iedge
  • iedge
ニュース
2022.03.22
2022.03.22

ヤマダ電機が発売!AmazonのFireTV搭載TVが日本初上陸

記事ライター:iedge編集部

2022年3月、ヤマダ電機から国内初となるAmazonのFireTV搭載TVが日本に上陸しました。また、展開された4サイズのうち、最も小さい32型のみが4月下旬発売です。今回は注目度の高いFireTV搭載TVについて紹介します。

ついに国内初登場!Amazon発のFireTV搭載TV

インターネットに接続することで多様な動画サービスを楽しめるスマートTV。その中でもAmazonのFireTVが搭載されたTVは、ありそうでなかった画期的な存在です。国内初登場のFireTV搭載TVは、Amazonユーザーにとって待望の製品といえるでしょう。

AmazonのFireTVとは

FireTVとは、動画や音楽などの配信サービスをテレビに出力するデバイスを意味します。AmazonのFireTVをテレビに接続することでサービスの利用が可能です。インターネットを経由するため、スマートフォンやタブレット、パソコンで視聴していた動画をテレビで映し出せます。さらに、Amazon Primeの会員サービスに加入していれば「Prime Video」と「Amazon Music」を追加料金なしで楽しめます。

ヤマダ電機が発売するFireTV搭載TVとは

ヤマダ電機が発売するFireTV搭載TVとは、Amazonの独自製品であるFireTVを搭載したスマートTVです。スマートTV自体は既に日本国内で登場していますが、FireTV搭載TVの発売は初めての試みです。今回登場するFireTV搭載TVでは、地上波・CS・BS放送に加え、「Prime Video」や「YouTube」などのストリーミングサービスを視聴できます。TVの音声操作1つで番組を切り替えられるため、お探しのコンテンツがすぐに見つかるはずです。

ヤマダが発売するFireTV搭載TV「FUNAI(フナイ)」の魅力

ヤマダ電機が独占販売中のFireTV搭載TVは、ヤマダ電機が有する「FUNAI(フナイ)」のブランドで作られました。ここからは「FUNAI(フナイ)」の魅力について、TVの機能や価格、サイズ展開に触れながら紹介します。

「FUNAI(フナイ)」とは

AmazonのFireTVが搭載されたTV、FUNAI(フナイ)は日本の船井電機株式会社が開発した自社製品。FUNAI(フナイ)は船井電機のナショナルブランドです。現在はヤマダ電機のみが販売しています。店頭はもちろん、ヤマダ電機が運営するWebショップ「ヤマダウェブコム」でも発売中です。また、ヤマダ電機が出店しているAmazon.co.jpを介しての購入が可能です。

FireTV搭載TVの「FUNAI(フナイ)」にしかない性能

FireTV搭載のTV、FUNAI(フナイ)の最大の特徴はリモコンにAlexaが内蔵されていること。Alexaの搭載により、音声でのTV操作が可能です。「TVを付けて」「YouTubeを見せて」などの簡単な言葉での操作が魅力です。搭載されたFireTVの機能により、FUNAI(フナイ)も「プロフィール」を利用できます。プロフィールとは、ユーザーの再生リストや、おすすめ番組を記録したものです。最大6人分まで記録できるため、家族の好みに合わせてプロフィールを個別に分けられます。

TV機能の充実

FUNAI(フナイ)はTVとしての機能が充実しています。外付けHDDを設置すれば、地上波やCS・BS放送の録画が可能です。音響面では​​Bluetoothでの音声出力ができます。これにより、Bluetoothに対応したイヤホンやヘッドホンを使用した視聴も楽しめます。さらに、展開している4サイズのうち、3サイズが4K対応の液晶画面です。TV画面に映る映像の美しさも際立ちます。

初期設定の手軽さ

FireTV搭載TVはFireTV同様に初期設定を手軽に行えます。まずはTVの電源ケーブルやアンテナのケーブルをつなぎましょう。インターネットを使用するために有線のLANケーブルを使用しているのであれば、有線LANケーブルも同様につなぐ必要があります。つぎに必要なツールが「Fire TVアプリ」です。まだ利用したことがない人は、スマートフォンやタブレットにアプリをインストールしましょう。その上で、Amazonアカウントにログインします。さいごに、Wi-Fi情報とAmazonアカウント情報がTVに転送されれば、初期設定の完了です。

サイズ展開と販売価格

FireTV搭載TVのFUNAI(フナイ)のサイズは全4種類。32型・43型・50型・55型に分かれています。「F140シリーズ」と「F340シリーズ」の2つがあり、32型の「F140シリーズ」のみがハイビジジョン液晶を採用しています。残りの43・50・55型の「F340シリーズ」が4K液晶テレビです。販売価格は最も低い価格で5万円代から購入可能です。税込販売価格は32型が54,780円、43型が109,780円、50型は12,0780円、55型は142,780円で設定されています。

利用可能な配信サービス一覧

FireTV搭載TVで利用可能な配信サービスは以下の通りです。「Amazon Prime Video」「Amazon music」「YouTube」はFireTVでもおなじみですね。続いて「Netflix」「Hulu」「TVer」「ABEMA」などの多ジャンルにわたるストリーミングサービスが利用可能です。さらに、ディズニー作品を扱う「ディズニープラス」やスポーツコンテンツ専門の「DAZN」も外せません。なお、視聴にあたってはAmazon Primeの他に別途契約が必要なサービスもあります。新たに動画配信サービスを利用する際はご留意ください。

まとめ

ヤマダ電機にて独占販売中のFireTV搭載TV、「FUNAI(フナイ)」について紹介しました。FireTV機能を兼ね備えたスマートテレビは、1家に1台あるだけで家族全員が動画コンテンツを楽しめます。TVとしての利便性がますます高まった、FireTV搭載TV「FUNAI(フナイ)」。この機会に購入の検討をおすすめします。

関連ニュース

NEW

ホンダが電動キックボードを発表!その実力を紹介

近年、電動キックボードの人気が高まりつつあります。 手軽に乗れる上に、電気で稼働するため経済的なことが人気の主な理由です。 一方で、電動キックボードの構造と機能の安全性はこれまで問題視されてきました。 ...

続きを見る
ニュース 2022.10.07

2022年10月発売の新製品家電3選!最新家電で肌寒い季節を乗り切る!

暑い夏が過ぎ、肌寒くなる季節には体調管理が難しくなります。 体調を整えるために暖かいものを飲んだり、暖房や電気マットなどでお部屋の温度を上げたりしている方が多いのではないでしょうか。 そこで、本記事で ...

続きを見る
ニュース 2022.09.29

時速1,000キロを超えるFluxJetと、世界各地で開発される高速列車を徹底解説

少しでも早く目的地に到着するために、高速列車は日々進化を遂げています。 この記事では、航空機や高速列車など従来の輸送システムよりもはるかに速い、時速1,000キロ超で走行する高速列車「FluxJet」 ...

続きを見る
ニュース 2022.09.29

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.