iedge
  • iedge
ニュース
2018.12.17
2018.12.17

蜂にセンサーを装着。"生きているIoTプラットフォーム"の創出

記事ライター:iedge編集部

ワシントン大学の研究チームは、”生きているIoTプラットフォーム”を作るために、蜂を小さなドローンに変える方法に挑戦しています。3種の蜂の実験では、およそ105mgまでの物であれば、蜂は持って飛ぶことができることがわかりました。この情報を用いて、研究者らはわずか102mgのチップを作りました。

データの収集に使用されている、従来のドローンでは、バッテリーの制限により1回の充電につき約30分しか飛行できません。一方、今回の70mgのチップは、約7時間の実行時間を備えた充電式リチウムイオンです。

研究者らは、「蜂は、自分自身で餌を与えたり再充電したりしてくれる、自然界で最も優れた飛行機だ。」と述べました。

重量の残りは、湿度、温度、および光強度を4秒に1回分析するマイクロコントローラ、アンテナ、およびセンサのためのものです。データは、約1,000ビット/秒の速度で転送されます。

また、監視も重要な点ですが、GPSコンポーネントは重量も増し、バッテリを急速に使い果たします。代わりに、研究者はビーコンとして機能し、80メートル以内にいる限り蜂を追跡することができる、特別な無線送信機を用いた新しい解決法を見出しました。

さらに、電池を満タンにするため、ミツバチが巣箱に戻ったときには無線充電が使われます。現在、研究者は、代替として太陽電池の使用を検討しています。

研究者らは、蜂にチップを付けることによって、”生きたIoTプラットフォーム”を達成できると信じています。

(画像引用:https://www.iottechnews.com/news/2018/dec/13/scientists-fit-bees-sensors-create-iot-platform/)

関連ニュース

NEW

iOS14の便利機能「スマートスタック」を使いこなそう

この記事では、iPhoneユーザーならぜひ使いこなしたい「スマートスタック」機能について設定方法を解説します。以前からあったウィジェット機能をさらに便利に使いやすくしたのがスマートスタックです。ホーム ...

続きを見る
ニュース 2021.10.21

あなたは大丈夫?スマートホームスキャナーでスマートデバイスの安全状態をチェックしよう

自宅にあるさまざまなモノがインターネットとつながる「スマート家電」「IoT機器」の活用が広がっています。外出先から子どもやペットの様子を見守ったり、家電を操作したりと便利で安心な生活が可能になりました ...

続きを見る
ニュース 2021.10.14

ペットの健康管理やお留守番のエアコン操作も。見守りペットボイスをご紹介

  大切なペットにはいつまでも健康でいて欲しいですよね。この記事ではペットの健康状態をウェアラブル機器で見守る「ペットボイス」をご紹介します。ペットボイスという、スマートウォッチのような機器 ...

続きを見る
ニュース 2021.09.30

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.