iedge
  • iedge
ニュース
2018.02.13
2019.03.18

AmazonがAlexa用AIチップを開発中 Amazon、Google、AppleのAIアシスタント戦国時代へ

記事ライター:iedge編集部

米サイトThe Informationが、AmazonがAmazon Echoに搭載するためのAIチップを開発中と報じました。

報道によると、AIチップ開発はAmazon Echoデバイスの応答性能と速度を高めるためのもので、現在スマートスピーカー分野に注力し始めているGoogleやAppleに差をつけるためと見られています。

スマートホームハードウェア市場とコンシューマー向けAI製品の分野市場制覇を狙うAmazonは、近年の積極的な企業買収によって、チップ開発の専門家を450人雇用しています。

Amazonは2015年にイスラエルのチップメーカー、アンナプルナ・ラボを3億5,000万ドルで買収したほか、2017年末にセキュリティカメラメーカーのBlinkを9000万ドルで買収しました。

Amazonが展開するAmazon Echoシリーズに代表されるAlexa搭載製品は、コンピューター上の処理をクラウド上で行っているため、今回デバイス上での処理が実現すれば、さらなる応答速度の向上が見込まれます。

AppleとGoogleも同様の動きを始めています。Appleはグラフィックスプロセッサや電源管理ユニットなど、iPhone向けの独自のチップを開発し、その結果として長年契約していたサプライヤを切り離しています。

一方、Googleは、独自のAIハードウェアを何年も開発してきました。子会社のDeepMindは囲碁AI、AlphaGoを開発しており、3社の中で最も先を行っているものと思われます。

2年ほど前から、Googleはそのノウハウの一部を一般消費者向け分野にも応用し始めました。これによって、Clips CameraをはじめとしたデバイスにAIが搭載されるようになりました。また、昨年にはAppleのエンジニアを引き抜き、スマートフォンPixel 2のイメージプロセッサを開発しています。

AmazonがGoogleとApple両方と競争するためには、自社製チップ開発環境の構築と、既に提供しているAI製品を改善することの両方が急務となっています。

関連ニュース

NEW

月額基本料0円から!楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIがスタート

3大キャリアであるドコモ、au、ソフトバンクに対抗すべく登場した楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vでしたが、各社が低廉なahamo、povo、LINEMOを発表したことでアドバンテージ ...

続きを見る
ニュース 2021.04.08
NEW

【インタビュー】地方物件の差別化にIoT機器が活躍

地方不動産の再生事業成功の秘訣 ゴールドスワンキャピタル(東京・中央区)は、地方の投資物件をメインとした不動産事業を展開している。 なかでも、地方の一棟収益物件を取得してリノベーションを行い、長期に渡 ...

続きを見る
ニュース 2021.04.06

すでに人気はMac超え!今こそ買いたいChromebookおすすめ5選

ChromebookとはGoogleが開発したChrome OSを搭載したノートパソコンのことで、買いやすい価格と軽快な操作性で人気を集めています。この記事ではそんなChromebookのおすすめ5選 ...

続きを見る
ニュース 2021.04.01

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.