iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.10.11
2019.12.26

【エンタメ作品が描き出すAIの未来 vol.3】神林長平「帝王の殻」で描かれる自分自身のクローンAIを世界は求めるだろうか?

記事ライター:Yuta Tsukaoka

火星の「帝王」が作り上げた情報網の中で

飛び交う情報ネットワークのイメージ図

今回取り上げるのは、「帝王の殻」(神林長平/ハヤカワ文庫 1990年)である。SFファンにとっては絶対必読の一冊なので、読者の中にも読んだことのある人は多いだろう。

そして、読んだことがあればこれから私が書こうとしていることが何となく分かってしまうのではないかと思う。たぶん、その予想の通りだがマーケティングなどと絡めた考察をしようと思っているのであと600文字ほど我慢して読んでみてほしい。

さて、まずは本作を未読の方に向けて概要を説明しよう。

舞台は近未来の火星。ストーリーはその火星を「帝王」として事実上支配している秋沙能研(あいさのうけん)の能研長、秋沙享臣が亡くなるところから始まる。火星の北半球には秋沙能研によって整備された「アイサネット」と呼ばれるネットワークが引かれ、人々はアイサネットと接続されたPAB(=Personal Artificial Brain/パーソナル人工脳)を持っている。これは自分自身の脳の完全なクローンAIを搭載した銀色のボールで、副脳とも呼ばれている。

これと会話 ――つまり自分自身との会話を通じて人々は心の平静を得たり、また自分の代わりに誰かと会話させたり、自分自身の脳では覚えきれない記録を引き出したりしながら生活し、死ねば「不滅霊園」にPABが葬られる。

つまり、火星に住む人類の半分は秋沙能研のネットワークに依存しており、これが秋沙能研の能研長を「帝王」たらしめる理由である。
その帝王の遺言は2つ。帝王の孫である真人をつぎの帝王にすること。そして死後も自分のPABは不滅霊園に安置せず、生かしておくこと…。

つまり、タイトルである「帝王の殻」というのは先代が法を超越してまで残した彼のPABのことである。

死してなお帝国を支配する父、次代の帝王となる息子の間で揺れる主人公の葛藤、そしてPABとアイサネットを中心に繰り広げられるディストピア(と言っていいだろう)SF的な展開が魅力の一冊だ。

 

スマホという形で現代人はすでに「PAB」を持っているのではないか?

スマホを操作している女性の手元

本作を未読の読者でも、あらすじを読んで私の言いたいことがわかってしまっただろう。そう、この作品 ――30年近く前に描かれたこの作品に登場する「PAB」はスマホの姿にとても似ている。

SiriやGoogle Assistantの登場でスマホは必ずしもコミュニケーションツールではなくなった。ぎこちないが冗談にも応じてくれるし「近くのタコベルはどこ?」と聞けば経路案内に合わせて営業時間も教えてくれる。

また、iOSもAndroidもヘルスケア系のAIツールが標準で付属し、1日の運動量の目安を計算して達成すれば褒めてもくれる。

まさにPABのような「人生の伴侶」となりつつあるスマホだが、大きな違いはPABが「自分自身のコピー」だということだろう。

冒頭での約束通り、ここからはマーケティングの可能性を絡めた考察を書いていく。

 次ページ >
いかに信頼を獲得するか

 

もっとも信頼できる相手は、もっとも油断している相手

「GDPR」と書かれたキーボード

いま、我々がサービス利用料を支払わずにGoogle検索やSiri、Facebook、Amazonなどを利用できるのは個人情報を代金として提供しているからだ。
なので、GAFA(Google, Apple, Facebook, Amazon)は常に最高のサービスを目指し、私たちが気持ちよく個人情報を差し出せるように洗練させていく。

しかし、これら個人情報収集ツールの未来も明るくはない。
EEAですでに施行されているGDPRや、2020年にカリフォルニアで施行されるCCPAなど、個人情報を守る動きが盛んだからだ。

これから世界中にこの動きは波及すると思うが、消費者の個人情報を守る法令の基本方針は変わらずに2つだろう。
1つは「情報の提供先を自分自身で選べるようにすること」、そして「好まない情報提供は無条件に停止できること」である。

そのため、企業は「信頼」の獲得が急務となる。情報提供をしてもいいと思える信頼を勝ち得ないことには事業のベースとなる個人情報が集まらず、広告ビジネスはもちろんこれからのAI開発競争にも勝てなくなってしまうからだ。

そのための方法として、オプトアウト(情報提供の停止)手続きの入り口をわかりやすくするとか、社会奉仕活動を盛んに行うとか、情報流出について細心の注意を払うといったことに大きな予算をかけている。

ここで私は提案したい。PABには企業が信頼を勝ち得るためのヒントがある。

どのようなウェブサービスも「ツール」以上のものにはなりえないが故に、こと信頼獲得については越えられない壁が存在する。ユーザーに向き合うインタフェイス ――顔、人格が不在なのである。だからといってゆるキャラを作るのが得策とも言えない。不気味な梨の妖精を信頼できるかと言えば… 少なくとも個人的にはとてもそんな気にはなれないからだ。

自分のコピーと向き合うイメージ図

ではどうするか。そう、PABのように「ユーザー自身のコピー」を持つことである。どんな人間でも、自分自身に対して ――他人に向けるような警戒心を持つことは難しい。どうしても油断してしまう。

もちろん容易なことではないだろう。というか、今のところ実現の可能性がゼロとは言えない、というレベルの夢ものがりである。しかし、自分自身のことを自分自身よりもよく知っていて、否定されることもなく、話の合う相手であれば個人情報の提供もスムーズなのではないだろうか。

本作「帝王の殻」では、それがどうも上手くいかないということも示唆されているのだが、それはぜひ読んで確認してみてほしい。

いずれにせよ、信頼を勝ち得るためのサービスとして「ユーザー自身のコピーを提供する」ことの可能性を頭の片隅に置きながら読んでみるとこの作品を数倍は楽しく読めるだろう。

<このライターの記事をもっと読む>
【エンタメ作品が描き出すAIの未来 vol.1】マンガ「デモクラティア」から考える「ひらめき」を持ったAIの可能性
【エンタメ作品が描き出すAIの未来 vol.2】映画「her / 世界でひとつの彼女」で予告されるAIと人間が恋に落ちる未来

関連記事

NEW

「eneplat」とは|脱炭素化を見据えた住宅用蓄電システムを解説

新たな住宅用蓄電システムであるeneplatは、太陽光で発電される電力を利用し、エネルギー自給自足を目指せるシステムです。詳しい仕組みや今後の展開について紹介いたします。   住宅用蓄電シス ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.27

スマホの効果的な放熱方法を解説!熱を持つ理由や間違った放熱方法も紹介

スマホを使用しているとき、スマホ本体が熱くなることがあります。スマホが熱くなると、故障や画面のフリーズ、最悪の場合は発火や火傷などの危険性があります。 ではスマホが熱くなったときは、どのようにして放熱 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.19

スマートウォッチはソーラー充電が可能?注意点や選び方も紹介

スマートウォッチには便利な機能が備わっており、普段の生活の様々なシーンで広く活用されています。 ただし、一般的な腕時計と比較してバッテリーを多く消費するため、充電をさせる頻度は高くなります。充電作業は ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.13

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2023 AllRights Reserved.