iedge
  • iedge
ニュース
2021.09.30
2021.09.30

ペットの健康管理やお留守番のエアコン操作も。見守りペットボイスをご紹介

記事ライター:iedge編集部

 

大切なペットにはいつまでも健康でいて欲しいですよね。この記事ではペットの健康状態をウェアラブル機器で見守る「ペットボイス」をご紹介します。ペットボイスという、スマートウォッチのような機器を身につけることで健康状態を確認できます。自分の体調を言葉で伝えられないペットには最適なデバイスです。ペットボイスは高精度センサーによる健康管理やお留守番時の室温管理など、外出時にも安心な機能が搭載されています。愛猫・愛犬の健康に気を使う飼い主さんにはおすすめのアイテムです。

最新テクノロジーでペットの健康をサポートする「ペットボイス」

ペットボイスは犬、猫を対象とした首輪型の健康管理ウェアラブル機器です。高精度センサーによりペットの健康状態や行動を管理し「いつもと違う」異常を察知します。体調の変化があれば専用アプリに通知が送られる仕組みです。また、専用アプリはペットの様子のほかに室温も確認でき、エアコンの操作も可能となっています。このように、ペットボイスは外出先でもペットを見守ることができる便利なデバイスです。共働きやひとり暮らしなどで留守番させることが多いご家庭におすすめです。

ペットボイスにできること

ペットボイスにはペットの健康を守るためのさまざまな機能があります。日々の健康管理から留守番時の室温管理など、ペットボイスにできることをご紹介します。

日々の健康状態をチェック

ペットボイスはスマートフォン並みの高精度9軸センサーを採用しています。加速度センサー、ジャイロセンサー、地磁気センサーが各3軸搭載された高性能デバイスです。これによりペットの「トイレ回数」「食事回数」「水飲み回数」「活動量」「毛繕い量」などを日々測定できます。測定した結果はスマホアプリに送信され、データを蓄積していきます。日常的にデータを管理することで小さな体調変化にもいち早く気づけるでしょう。

外出先からエアコン操作

ペットボイスは首輪のセンサーのほかに室内に置く「ペットボイスホーム」を設置します。このペットボイスホームは室内の温度と湿度を測定することが可能です。測定した結果はスマホアプリに送信されます。室温が急激に上がったときもスマホアプリを通じて外出先からエアコンの操作が可能です。室温を管理することでペットの熱中症を防ぐことができるでしょう。季節の変わり目といった気温変化が激しい時期も安心して外出ができます。

温度センサーで直腸温を推定

通常、犬や猫の体温は直腸温をはかります。獣医師は直腸温をもとに犬や猫の健康状態をチェックしています。ペットボイスはペット向けウェアラブル製品としては日本で初めて温度センサーを内蔵しました。首まわりの温度から直腸温が推定できるアルゴリズムを搭載し、ペットの健康管理に役立てています。ペットの毛量などを入力することでより正確に健康状態を推定できるでしょう。推定した直腸温の変化をチェックすることで熱中症のサインを見逃さず、スマホアプリからエアコンの温度を下げることもできます。

提携の動物病院と連携

全国150以上の提携病院があり、ペットボイスで取得したペットの健康状態を共有できます。ペットボイス専属の獣医師や提携病院の一部では有料のオンライン相談も可能です。ペットの健康状態を共有することでオンライン相談のアドバイスもより的確になるでしょう。いずれはオンライン診療にも対応する予定です。また、オンライン予約に対応している病院ではアプリからの診察予約が可能です。診察もペットボイスの情報を病院とシェアできるため、スムーズに進めることができるでしょう。

