iedge
  • iedge
ニュース
2022.02.10
2022.02.10

アレクサの定形アクションとは?話しかけなくても操作できる機能について

記事ライター:iedge編集部

家電の操作や天気の情報を音声操作できるアレクサ。

わざわざ話しかけなくても、その操作をできる定形アクション機能がリリースされました。

定形アクション機能とはどのような機能なのか、その設定方法をご紹介します。

定形アクションとは?

定形アクションとは、アレクサにトリガーとなるアクションをあらかじめ設定しておく方法です。

操作をしたいタイミング毎に話しかけなくても、時間・デバイスの設定をあらかじめ行うことで、さまざまな操作が可能な機能です。

定形アクションの実行条件

定形アクションを実行するためには条件があります。その条件は「音声・時間指定・デバイス・アラーム」の4つで、そのどれかを満たす必要があります。

話しかけるフレーズや、決まった時間を設定することで、そのアクションが起こる機能です。

話しかけるフレーズは「ただいま」「寝る準備」等できるだけ短い言葉がおすすめです。

定形アクションのアクション

現在、アレクサの定形アクションに登録されているアクション数は16個あります。

・カスタム

・Alexaのおしゃべり

・Audible:本の音読再生

・カレンダー

・日付と時刻

・デバイスの設定

・Fire TV

・IFTTT:「IF This Then That(こうすると、ああする)」というアプリの連携サービス

・メッセージ

・ミュージック、ポッドキャスト

・ニュース

・スキル:アレクサ特有の拡張機能

・スマートホーム:家電との紐づけ

・サウンド

・待機

・天気

その人が設定した条件を満たすと、その日の天気やニュースを読み上げたり、部屋のエアコンを付けたりすることができます。

自分の生活スタイルに合わせてアクションをカスタマイズすることができるため、効率的な生活スタイルの維持が可能です。

定形アクションの設定方法

アレクサの定形アクションを使用する際の、設定方法をここでご説明します。

定形アクションの事前準備

定形アクションを設定する前に、事前準備が必要です。

アレクサと連動させたい家電を、アレクサに登録する必要があります。

また、定形アクションはアレクサのアプリで登録するため、スマートフォンにアプリのインストールをしてください。

定形アクションの基本的な設定方法

定形アクションの設定方法を順番に説明します。

1.アレクサアプリ内にある「その他メニュー」の「定形アクション」を選択

2.設定したい定形アクション名を決める

3.実行条件の選択し、細かい条件内容を決める(音声のフレーズやアラームの時間)

4.自動アクションの内容を選択する

5.対応のデバイスを選択

6.最後に「保存」を押して、設定完了

アクションを起こす際の実行条件や、内容、どの部屋のアレクサで行うかも選ぶことができます。

組み合わせは自由自在です。

部屋の電気をつけ、音楽を流してから出発時間にアラームを設定することもできます。

おすすめの定形アクション

より快適に生活するために、おすすめの定形アクションをご紹介します。

フレーズで部屋の機器を一挙に変更

提携アクションの最も便利な点は、一つのフレーズで複数の機器を一気に変更できる所です。

今までは、ニュースを部屋のデバイスから流したい時や、電気を消す動作がしたい時、別々に話しかける必要がありました。

しかし、定形アクションに登録をすることで、一つのフレーズを話すだけで自動的に毎日のルーティーンが完了します。

朝起きたら必要なアクションを自動化

アレクサの定形アクションを有意義に使う方法として、朝起きた後の流れをご紹介します。

アレクサに、「朝7時になったらアラームが鳴る」という実行条件を設定した時です。

「7時になったらカーテンが開いた後、電気ポットが点灯し、シャワーを設定した温度に給湯、リビングにあるルンバの電源がオンになる」

という一連の流れを登録できます。

毎朝のルーティンを定形アクションに登録すると、快適に過ごせます。

定形アクションでセキュリティも万全

定形アクションを利用して、セキュリティを強化できます。

ドアセンサーや人感センサーとアレクサを連携させます。

定形アクションに、そのセンサーの通知を組み込むことで、「行ってきます」とアレクサに伝えると、そのセンサーがオンになるのです。

外出時の定形アクションにすると、漏れなくセキュリティを強化できます。

まとめ

アレクサの便利な機能、定形アクションを使うことで、今までより快適なおうち時間を過ごすことができます。

朝の忙しい時間や、外出時、夜寝る前など、その活用シーンはさまざまです。

アクションの組み合わせを自分の生活スタイルに合わせて、活用してみてはいかがでしょうか?

関連ニュース

2022年12月発売の新製品家電3選!除菌・清潔にこだわる家電特集

毎月様々な家電製品が新発売されていますが、2022年12月も多種多様な家電製品が販売されます。そこで今回は、数ある新製品家電の中から除菌や清潔に適した新製品家電を3つに厳選してご紹介します。 新型コロ ...

続きを見る
ニュース 2022.12.22

Meta Quest Proのスペックまとめ 価格は22万6800円

リアルにゲームの世界に入り込めるVR。より臨場感のある音でVRの世界を楽しみたい場合は、高性能なVRヘッドセットを選ぶことが大切です。 アメリカのMateが新型VRヘッドセット「Meta Quest ...

続きを見る
ニュース 2022.12.22

Pixel Watchのスペック・特徴 Pixel Watchを使ってできること

近年、日本ではスマートウォッチが普及しつつありますが、これまで、日本のスマートウォッチ市場はApple社が販売している「Apple Watch」が主流でした。そんな中、新たにGoogleからGoogl ...

続きを見る
ニュース 2022.12.22

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2023 AllRights Reserved.