iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.03.04
2019.12.25

Amazon Echo Dotは買い!?Echoとの違いやスペック、価格、できることまとめ!

Amazonから発売されているスマートスピーカーと言えばAmazon Echoですが、今回はその中でも、安くてコンパクトな「Amazon Echo Dot」にフォーカスしてご紹介していきます。Echoとの違いなどにも触れているので、どのEchoシリーズを買おうか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

記事ライター:iedge編集部

Amazon Echo Dotの基本情報とEchoとの違い

2017年11月にプライム会員の招待者限定で発売されたAmazon Echo Dotは、いわゆるAmazon Echoの廉価版(安価版)です。2019年1月の時点で第3世代(注:グローバルモデル)が販売されています。

カラーバリエーションはEchoと同じくサンドストーン、チャコール、ヘザーグレーの3種類となっています。大きさは縦横99mmとEchoよりも11mmずつ大きい一方で、高さはわずか43mmと、Echoのおよそ4分の1程度というコンパクトさです。

Amazon Echo Dot第2世代では0.6インチだったスピーカーが、第3世代で1.6インチに改善されているほか、マイクの性能や音質もアップしているようです。もちろん、Amazon Echo DotはAI音声アシスタント「アレクサ(Alexa)」を搭載していますので、音声コントロールが可能です。

Echoとの大きな違いはとりわけ価格、大きさ、スピーカー(Echoは2.5インチウーファーと0.6インチツイーターを搭載)といったところで、基本的な機能はEchoもEcho Dotも変わりません。

その価格ですが、Echoが11,980円であるのに対し、Amazon Echo Dotは5,980円と6,000円も安くなっています。スピーカーの性能に強いこだわりがなければ、Amazon Echo Dotでも十分、スマートスピーカーの利便性を享受できるでしょう。

 次ページ >
Amazon Echo Dotでできること

 

Amazon Echo Dotでできるのはどんなこと?

前述したように、Amazon Echo DotでできることはEchoと変わりません。「アレクサ」のウェイクワードで呼びかけると起動します。音楽を再生したり、ニュースを読み上げたり、天気や今日のタスクを確認したり、スポーツの試合結果を確認したりできます。

どんどん話しかけることでアレクサがユーザーの嗜好や傾向を覚え、より迅速で的確なレスポンスを示してくれるようになります。

また、アレクサスキルを追加していくことで、Amazon Echo Dotがさまざまなニーズに対応してくれる頼もしいホームアシスタントへと成長していきます。もちろん、スマートホームなどサードパーティー製のIoTデバイスとも連携します。

具体的に、私たちの生活のどんな場面でAmazon Echo Dotが活躍してくれるか、例を挙げてみます。

レシピの確認

Amazon Echo Dotは、手が離せないときでも音声でコントロールできるため、大変便利です。例えば、料理中にレシピが分からなくなってしまったときも「アレクサ、肉じゃがのレシピを教えて」と話しかければ、すぐさまレシピを読み上げてくれます。コンパクトなのでキッチンに置いても良いでしょう(ただし防水性はないので水濡れにはご注意ください)。

ホームパーティーの演出

Amazon Echo Dotは、ホームパーティーの演出にも一役買ってくれます。スマート照明Phillips Hueを連携させておき、好みの照明をシーン設定しておけば、友達が来たときに「アレクサ、照明をホームパーティーにして」のコマンドでパーティーを盛り上げてくれる照明にチェンジしてくれます。

話し相手に

一人暮らしで時間を持て余してしまっても、Amazon Echo Dotがあれば安心です。「アレクサ、ためになる話を聞かせて」「アレクサ、面白い話をして」などお願いしてみたり、ときには雑談相手になってくれたりもします。アレクサスキルを追加しておけば、さまざまなゲームを楽しむこともできます。

「ながら」使いも便利

Amazon Echo Dotが便利なのは、音声でコントロールできるため「ながら」使いができるという点です。PCで調べ物をしながら、このあとの予定を確認したり、朝の準備で忙しいときも着替えながら、天気や交通情報を確認したり、横になりながら照明やエアコン、テレビなどの家電を全部オフにしたりすることも可能です。

これらはごく一例ですが、あなたの使い方次第でさまざまな楽しみ方ができるのが、Amazon Echo Dotの魅力です。

なお、Amazon Echo Dotがある生活を楽しむなら、ぜひプライム会員(年間3,900円)に入会しておくことをオススメします。プライム会員ならPrime Music(100万曲以上聴き放題!)が利用できたり、音声でプライム対象商品を注文したり、配送状況を確認したりできるため、より便利で快適に使うことができます。

 

結論:Amazon Echo Dotは“買い”の1台と言える!

今回はAmazon Echoの廉価版であるAmazon Echo Dotをご紹介してきました。お分かりのように、EchoもDotも基本的な機能はほとんど変わりません。それでいて、価格が安い訳ですから、Amazon Echo Dotはぜひ“買い”の1台と言えます。

購入後、もしスピーカーに不満が出たら、もう1台購入してステレオ再生するといったことも可能です。

2台のAmazon Echo Dotを、それぞれメインスピーカー、サブスピーカーとしてペアリングさせることができます。別売りのサブウーファーAmazon Echo Subをペアリングさせれば、あっという間にサウンドシステムが完成します。

「まずはスマートスピーカーがどんなものか体験したい」という人はもちろん、「Echoはリビングに置いて寝室ではDotを使いたい」という人にもピッタリです。ぜひ、この機会に購入を検討してみてください。

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.