ペットボイスの特徴

ペットボイスは3つのアイテムで構成されています。それぞれの特徴や役割をご説明します。

小さくても機能が充実したペットボイスコア

ペットボイスコアは専用の首輪ベルトに入れてペットに装着することでさまざまな情報を読み取ります。ペットウェアラブル製品では世界でも類を見ない高精度9軸センサーを採用しています。そのため、日々の情報をきめ細かくチェックできるでしょう。猫や小型犬は体が小さく、大きなウェアラブル製品ではペットへの負担が気になります。ペットボイスは極限まで小型化することにこだわって開発されています。サイズは幅36.5mm×高さ13.3mm×厚み8.6mmと小さく、重さは約8gです。単三乾電池よりも小さく、そして軽く作られています。そのため、ペットの負担も最小限に抑えられるでしょう。また、首輪ベルトを外さなくてもペットボイスコアを取り出すことができるため、充電も簡単です。満タンまで充電すると約3日間は稼働します。

シンプルなデザインのペットボイスホーム

ペットボイスホームはペットが活動するお部屋に置くことで室温や湿度を測定する機器です。室温や湿度の測定だけではなく、エアコンに信号を送って操作することもできます。そのため、デザインはエアコンに信号を送りやすいよう配慮されています。小型で邪魔にならず、ホワイトカラーでスタイリッシュなデザインです。ペットボイスコアの充電機能があり、ペットボイスコアから送られる情報をWi-Fiを通じてクラウド(インターネット上のデータ倉庫)に転送する役目もあります。

サイズとカラーが選べるペットボイスベルト

ペットボイスベルトはペットボイスコア用のポケットがついた専用ベルトです。素材にはやわらかい合皮を使用しており、ペットの負担はほとんどありません。

ベルトサイズはベルト幅と長さ違いで7種類です。猫や小型犬用の10mm幅のベルトには安全バックル留め具が使用されています。安全バックル留め具は、猫のベルトによく採用されているものです。家具などに引っ掛けたときに首が締まらないよう外れやすく設計されています。猫のために購入するのであれば、安全バックル留め具のベルトを使用すると安心でしょう。小型・中型犬用の15mm幅ベルトと大型・超大型犬用の20mm幅ベルトはピンバックルです。

カラーはアイスブルー、グレージュ、レッド、キャメル、ネイビーの全5色あります。ペットに合わせてカラーを選ぶことができるのも魅力です。

ペットボイスの購入方法

ペットボイスは2021年7月27日より、クラウドファンディングプラットフォームのMakuakeにて先行予約販売を開始しています。クラウドファンディング期間中は、本体購入価格を支払うことで月額使用料金が無料です。長期的にみると割安に利用できるでしょう。

Makuakeでの買い切り販売終了後はベルトのみを購入し、コアやホームは月々定額のサブスクリプションとして販売する予定です。

まとめ

ペットの様子をいつも気にかけていても、小さな体調変化に気づくのは難しいかもしれません。ペットボイスに内蔵された高精度センサーは、ペットの健康状態を詳しく管理してくれます。ペットボイスを使うことで、大切なペットの小さな変化も見つけやすくなるでしょう。また、外出が多い家庭にとってはペットボイスのエアコン操作機能は留守番時のペットを熱中症から守るよいサービスとなるでしょう。

関連ニュース

NEW

あなたは大丈夫?スマートホームスキャナーでスマートデバイスの安全状態をチェックしよう

自宅にあるさまざまなモノがインターネットとつながる「スマート家電」「IoT機器」の活用が広がっています。外出先から子どもやペットの様子を見守ったり、家電を操作したりと便利で安心な生活が可能になりました ...

続きを見る
ニュース 2021.10.14

無印良品のガジェットポーチが優秀すぎ!デスクの整頓に大活躍

  「在宅勤務が増えて、デスク上のごちゃごちゃしたガジェット類が目について集中できない」というお悩みについて、簡単に解決できる方法をご存じでしょうか。 散らかりがちなガジェット類はひとつにま ...

続きを見る
ニュース 2021.09.24

「次世代型コンビニ」の実験店舗、ローソンとパナソニックによる新たな試み

ローソンとパナソニックが共同し、次世代型コンビニが作られていることをご存知でしょうか?無人レジ等効率化を促す仕組みだけでなく、環境や健康にも配慮したコンビニが登場しています。今後もコンビニの進化に目が ...

続きを見る
ニュース 2021.09.09

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.