iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.06.11
2019.12.04

「ショートカット機能」を有効に使い「Google Home」の可能性をさらに広げよう

2017年は「スマートスピーカー元年」と言われ、日本でも「Google Home」、「Amazon Echo」、「Clova WAVE」(LINE)が登場しました。その中でも話題を呼んでいるのが、Googleが開発した「Google Home」です。
今回は、「Google Home」における「ショートカット機能」の役割と、その有効な使い方をご紹介します。

記事ライター:iedge編集部

Google Homeへの指令を省略する「ショートカット機能」とは?

米国の調査会社CanalysやStrategy Analyticsの調査結果では、2018年時点での世界市場におけるシェアのトップを「Amazon Echo」に譲っていますが、GoogleとAmazonの2社で世界市場の約7割を占めています。また、日本において、各製品の比較サイトなどでは「Google Home」の評判はいいようです。

スマートスピーカーは、「音声」によって機能するため、キーボードやボタンなどがありません。その代わり、便利な「ショートカット機能」を有しています。

「ショートカット機能」とは、パソコンなどにも搭載されていますが、最小限のキー操作で作業命令を出すことです。パソコン画面には「ショートカット機能」のアイコンが、よくでているのでお分かりの方も多いでしょう。

そして、前述したようにスマートスピーカーは手で操作せず、音声で指令を出すため、その指令を処理、分析し、実行していかなければなりません。この場合、「ショートカット機能」は簡単に言うと、この複雑な処理を省略し、素早く実行する機能なのです。

「Google Home」の公式HPによると、これまで「ショートカット機能」と呼ばれていたものを、さらに機能アップさせました。しかし、その機能を利用するためには「カスタム ルーティン」を作成する必要があります。

「カスタム ルーティン」の「ルーティン」とは同じことの繰り返しを意味します。また、「カスタム」とは自分用に作り替えることです。つまり、「カスタム ルーティン」とは、そのスマートスピーカーの使用者が、自分にとって使いやすいようにショートカットを設定することです。

以下で「Google Home」の公式HP(https://support.google.com/googlehome/answer/7029585#custom_routine)より抜粋した「カスタム ルーティン」の作成法について説明します。

1.まず、モバイル端末またはタブレットがGoogle Homeデバイスと同じWi-Fiに接続されていることを確認。

2.Google Homeアプリを開く。

3.ホーム画面の右下にあるアカウントをタップ。

4.表示されているGoogleアカウントが、Google Homeにリンク済みのアカウントであることを確認。

5.設定アイコン →[アシスタント]タブ→[ルーティン]→add_routineをタップ。

6.[タイミング]で[コマンドを追加]→add_routineをタップ→対象のルーティンをトリガーする際に使用するフレーズを入力→[OK]をタップ。そして「戻る」をタップ。

7.[アシスタントによる操作]で[操作を追加]をタップ→アシスタントにしてもらいたい操作を入力。Googleアシスタントのコマンドを入力するか、よく利用する操作から選択→ [追加]をタップ。

 次ページ >
Googleアシスタントに話しかけるだけ

 

話しかけるだけで様々な作業を行う「Googleアシスタント」がすごい

以上のような「カスタム ルーティン」=「ショートカット機能」を設定すると、Google Homeに向かって、一つの行為を話しかけるだけで、「Googleアシスタント」が複数の作業を行ってくれるのです。

Googleアシスタントとは、Googleが開発したAIアシスタントのことです。このGoogleアシスタントのおかげで、デバイスに話かけるだけで、音楽再生などのエンターテインメントを楽しんだり、情報収集、予定やスケジュールの管理をしたりすることができるわけです。

また、Google Home以外でも、Androidスマートフォン、iPhone、Androidタブレット、ChromeOSタブレット、ChromeOSパソコンなどにも対応しており、これらのデバイスでも同じように音声でいろんなことができます。

Google アシスタントで使用できる言語は、Android搭載のスマートフォンとタブレットでは、日本語、中国語、デンマーク語、オランダ語、英語、フランス語、ドイツ語、ヒンディー語、インドネシア語、イタリア語、韓国語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語(ブラジル)、ロシア語、スペイン語、スウェーデン語、タイ語、トルコ語となっています。Googleは、その他の言語にも順次対応していく予定であるとしています。

 

「Google Home」の値段は?今後はもっと下がる可能性も

今回は「Google Home」の「ショートカット機能」について、ご紹介しました。

これからの時代は、スマートスピーカーをはじめ、スマートウォッチ、スマートホームなど、話しかけることによって操作するデバイスやアプリが主流となっていくでしょう。

今回、紹介したGoogleの「Google Home」は15,120円、その小型版である「Google Home Mini」は6,480円で購入できます。少し高いようにも思えますが、これは公式の価格であり、量販店や通販サイトによっては、もう少し安く手に入ると場合もあります。

また、今後、世の中に浸透し、生産数が増えてくると、自ずと価格も安くなってくるでしょう。さらに、機能の面でも、AmazonやLINEでは画面付きのモデルを出しており、いずれ「Google Home」も追従し、さらに機能アップさせていくことになるでしょう。

「Google Home」や、それを上手く操作する「ショートカット機能」を活用することによって、われわれの生活が大きく変わることは間違い

関連記事

NEW

台風災害にも役立つ!?自由自在に開閉できる安心の国産IoTカーテン「eCurtain」とは

国内で初のスマートカーテン!eCurtainとは eCurtainは日本企業である「株式会社リンクジャパン」が開発した、国内初のスマートカーテンです。「Wi-Fi」に接続して利用するタイプになります。 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.20
NEW

血中酸素センサー搭載!新モデルApple Watch Series 6の機能まとめ

メディアの予想的中!Apple Watch Series 6は9月16日のイベントで発表 2020年9月16日のイベントに先駆け、ニュースメディア大手の「米ブルームバーグ」は ・新型Apple Wat ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.19
NEW

Garmin(ガーミン)がお届けする活動量計Vivofit4のこの機能が凄い! 

365日24時間ウェアラブルなVivofit4 Vivofit4を365日24時間身に着けることが可能(ウェアラブル)で、約1年間電池を交換する必要がありません。上位モデルが最大でも7日しか連続使用で ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.18

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.