iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.02.15
2019.12.18

アメリカで人気爆発中の多機能全自動調理器具がスマート化!「Instant Pot Smart Wi-Fi」でラクうま時短料理

これひとつあれば、鍋もフライパンも炊飯器もいらなくなってしまう…そんな万能調理器具「Instant Pot」から、スマート機能を兼ね備えた新モデルが発売されています。毎日の家事を最大限効率化できるスマートキッチンツールです。

記事ライター:iedge編集部

Instant Potって?

アメリカで大人気の万能調理マシン「Instant Pot」は、圧力調理器、スロークッカー、フライパン、炊飯器、低温調理器、ヨーグルトメーカー、蒸し器、オーブン、保温器など、多数の機能を兼ね揃えた全自動調理器具です。

安いお肉もInstant Potで数十分煮込めば、とろけるような柔らかいお肉に変わるといったように、簡単に素早く美味しい料理を作ることができると評判です。2017年にはアメリカAmazonで最も欲しいものリストに登録された商品となりました。

 

新モデル「Instant Pot Smart Wi-Fi」

そんな便利なInstant Potから、Wi-Fi機能のついたスマート家電としての新機種が2018年に発売されました。Instant Potの全自動調理機能はそのままに、スマートフォンのモバイルアプリから操作できる機能が追加されています。

「Instant Pot Smart Wi-Fi」には、13種類のスマートプラグラムが用意されています。スープ、肉料理/シチュー、豆、ケーキ、スロークッキング、ソテー、米、雑穀、おかゆ、蒸し料理、ヨーグルト、保温、加圧から、適したものを選んでボタンを押すだけの簡単、時短調理が実現します。

加圧調理をする圧力鍋は爆発などの事故のリスクがありますが、Instant Potシリーズは事故を防ぐための様々な工夫がなされています。蓋のロック機能、蒸気を逃がす機能、自動圧力コントロール機能などです。圧力鍋を使うのが不安な方も安心して使えます。

 

モバイルアプリ

iOS、アンドロイドどちらにも対応しているモバイルアプリでは、調理の進行状況を確認したり、調理が終了したら通知を受け取ったりすることができます。食材、調味料を「Instant Pot Smart Wi-Fi」に入れてスイッチを入れた後は、火加減などを気にせず、通知が来るまで他の家事や仕事に集中していられるので、とても便利です。

また、アプリでは750以上のオリジナルレシピが紹介されています。レシピ通りに食材を入れて、アプリから実行コマンドを送信すれば、レシピ通りの全自動調理が始まります。レシピは毎日追加されるので、毎日の献立を決めるのが楽しくなりそうです。

 次ページ >
Googleアシスタントにも対応

 

Googleアシスタントにも対応

2019年1月、新たにGoogleアシスタントに対応することが発表されました。声で命令することができるようになったのは、キッチン製品にとってはとても重要な進歩でしょう。

たとえば、食器を洗っていて手が濡れているときや、他の料理を作っている最中にも、手を止めることなく「ヘイGoogle、Instant Potでお米を炊いて」と声をかけて、「Instant Pot Smart Wi-Fi」でお米を炊き始めることができるのです。

Instant Brands Inc.共同設立社でCEOのRobert Wangは「キッチンに革命を起こしていくのが私達の目標です。Googleアシスタントとのコラボレーションで、皆さんの生活が少しでも楽になり、食事の時間が楽しくなればと思います」と話しています。今後もますます便利なアップデートが発表されそうですね。

 

「Instant Pot Smart Wi-Fi」のデザイン

見やすく大きな青いLCDディスプレイには、ステータスを確認するための5つのアイコンが付いています。「Wi-Fi、加熱、加圧、保温、サウンドのオン・オフ」です。加熱アイコンが点灯しているときは加熱調理が、加圧ボタンが点灯しているときは加圧調理が行われていることを意味します。

現在、サイズは6クォートの1種類となっており、スチーマーラック、しゃもじ、スープ用のおたま、シリコン製のミットがセットで付属しています。

 

Instant Potシリーズの他機種との違いは?

Wi-Fi機能以外にも違いがあるのか、人気機種「Instant Pot Ultra」と比較してみましょう。

Instant Pot Smart Wi-Fi Instant Pot Ultra
プログラム数 13 10
ワイヤレス接続
本体操作 ボタン 回転つまみ
サイズ 6クォートのみ 3、6、8クォートの3サイズ
オリジナルレシピの設定 不可
全自動温度管理
殺菌消毒機能
卵料理 不可
調理の進行具合 本体ディスプレイ、アプリやGoogleアシスタントで確認できる 本体のみで確認できる

遠隔操作や音声操作、何百も有るオリジナルレシピから全自動で調理する機能は「Smart Wi-Fi」モデルにしかありません。一方で、「Ultra」モデルにはスマート機能はないものの、サイズが選べる上に卵料理が作れるという利点があります。

ライフスタイルに合ったモデルを選んで、ぜひ「Instant Pot Smart Wi-Fi」の便利さを実感してみてください。

関連記事

NEW

Alexa(アレクサ)が怖い?アレクサの恐怖体験と怖い機能を紹介

ユーザーの生活が快適になるように、さまざまなサポートしてくれるアレクサですが、アレクサによって怖い思いをしたという体験談もあります。今回は、アレクサの怖い体験談をご紹介します。そして、アレクサがわざと ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.05.26

たまごっちがスマートウォッチ化?たまごっちスマートの特徴を解説

たまごっちスマートとは、スマートウォッチの形をした新しいたまごっちです。 たまごっちスマートは、たまごっちが発売して25周年の節目である2021年11月23日に発売されました。 1996年に発売された ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.04.22

Alexa(アレクサ)の設定方法を徹底解説!設定ができない場合の解決策も併せて解説

アレクサの初期設定の方法 アレクサの初期設定、いわゆるセットアップの方法をご説明します。 1.スマホにアレクサのアプリをインストールします。 2.アレクサはAmazonと連動しているので、アレクサを使 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.04.14

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.