iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.02.13
2019.12.18

「結局、AIスピーカーって何ができるの?」という疑問へのシンプルな答えと葛藤

記事ライター:Yuta Tsukaoka

家に遊びにきてくれた友人が必ず言う一言

目の前にAIスピーカーを置いて座っている男性

こういう仕事柄、私の家には7台のAIスピーカーがある。

リビングにはAmazon EchoSONOS Beam、寝室にGoogle Home、仕事部屋にはGoogle Home mini、Pixel Standに乗せたPixel3、そしてAmazon Echo SpotAmazon Echo Dotが稼動状態だ。

そういう状況なので日常的にAIスピーカーを使っている。もちろん、友人が遊びにきたときもそうだ。

映画を見ようという話になれば「OK,Google、電気を消して」スナックをこぼした奴がいれば「アレクサ、掃除して」とりあえずジャスティスリーグでも観ようぜということになれば「OK, Google、ジャスティスリーグを再生して」

すると、何度目かでこう聞かれる。

「AIスピーカーって、何ができるの?」

AIスピーカーは「スマホ」と同じ

スマートフォンに話しかける男性の様子

この質問にはいつも困る。AIスピーカー「だけ」では、天気予報を聞いたり目覚まし時計がわりに使ったり、簡単な質問に答えてもらったりということしかできないからだ。

しかし、友人からその質問が出るときに期待しているのは「AIスピーカーで“なにを動かせるの?”」であることは明確だ。であれば、答えは「いくらでも拡張できる」ということになるだろう。

これはスマートフォンに似ている。購入した状態のままでスマートフォンを使っていても、できることは限られる。電話やメール、SMS、検索くらいはすぐにでもできるが、たとえば運動のトラッキングをしようとか映画を見ようとかということになれば、アプリが必要になる。

これと同じように、照明を操作しようと思えばZigbeeゲートウェイとスマート照明が必要になるし、玄関キーを自動化したければNestなどのガジェットを買わなくてはならない。また、NetflixをAIスピーカーの指示でストリーミングしたければChromecastやスマートTVが必要だ。

つまり、アプリがそうであるように「自分の欲求に応じて装置を加えていく」と説明するとわかってもらいやすいだろう。

 次ページ >
アプリは無料でもIoTガジェットは有料

関連記事

【インタビュー】賃貸戸建市場の醸成に、スマートホームが活躍する理由

〜ケネディクス株式会社 KoletへのSpaceCore導入ケース〜 2021年8月、アクセルラボ(東京・渋谷)が提供しているスマートホームのプラットフォーム『SpaceCore』が、様々な不動産ファ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.10.06

スマートホームカメラで安心安全な日常を。メリットやおすすめ製品まで

  安心安全な暮らしを実現するために、ホームセキュリティへの関心が高まっています。そこで、リアルタイムな映像をチェックできる「スマートホームカメラ」をご存じでしょうか。住まいの防犯対策や家族 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.10.06

IoT家電とは?おすすめ家電と便利な理由を解説

電子機器やインターネットへの接続技術は、日々進歩しています。 そのため、パソコンやスマホだけでなく、家電をインターネットに接続して使う人が増えてきました。 この記事では、生活の質を底上げするハイテクな ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.09.16

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.