iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.10.19
2019.12.26

2018年秋にAppleが発表 従来よりもカメラの性能が向上した「iPhone XS」

毎年秋になると、Appleは新しいiPhoneのラインナップを発表します。iPhone XS、iPhone XS Max、そしてiPhone XRの3機種が2018年秋に発表されました。そのなかでも、iPhone XSは、サイズ的には人気の高かったiPhone SEの後継になるといえるかもしれません。
今回は、iPhone XSのおすすめのポイントを紹介します。

記事ライター:iedge編集部

サイズは発売予定の3機種の中で最小 

iPhone XSのディスプレイサイズは5.8インチで、6.5インチのiPhone XS Maxや6.1インチの廉価版のiPhone XRよりも小さいサイズです。

2017年に販売を開始したiPhone Xと同じサイズに仕上がっています。とはいえ、iPhoneのディスプレイサイズは年々大型化し、販売終了となった4インチのiPhone SEと比較すると、やや大きいといったところでしょうか。

ディスプレイにはテレビにも使用される有機ELを、iPhone Xに引き続きiPhone XSでも採用。 液晶ディスプレイと比べて高価なものの、明るいといった特徴もあり、動きの激しい動画や高速のスクロールでも、はっきりと文字や動きを見ることができます。

指紋認証「Touch ID」を搭載する機種はなくなり、顔認証による「Face ID」でロックを解除できます。

SIMの対応は各国モデルにより異なり、海外モデルでは2枚のSIMカードで、同時に2回線を待ち受け可能な「DSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)」に対応。SIMを挿入するのではなく、eSIMによる書き込み方式でデュアルSIM化を可能にします。

一方、中国市場向けには、2枚のSIMを指して使用できる仕様になっています。9月25日現在、デュアルSIMに対応した国内キャリアの名前が載っていませんが、SoftBankは対応予定と発表しています。

日本で販売されるiPhone XSのSIMカードの対応が気になるところですが、nano-SIMカードを1枚差し込み、残りはeSIMによる書き込み方式でデュアルSIMを実現します。既存のmicro-SIMカードには対応しませんので、注意が必要です。

 次ページ >
カメラ機能の性能もアップ

 

カメラ機能の性能も従来機よりアップ 

iPhone陣営に対抗するAndroid OS搭載のスマホでも、カメラの性能の向上は著しいです。Instagramを使用する方にとっても、カメラの性能は気になるところでしょう。

iPhone XSでは、カメラの機能が大幅に向上しました。背面カメラはiPhone Xと同じ1,200万画素で、広角と望遠レンズによるデュアルレンズカメラを搭載、新型のイメージセンサーを採用しました。

これにより、広角側のカメラのイメージセンサーは、従来よりも32%大型化し、表現力の高い写真を撮影できます。

また、CPUが従来機のA11 Bionicから、iPhone XSではA12 Bionicに変更。「ニューラルエンジン」と呼ばれる機械学習に特化したコアにより、写真撮影時の画像処理等で威力を発揮します。

このほかにも、HDRを強化し、太陽光と暗部を同時に撮影可能で、逆光でも白飛びしにくい仕様になっています。

ポートレードモードの精度が向上したことにより、背景のボケ味を調節できる被写体深度コントロールに対応しました。そのため、撮影後にも自由にボケ具合が調整できるという、インスタグラマーにとっても嬉しい機能が満載です。

 

予備電力機能つきエクスプレスカードに対応 

iPhone 7以降の機種では、Apple PayにSuica(エクスプレスカード)を登録するだけで、決済可能な機能を搭載しました。

iPhone XSからの新機能として、バッテリーがなくなった状態でも一定期間、エクスプレスカードによる決済可能な機能が追加されています。

これにより、たとえバッテリーがなくなってもSuicaなどを使用できます。ただし、クレジットカードの電子マネーには対応していませんので注意が必要です。

バッテリーは従来比で最大30分長いバッテリー駆動時間であることがAppleのサイトに記載されています。CPUの性能アップにより、iPhone XSの省電力性能が向上しました。

防水防塵機能についても、IP68に認定されています。IP68は日本工業規格によって定められた防水防塵の程度を示す等級の1つで、水深2メートルで30分、黄砂などにも耐えられることを証明しています。

 

気になるラインナップと価格は 

iPhone XRより約1ヶ月先立ち、iPhone XSとiPhone XS Maxが2018年9月4日から予約開始になりました。スマホからも予約可能ですが、SoftBank、au、docomoといったキャリアの公式オンラインショップからも予約できます。

記憶容量は64GB、256GB、512GBの3種類、色はブラック、シルバー、ゴールドの3種類が用意されます。価格は、64GBが112,800円、256GBが129,800円、512GBが152,800円になります。

関連記事

NEW

「eneplat」とは|脱炭素化を見据えた住宅用蓄電システムを解説

新たな住宅用蓄電システムであるeneplatは、太陽光で発電される電力を利用し、エネルギー自給自足を目指せるシステムです。詳しい仕組みや今後の展開について紹介いたします。   住宅用蓄電シス ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.27

スマホの効果的な放熱方法を解説!熱を持つ理由や間違った放熱方法も紹介

スマホを使用しているとき、スマホ本体が熱くなることがあります。スマホが熱くなると、故障や画面のフリーズ、最悪の場合は発火や火傷などの危険性があります。 ではスマホが熱くなったときは、どのようにして放熱 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.19

スマートウォッチはソーラー充電が可能?注意点や選び方も紹介

スマートウォッチには便利な機能が備わっており、普段の生活の様々なシーンで広く活用されています。 ただし、一般的な腕時計と比較してバッテリーを多く消費するため、充電をさせる頻度は高くなります。充電作業は ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.13

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2023 AllRights Reserved.