iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.03.26
2021.02.18

amazon echoとgoogle home、本当に買うべきはどちら?徹底比較

日本でも続々と新商品がリリースされるスマートスピーカーの中でも、世界規模の知名度と人気を誇る「amazon echo(アマゾンエコー)」と「google home(グーグルホーム)」。実際に買うなら、amazon echoとgoogle homeのどちらが良いのか、それぞれの違いを徹底比較します。

記事ライター:iedge編集部

2大スマートスピーカー、amazon echogoogle home各強みとは?

※Google HomeをはじめとするGoogleのスマートホーム製品は2019年、「Nest」というブランド名に変更されましたが、この記事ではGoogle Homeと呼んで説明していきます。

AIアシスタント

Amazon EchoはAmazon.comが開発、販売しているスマートスピーカーで、AIアシスタント「Alexa(アレクサ)」を搭載しています。一方Google HomeはGoogleが開発したスマートスピーカーで、搭載しているAIアシスタントは「Googleアシスタント(グーグルアシスタント)」です。

バリエーション

Amazon EchoとGoogle Homeには、それぞれ標準サイズの他、小型サイズ、ディスプレイを搭載した大型サイズなど、数種類のモデルがあります。デザイン的にはAmazon EchoもGoogle Homeもシンプルなデザインが多く、共に布地使いで室内インテリアになじむ工夫がされているモデルや、カラーバリエーションが豊富なモデルがあり、豊富な多様なラインナップから選択することができます。

Amazon Echoの強み

ハードウェア性能が高いく

  • ハードウェアの性能が高い
  • 性能の割に価格が安い
  • 拡張アプリ(スキル)が豊富
  • 音楽再生サービスの対応が多い(Apple Musicにも対応)
  • カレンダーやリマインダーなど管理機能に優れている
  • Kindleで本の読み上げが可能 など

こうしたポイントのほか、Amazonでのショッピングもできるほか、Amazonプライム会員サービスとの連携も魅力的です。「そろそろ◯◯を買う時期ではありませんか?」などAlexaから提案してくれることもしばしばです。

Google Homeの強み

  • 検索技術に優れている
  • 各種Webサービスとの連携が強い
  • 話者の認識やプッシュ機能など機能が先行している
  • YouTubeに対応している
  • 検索結果および渋滞情報などが高精度
  • Google Play MusicやYouTube Musicでアップロードした音楽を再生できる など

日本語認識性能が高く、日本国内での評判が良いです。Amazon Echoでは利用できないSpotifyやYouTube Musicの無料版も利用でき、HuluやNetflixの動画を再生できる等の強みがあります。

選ぶときに重視すべきポイントは?

Amazon Echoには11種類、Google Homeには4種類のモデルがありますが、どれを選べばいいのかわからない、という方が多いかもしれません。

音質に重きを置いたものや、とにかく小型のもの、動画を見ることができるものなど、それぞれのモデルには特徴があります。まずはスマートスピーカーで何をしたいのか、何を重要視するのかを考えてみてはいかがでしょうか。

初めにそれぞれのAIアシスタントの機能や性能を比較し、AlexaとGoogleアシスタントどちらにするか検討してみましょう。次にサイズやスピーカー性能などからモデルを決定するのがオススメです。

 

スマートスピーカーで何をするか 

モデルを選ぶにあたって、自分は主にどんな用途でスマートスピーカーを購入するのか明確にすることが大切です。

スマートスピーカーは、もともと多機能な上に自分好みの機能を追加してカスタマイズすることもできるので、非常に多くのことができます。

2018年12月に電通デジタルが行った調査では、日本でスマートスピーカーを所有している人は74.5%が音楽を聞く、61.1%が天気予報を聞く、55.3%がアラームやタイマー機能を使うと回答しています。

(画像引用: https://www.dentsudigital.co.jp/release/2019/0218-000164/

例えば主に音楽を聞きたいと思っているなら、より多くの音楽配信サービスに対応したAIアシスタントを選んだり、高音質スピーカーを持つモデルを選んだり、というように、用途が明確になればどのスマートスピーカーを購入するか決定しやすくなるはずです。

 

 

 次ページ >
どちらを買うべき?

amazon Echoとgoogle Homeの主要なサービスと機能比較

・シェアで選ぶなら…どちらでも

シェアが高ければ高いほど、今後対応するサービスや、サードパーティー製品が増える可能性が高いというメリットがあります。

アメリカのメディアVoicebot.aiとVoicifyが2019年3月に発表したレポート「Voicebot Smart Speaker Consumer Adoption Report Jan 2019」では、アメリカでのスマートスピーカー普及率は26.2%で、4人に1人がスマートピーカーを持っていることがわかりました。

製品別で最も人気があったのはAmazon Echoで全体の61.6%を占め、Google Homeは23.9%で2位です。Amazon Echoが圧倒的なように見えますが、2018年の結果と比べるとGoogle Homeのシェアの伸びが目立ち、じわじわと追い上げてきています。

一方日本では、スマートスピーカーの普及自体がまだ進んでいません。2018年12月に電通デジタルが発表したデータによると、日本での普及率はたった6%です。その中でシェア1位がGoogle Homeで2.9%、2位がAmazon Echoで2.4%という結果でした。

シェアで選ぶという視点では、現時点ではどちらを選んでもほぼ変わりないと言っていいでしょう。

・価格で選ぶなら…最安はAmazon Echo

最安は4,980円のEcho Dot第3世代です(同額のEcho Autoは車用のデバイスです)。

Echo Dot第4世代などはボール型になってきており、従来の円筒型のEcho Plusといったデバイスは姿を消しそうですね。

Echo Dot(第4世代) 5,980円
Echo Dot(第4世代)時計付き 6,980円
Echo Dot(第4世代)プレミアムサウンド&スマートホームハブ 11,980円
Echo Show 10(第3世代) 29,980円
Echo Auto 4,980円
Echo Dot(第3世代) 4,980円
Echo Show 5 9,980円
Echo Show 8 14,980円
Echo Studio 24,980円

※Amazon公式サイトで「販売中」「近日発売」および価格が確認できた、Alexa搭載端末のみを掲載しています。

Google Nest Mini 6,050円
Nest Audio 11,500円
Nest Hub Max 28,050円
Nest Hub 9,900円

※Google公式サイトで「販売中」および価格が確認できた、Googleアシスタント対応端末のみを掲載しています。

・AIの音声認識率と対応能力で選ぶなら…Google Home

関連記事

スマートコンセントにできることとおすすめの商品5選

  IoTやAI技術を活用し、家庭内の家電や設備を一括管理するスマートホーム。スマートフォンやタブレットから家電の操作をして、さまざまな機器の電源切り替えをする便利な生活を実現するために一役 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.09.22

マークジェイコブスのスマートウォッチ|特長・機能・おすすめ商品を解説

  今回は、マークジェイコブスのスマートウォッチの特長・機能・具体的なおすすめ商品について解説します。 マークジェイコブスのスマートウォッチは、今は生産中止となっていますが、おしゃれで人気の ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.09.22

クロームキャストができることは?特徴と接続方法を解説

  クロームキャストは、テレビと接続するだけでスマートフォンとの連携が可能なデバイスです。 今回は、クロームキャストの特徴や接続方法を解説します。 クロームキャストとは クロームキャスト(C ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.07.21

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.