iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.10.07
2019.12.26

防水設計されたポータブルなスマートスピーカー「JBL LINK 10」 

Google HomeやAmazon Echo、LINEのClovaなど、スマートスピーカー市場は百花繚乱状態です。その中でも、米カリフォルニア州ノースブリッジに本拠を置くハーマンインターナショナルが保有するブランドJBLが販売するスマートスピーカーが、JBL LINK 10です。
JBL LINK 10は持ち運びが簡単で、防水機能を搭載しているのが大きな特徴です。今回は、JBL LINK 10の機能について、詳しく紹介します。

記事ライター:iedge編集部

オーディオ製品を多数販売する世界有数ブランドJBL

2016年にサムスンが買収したハーマンは、スマートスピーカーだけでなく、カーオーディオや業務用の音楽機器を販売しています。スピーカー製品の提供でも有名で、携帯音楽プレーヤー用アクティブスピーカーなどの開発や製造を行なっています。

JBL LINK 10は、JBL LINK 20とともにJBLが販売する、Googleアシスタントを搭載したスマートスピーカーです。JBL LINK 10はエントリーモデルという位置づけで、JBL LINK 20よりも、本体がひと回り小さく設計されています。

GoogleアシスタントはGoogleが開発したAIアシスタントで、「オッケー、Google」という呼びかけのあとに話しかけると、AIが認識し、天気や交通情報などの回答を与えてくれます。

 

お風呂でも使用可能な防水機能 

Google HomeやAmazon Echoよりもやや大きめのJBL LINK 10は、ペットボトルのように縦に長い円柱型をしています。大きさは直径86mm、高さ169mmで、重量は710gとコンパクトで、持ち運びも容易に行なえます。JBL LINK 10のコントローラはタッチパネルではなく、押し込み式の物理ボタンを採用しています。

Googleアシスタントを使って音声操作できるだけでなく、本体上部のボタンから音楽の再生や停止、スキップやバックといった操作も可能です。また、背面上部には電源ボタンとバッテリー残量を示すLEDインジケータ、その下にはマイクミュートボタンが備えつけられています。

Google Homeと異なり、防水機能が施され、日本工業規格が規定するIPX7の認定を受けていて、IPX7はApple Watchなどでも認定され、「一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない」と定められています。30分間、水深1mの水中に落としても問題ない程度ですので、風呂場内の浴槽に水没させても問題ないと考えられます。

ただし、防水機能が施されているため、マイクの感度が低く、ちょっと離れた場所の場合は、声を張らないと「オッケー、Google」に反応しないという声もあります。その反面、音の通りはよく、中域が元気で高域はしっとりとした良音だと評判です。

 次ページ >
ストリーミング再生も可能

 

連携アプリでストリーミング再生も可能 

JBL LINK 10もGoogle Home同様、Googleアシスタントを搭載していますので、基本的な操作はGoogle Homeと同じです。JBL LINK 10を電源に接続し、連携させるGoogle Homeアプリで「デバイスアイコン」をタップすると、JBL LINK 10を検出します。Wi-Fiの設定もスマホ側で行なえ、現在位置情報や、使いたい音楽ストリーミングサービスを登録して完了です。

Chromecast built-in搭載スピーカーですので、SpotifyやGoogle Play Musicといった音楽ストリーミングサービスを、スマホで音楽再生できます。音楽再生はWi-Fi経由なので、高音質なサウンドを楽しめます。

Bluetooth接続でも音楽再生可能で、Bluetoothスピーカーとして音楽を楽しむこともできます。本体はリチウムイオンバッテリーを採用し、持ち運びも容易に行なえます。

バッテリー駆動時間も約5時間と長く、アウトドアでBluetoothスピーカーとして使用することや、Wi-Fiを経由してGoogleアシスタント機能を使うのも可能です。

※ただし、Bluetooth接続によるハンズフリー通話には対応していませんので、注意が必要です。

 

気になるJBL LINK 10のラインナップと価格は? 

JBLは、JBL LINK 10とJBL LINK 20の2つをラインナップとして用意しており、JBL LINK 10のほうが若干小さく設計されています。

JBL LINK 10、JBL LINK 20ともに、選べるカラーはブラックとホワイトの2色です。ハーマンの公式通販サイトから購入可能で、JBL LINK 10は11,750円、JBL LINK 20は16,070円で販売されています。

※ともに税別価格

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.