iedge
  • iedge

タグ

ニュース
2020.02.13
2020.02.13

Nuroが人間の制御なし自動配送車のテスト運転許可を取得

記事ライター:iedge編集部

カリフォルニアに拠点を置くロボット会社のNuroは、テキサス州ヒューストンにおいて、人間の制御なしで自動運転車をテストする許可を与えられました。

BBCによって報告されているように、R2と呼ばれるNuroの自動運転配達車は、ステアリングホイール、ペダル、サイドビューミラーなどを持たない同社の第2世代の車両です。

これまでの車両テストではほとんどの場合、ドライバーが安全に車両を制御できる機能を必要としており、人間が制御するルールが免除されたのはこれが初めてです。米国運輸長官のElaine Chaoは、車両の最高速度が時速25マイルに制限されているため、これらの要件は「意味をなさない」と述べています。

Nuroの共同設立者であるDave Fergusonは、同社の設計の背後にある理論的根拠を説明しました。「免除はより安全であることを意味します。これにより、人間のドライバーが頼っていたミラーをカメラやその他のセンサーに置き換えることができます。そして、車体の端を丸くして道路のスペースを取り、周囲の人たちの安全も確保できます。」

運輸省はテストの監視を強化するため、NuroはR2のテストについて報告し、自動運転車をテストするコミュニティにも報告する必要があります。

Fergusonにとって、この決定は業界にとって画期的な出来事です。彼は次のように述べています。「今後は、ドライバーや乗員のいない車両を想定したことのない既存の規制を近代化する必要があり、業界のすべての人が自動運転技術が可能な限り、安全な車両でテストおよび展開されるように努力する必要があります。」

Berg Insightは2020年1月、ヨーロッパおよび北米のインテリジェント輸送システム(ITS)の公共輸送市場が2023年までに37億ユーロ(31億4,000万ポンド)に達すると予測しています。ヨーロッパだけでは、2018年に13.2億ポンドの規模でしたが、2023年までに18億3,000万ポンドに達し、6.8%のCAGRで成長すると予想されています。

(画像引用:https://nuro.ai/product)

関連ニュース

NEW

GoogleとMurataが世界最小のAIを開発

Murata Electronics AmericasとGoogleは、世界最小の人工知能モジュールを開発したと主張しています。物理的な仕様はもちろん、それよりも注目されるのは、この新しいテクノロジー ...

続きを見る
ニュース 2020.02.18

IoTの活用で効率化を目指す、オランダの鉄道ネットワーク

オランダの鉄道ネットワークを管理するProRailは、IoTを活用し鉄道の効率を高めることで、乗客数の増加を目指しています。 オランダは小さな国ですが、賑やかで活気のある国です。ING、Unileve ...

続きを見る
ニュース 2020.02.12

アップル、開発中の忘れ物防止タグ「AirTag」を発売へ

アップルは、位置情報を送信するスマートタグ製品である「忘れ物防止タグAirTagb」を2019年から開発しているという噂で、既にその記述はiOS 13.2のソースコード内に確認されています。 最新レポ ...

続きを見る
ニュース 2020.02.10

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.