iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.04.22
2019.12.24

Amazon Echoで利用できる音楽配信サービスと音楽を聴く方法

Amazon Echoは、音楽配信サービスを使って音楽を再生できます。Amazonが提供している「Amazon Music」だけでなく、「dヒッツ」や「うたパス」という音楽配信サービスも利用可能です。ここでは、Amazon Echoで利用可能な音楽配信サービスと、音楽を聴く方法を紹介します。

記事ライター:iedge編集部

Amazon Echoで利用できる音楽配信サービス

Amazon Echoでは、下記の音楽配信サービスを利用できます。

・Prime Music 月額325円(Amazonプライム会員なら無料)
・Amazon Music Unlimited 月額380円~1,480円
・dヒッツ 月額540円
・うたパス 月額324円
・Spotify 月額980円

音楽配信サービスによって、配信されている楽曲やサービス内容が異なります。まずは、Amazon Echoで利用できる各音楽配信サービスを紹介します。

 

Prime Music

Prime MusicはAmazonプライム会員が利用できる音楽配信サービスです。約100万曲が配信されていますが、他の音楽配信サービスと比較すると配信曲数は少なめです。

すでにAmazonプライン会員の方は、追加費用をかけずに利用できるのがメリットとなっています。Amazonプライムの会費は月額プランなら400円(税込)、年間プランなら3,900円(税込、月額換算で325円)です。

Prime Music、Amazon Music UnlimitedはどちらもAmazonの音楽配信サービスなので、Amazon Echoの初期設定でAmazonアカウント連携が完了すればすぐに利用できます。

 

Amazon Music Unlimited

Amazon Music Unlimitedは料金プランが3種類あり、いずれも配信楽曲数は6,500曲以上です。料金プランによって登録可能な端末、登録可能なアカウント数が異なります。

・Amazon Music Unlimited Echoプラン 月額380円
・Amazon Music Unlimited 個人プラン 月額980円(プライム会員なら月額780円)
・Amazon Music Unlimited ファミリープラン 月額1,480円

Amazon Music Unlimited EchoプランはAmazon Echoから登録可能なプランで、登録可能アカウント数は1アカウントです。

Amazon Echoでのみ音楽を聴けるプランなので、スマートフォンやパソコンのウェブブラウザ上では利用できません。Amazon Echoが1台で、スマートフォンなどで音楽配信サービスを利用しないのであれば、月額料金が安いのでおすすめです。

Amazon Music Unlimited 個人プランは、スマートフォンやウェブブラウザ上でもAmazon Musicを利用できるプランです。Amazonプライム会員なら月額780円で登録できるので、Prime Musicの配信楽曲数では足りない場合は個人プランがおすすめです。

また、外出中にスマートフォンで音楽を聴くという方、ウェブブラウザ上でもAmazon Musicを利用したい方は個人プランを選ぶと良いでしょう。

Amazon Music Unlimited ファミリープランは、最大6アカウントまで登録可能となっているプランです。家族で複数のAmazonアカウントを持っているのであれば、月額1,480円で6人までAmazon Musicを利用できます。ファミリープランは個人プランのようなAmazonプライム会員向けの割引はありません。

 

dヒッツ

dヒッツはNTTドコモが提供している音楽配信サービスです。月額540円(税込)で450万曲が聴き放題になります。日本国内発のサービスなので、配信されている曲は比較的邦楽が多いです。

dヒッツには「プログラム型ストリーミング」という機能があります。これはdヒッツが用意したプレイリストを再生できる機能で「人気のアップテンポ曲集」や「ドライブ用BGM」など、利用シーンに応じて好きなジャンルの音楽を聴けます。もちろん、他の音楽配信サービスと同じように好きな曲を選んで聴くことも可能です。

 

うたパス

うたパスはauが提供している音楽配信サービスです。月額324円(税込)で500万曲が聴き放題、dヒッツと同じく日本国内発のサービスなので邦楽が多いです。

ただし、登録にはauかUQ Mobileのアカウントが必要です。auかUQ Mobileで携帯電話を契約してアカウントを持っている方しか登録できないので注意しましょう。

うたパスには、毎週火曜日にカラオケルーム料金が最大1,200円割引になる特典が付いています。他の音楽配信サービスに比べて月額料金が安い上、カラオケ割引特典も付いているので、auユーザーならうたパスを検討してみてください。

 

Spotify

Spotifyはスウェーデン発の音楽配信サービスで、世界最大の音楽配信サービスです。月額980円(税込)で4,000万曲以上が聴き放題のサービスです。

Spotifyには無料プランがありますが、Amazon EchoではSpotifyの無料プランで連携できません。Amazon EchoでSpotifyを利用したい場合には必ず有料版の登録が必要です。

海外発の音楽配信サービスなので、配信曲は洋楽が多めとなります。邦楽もそれなりにありますが、お気に入りのアーティストの曲が見つからない可能性はあります。邦楽をよく聴く方は登録前に聴きたいアーティストの曲があるか調べておくと良いでしょう。

 次ページ >
Amazon以外のサービス使用の留意点

 

Amazon以外の配信サービスは「スキル」が必要

Amazon Echoには「スキル」という追加拡張機能があります。Amazon Echoにスキルを追加すると、これまで使えなかった機能を使えるようになります。

Prime MusicやAmazon Music Unlimitedの音楽再生はAmazon Echoの標準機能として備わっていますが、dヒッツ、うたパス、Spotifyで音楽再生するにはスキルを追加しなければいけません。

スキルの追加はスマートフォンの「Alexaアプリ」から行います。Alexaアプリでメニューを開いて「スキル」を押すとスキル追加画面になるので、追加したいスキルを検索します。dヒッツの場合「dヒッツ」と検索すればdヒッツのスキルが表示されるので、「有効にする」を押してスキル追加完了です。

 

Amazon Echoは無料で音楽を聴ける?

Amazon Echoで無料利用できる音楽配信サービスはありません。ただし、すでにAmazonプライム会員に登録している方は追加費用をかけずPrime Musicで音楽を聴けます。また、Amazon EchoはBluetooth接続に対応しているため、スマートフォンの音楽をAmazon Echoのスピーカーで聴けます。

Bluetooth接続で音楽を聴くには、スマートフォンの設定からBluetoothをオンにします。その後「アレクサ、Bluetoothに接続」とAmazon Echoに話しかけると、Amazon Echo側のBluetoothが有効になります。スマートフォン側でもう一度Bluetooth設定画面を開いて「Amazon Echo」を選択すれば接続完了となり、スマートフォンの音楽をAmazon Echoで再生できます。

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.