて、画質を選択します。

大画面でスポーツや映画を、少しでもよい画質で見たい方は、4Kや有機ELを搭載したモデルがおすすめです。

ただし、4Kや有機ELを搭載したモデルは、価格が高い傾向にあります。

40インチ台の小・中型モデルなら、お手頃なフルHD・HDモデルでも、十分な高画質で視聴できます。

おすすめのスマートテレビ

おすすめのスマートテレビを5つ紹介します。

特徴や価格が異なるため、購入を検討する際のご参考になれば幸いです。

SONY|BRAVIA XRJ-55X90J [55インチ]

高画質・高音質の、認知特性プロセッサー「XR」を搭載したテレビです。

以下の特長を列挙しました。

  • 4K映像に変換:インターネット動画や地上波放送などのさまざまな映像を高い解像度で変換できる
  • 音源を3次元の立体音響に変換:臨場感のあるサウンドを表現できる
  • Google TVを搭載:あらゆる動画配信サービスの視聴できる
  • AppleのAirPlay2に対応:iPhoneの画面をテレビの大画面に映し出せる

東芝|REGZA 65M540X [65インチ]

東芝独自のAI機能、「レグザエンジンCloud」を搭載したテレビです。

以下で詳しい特長をご説明します。

  • 視聴中のコンテンツに最適な高画質処理:視聴中のコンテンツに合わせて、ジャンルごとの画質特性をクラウド上のデータから取得して、自動で最適化する
  • ノイズクリア機能:4K映像で目立つノイズを軽減し、映像や文字をくっきりと映し出せる
  • スマートスピーカーとの連携機能:話しかけるだけで番組の録画や再生できる

シャープ|AQUOS 4K 4T-C50DN2 [50インチ]

新開発の4K画像処理エンジン、「Medalist S2」を搭載したテレビです。

以下で詳しい内容をご説明します。

  • 8Kで培った画像処理技術:高精細、色鮮やか、高コントラストな映像を実現させる
  • 低反射「N-Blackパネル」:外光や照明の映り込みを抑え、艶やかな黒を表現し、美しい4K映像を映し出せる
  • 動画に強い倍速液晶を採用:アクション映画やスポーツなど、動きの早い映像でも滑らかな表示できる
  • Android TVを搭載:さまざまなアプリを追加できる

 

ハイセンス|43U7FG [43インチ]

高画質なエンジンである「NEOエンジン2021」を搭載したテレビです。

人肌や素材ごとの質感を表現し、ノイズ処理を高精度で行い、見やすく美しい映像を実現します。

その他、以下のような特長があります。

  • AIネット映像高画質処理:インターネット配信のコンテンツを分析し、最適な映像処理を施すことで、動画を快適に視聴できる
  • 独自開発のOS「VIDAA」:多くの動画配信サービスを利用できる
  • コンテンツの順番を入れ替える機能:好みに合わせてカスタマイズできる

オリオン|SLHD241 [24インチ]

動画配信サービスの視聴に特化した、チューナーレススマートテレビです。

リーズナブルな価格で、初めてのスマートテレビとしてもおすすめです。

  • Android TVを搭載:さまざまなアプリを追加できる
  • 画面サイズ24インチ、本体質量2.5kg:簡単に持ち運べる
  • スマートフォンのミラーリング機能:動画や写真を大画面で楽しめる

まとめ

スマートテレビの概要や選び方、おすすめを紹介しました。

テレビ単体で動画配信サービスが視聴でき、おうち時間を楽しめます。

使う用途や場所によってさまざまなモデルから、最適なものを見つけましょう。

関連ニュース

NEW

2022年10月発売の新製品家電3選!最新家電で肌寒い季節を乗り切る!

暑い夏が過ぎ、肌寒くなる季節には体調管理が難しくなります。 体調を整えるために暖かいものを飲んだり、暖房や電気マットなどでお部屋の温度を上げたりしている方が多いのではないでしょうか。 そこで、本記事で ...

続きを見る
ニュース 2022.09.29
NEW

時速1,000キロを超えるFluxJetと、世界各地で開発される高速列車を徹底解説

少しでも早く目的地に到着するために、高速列車は日々進化を遂げています。 この記事では、航空機や高速列車など従来の輸送システムよりもはるかに速い、時速1,000キロ超で走行する高速列車「FluxJet」 ...

続きを見る
ニュース 2022.09.29
NEW

折りたためる!24インチデュアルモニターGeminosの役立つ機能

折りたためるデュアルモニターGeminosは、オフィス勤務だけでなく在宅勤務の方に最適な製品です。 Geminosは、2022年7月にクラウドファンディングサイトKickstarterで募集を開始しま ...

続きを見る
ニュース 2022.09.29

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.