iedge
  • iedge
ニュース
2021.01.19
2021.01.19

大掃除の手間を省くために 新年から導入したいロボット掃除機5選

記事ライター:ハウザー

せっかく年末に大掃除をしてきれいになった部屋も、だんだんと汚れていきます。キレイさを保つにはやはり普段からの掃除が重要。そんな掃除を楽にしてくれるのがロボット掃除機です。この記事では、そんなロボット掃除機の選び方のポイントと、具体的なおすすめ商品5選を紹介。ぜひ参考にしてください。

この記事のコンテンツ:

  • ロボット掃除機の選び方
  • おすすめのロボット掃除機5選
  • 今年の大掃除は楽をしたい方へ

ロボット掃除機の選び方

まずはロボット掃除機の選び方について解説します。一口にロボット掃除機といってもその機能は千差万別。自分の用途に合ったものを選ぶようにしましょう。

吸引タイプか床拭きタイプか

ロボット掃除機のなかには、普通の掃除機のようにごみを吸引するタイプと、床の拭き掃除を行うタイプが存在します。吸引タイプはフローリング、畳、カーペットとマルチに活躍してくれるところがメリット。家の床の掃除を一通り任せることができます。

一方、床拭きタイプはフローリングの拭き掃除を行うタイプのロボット掃除機。カーペットや畳では使えないのですが、フローリングに関しては非常に強力に掃除してくれます。水拭きが行えるタイプもあり、床がフローリングメインであれば導入を検討したいタイプです。

部屋の広さや構造で選ぶ

ロボット掃除機はバッテリーで動作するため、一度に掃除できる部屋の広さがそれぞれ決まっています。広い部屋や、複数の部屋を同時に掃除したい場合は、駆動時間の長いものを選ぶようにしましょう。

また、複雑な構造を持った部屋や家を掃除したいのであれば、ナビゲーション機能が強力なものを選ぶのが〇。カメラやレーザー、レーダーを使って部屋のマッピングを行うものは、掃除時間の短縮にもつながります。

背の高さで選ぶ

意外と見落としがちなのが、ロボット掃除機自体の背の高さ。ソファやベッドなどの下にはほこりがたまりがちですが、背の高すぎるロボット掃除機だと入り込めず、人間が掃除しなくてはいけないということも。

掃除したいソファやベッドがあるのであれば、その高さを計測し、うまく入り込めるロボット掃除機を選ぶようにしましょう。

おすすめのロボット掃除機5選

それでは、具体的なおすすめのロボット掃除機5選をご紹介します。

iRobot ルンバ i7+

ロボット掃除機の代名詞ともいえるルンバシリーズのハイエンドモデルです。クリーンベースと呼ばれる自動ごみ収集機が付属しており、最大60日分のごみを収納可能。ごみを収納する容器が小さく、メンテナンスの頻度が多くなりがちなロボット掃除機のなかでは異色の存在です。

また、vSLAMナビゲーションで家のなかの環境をマッピングし学習。賢く効率的に掃除を行います。スマートスピーカーにも対応しており、呼びかけるだけで掃除を開始することができるのも便利ですね。

製品URL: https://www.irobot-jp.com/product/i7/

iRobot ルンバ e5

人気のルンバシリーズのなかでもコストパフォーマンスが高いのがe5。AeroForce3段階クリーニングシステムで吸引力が5倍にアップし、微細なごみやペットの毛までしっかり取り除くことが可能です。

iRobot HOMEアプリに対応し、使用者のライフスタイルにあった清掃スケジュールを提案してくれます。スケジュールを設定すれば、毎回決まった曜日の決まった時間に自動で掃除開始。部屋を常にキレイに保つことが可能です。

製品URL:https://www.irobot-jp.com/product/e5/

iRobot ブラーバ ジェット 240

水を前方に噴射し、汚れを浮き上がらせてから拭き取るロボット掃除機。障害物はしっかり感知して動くため、家具やじゅうたん、壁を濡らすことはありません。水拭きだけでなく、から拭きも可能なので、ほこりやペットの毛を取り除くのにも役立ちます。

本体は高さ84mm、幅178mmと小型。家具の隙間や狭いスペースにも入り込んで、隅々まできれいにしてくれます。掃除が終わったらクリーニングパッドをボタン一つでごみ箱へ。手を汚さずに処理ができるのがうれしいですね。

製品URL: https://www.irobot-jp.com/braava/jet/

Anker Eufy RoboVac G10 Hybrid

一台で吸引と水拭きの両方ができるハイブリッドロボット掃除機。ロボット掃除機を2台買う必要がなく、コストパフォーマンスが高いといえます。

衝突防止機能や落下防止センサーが搭載されていたり、バッテリーが低下すると自動で充電ステーションへ戻ったりと基本機能も充実。Amazon Alexaに対応し、話しかけるだけで掃除開始、一時停止、再開、終了、充電ステーションへ戻す、位置確認ができるのも便利ですね。

製品URL: https://www.ankerjapan.com/category/CLEANER/T2150.html

Panasonic ロボット掃除機「ルーロ」MC-RSF1000

段差を乗り越える機能がうれしいハイエンドロボット掃除機。普通のロボット掃除機は、段差があるラグやキッチンマットは障害物とみなして掃除しないものです。このルーロは「アクティブリフト」機能で本体をリフトアップし、段差をスムーズに乗り越えることができます。より広い範囲を自動で掃除することができますね。

特徴的な三角形のフォルムは、部屋の隅までしっかり掃除を行うためのもの。ブラシが壁ぎわや家具のキワなど、ほこりがたまりがちな場所にしっかり入り込んで掃除します。ルーロを掃除したい場所まで連れていくための「otomo機能」も便利です。

製品URL: https://panasonic.jp/soji/products/rulo/mc_rsf1000.html

関連ニュース

NEW

2022年10月発売の新製品家電3選!最新家電で肌寒い季節を乗り切る!

暑い夏が過ぎ、肌寒くなる季節には体調管理が難しくなります。 体調を整えるために暖かいものを飲んだり、暖房や電気マットなどでお部屋の温度を上げたりしている方が多いのではないでしょうか。 そこで、本記事で ...

続きを見る
ニュース 2022.09.29
NEW

時速1,000キロを超えるFluxJetと、世界各地で開発される高速列車を徹底解説

少しでも早く目的地に到着するために、高速列車は日々進化を遂げています。 この記事では、航空機や高速列車など従来の輸送システムよりもはるかに速い、時速1,000キロ超で走行する高速列車「FluxJet」 ...

続きを見る
ニュース 2022.09.29
NEW

折りたためる!24インチデュアルモニターGeminosの役立つ機能

折りたためるデュアルモニターGeminosは、オフィス勤務だけでなく在宅勤務の方に最適な製品です。 Geminosは、2022年7月にクラウドファンディングサイトKickstarterで募集を開始しま ...

続きを見る
ニュース 2022.09.29

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.