iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2017.10.02
2019.12.04

スマートホームの市場規模はどれくらい?今後の動向予想なども併せて解説!

近年、世間を賑わせている「スマートホーム(スマートハウス)」ですが、その市場規模はどれくらいのものなのでしょうか?今後の動向予想なども含めて解説します。

記事ライター:iedge編集部

IoT化が進む現代、新たな時代が到来するのは間近?

現在、IoTと呼ばれる、インターネットとモノが繋がる時代が到来しています。

あらゆるモノがIoT化されてネットワークに繋がることで、生活の情報などの細やかなビッグデータが収集されます。それらの情報をAI(人工知能)によって解析することで、

・様々な社会問題の解決
・新たな価値の創出
・新たなビジネスモデルの構築

などが可能になり、まさに「新時代」の到来が現実のものとなりつつあります。

その一つとして今話題沸騰中の「スマートホーム」ですが、国内外におけるスマートホーム(スマートハウス)の市場規模はどれくらいの大きさなのでしょうか。また、今後の動向はどのように予想されているのでしょうか?

 

スマートホームとは?

スマートホーム(スマートハウス)の市場規模の話に移る前に、先にスマートホームについて少し触れておきます。

従来、日本におけるスマートホームは「エネルギー・コントロール」に分類されます。

例えば「HEMS(Home Energy Management System)」に代表されるように、主に太陽光発電システムや家庭用燃料電池システムで電気を創り、家庭用エネルギー管理システムを通して「エネルギーの効率利用化」を行い、「省エネ」「蓄エネ」「創エネ」を実現する住宅をスマートホームと呼んでいました。

一方、諸外国(特に北米)は、「エネルギーの効率利用化」以外の「ホーム・セキュリティ」「ホーム・ヘルス」「エンターテイメント」などの部分にも着目して、開発に力を入れています。

具体的には、

・侵入者の防止を防ぐためのセキュリティシステム
・ペットや子供を見守るモニタリングシステム
・介護者や遠隔地の患者を管理するシステム
・オンラインゲームやビデオ等

などのIoT製品が開発され、流通しています。

続いて、スマートホーム(スマートハウス)の市場規模について見ていきましょう。

 次ページ >
スマートホーム(スマートハウス)の市場

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.