iedge
  • iedge
ニュース
2020.04.09
2020.04.09

13インチ版の新型MacBook Pro、2020年5月に発売見込み

記事ライター:iedge編集部

人気YouTuberのJon Prosser氏のTwitterによると、2020年5月に新型MacBook Pro (コード名はJ223)が発売されるとのことです。

Jon Prosser氏は、Google Pixelやアップル関連の噂を頻繁に発信しており、最近では新MacBook AirやiPad Proの発売をほぼ的中させた実績があるので、今回の発言にも期待が持てます。

また、アップルのインサイダー情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏は2020年3月に、2020年の第2四半期にシザー式のキーボードの新型MacBook Air やMacBook Proが発売されると予測しており、そして、確かにMacBook Airは4月にリリースされています。

これらの予測により、13インチ版新型モデルのMacBook Proが発売する可能性は高いと思われます。

数ヶ月前に発売された現行の15インチMacBook Proの新型が16インチになったことから、現行の13インチモデルについても、ヘゼルの狭額化により画面サイズが大きくなると言われており、13インチもしくは14インチになる可能性もあるとされています。

また、新型モデルのMacBook Proには、故障がしにくいシザー式キーボードが採用されると予測されています。これは、現行モデルのMacBook Proが搭載しているバタフライ式キーボードは、長時間使用していると反応が悪くなったり、応答しなかったりすることもあるなどの問題が発生し、全て無償修理プログラムにて対応されることになり、ユーザーの集団訴訟にも発展しているためです。

さらに、プロセッサについても、最近の新型MacBookシリーズに搭載されている、Intel第10世代(Ice Lake)にアップデートされ、処理速度の向上が期待できるとのことです。

(画像引用:https://twitter.com/jon_prosser)

関連ニュース

NEW

アリババ(Alibaba)がIoTと人工知能に14億ドルを投資

中国のeコマースプラットフォーム大手のアリババ(Alibaba)は、人工知能とIoT技術に14億ドルを投資すると2020年5月20日水曜日に発表しました。主に音声アシスタントTmall Genieを改 ...

続きを見る
ニュース 2020.05.26
NEW

米国の都市が関心を寄せる「スマート街路灯」のメリット

あるレポートによると、米国の314都市(10万人以上の居住者がいる都市)はLED街路灯に転換しており、接続型またはスマート街路灯への関心が約3倍になっています。Northeast Groupもまた、米 ...

続きを見る
ニュース 2020.05.21

LivingPacketsのスタートアップ、接続された小包「The Box」が大量生産へ

スイスの会社PA Cotteの子会社であるLivingPacketsは、接続された再利用可能な小包を設計しており、2020年5月現在35の特許を持っています。LivingPacketsの開発は新しい段 ...

続きを見る
ニュース 2020.05.19

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.