iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.09.06
2019.12.04

警察庁がAIによる犯罪捜査と防犯に本腰を入れた 「サイコパス」な未来が訪れるだろうか?

記事ライター:Yuta Tsukaoka

AIによる「即時量刑、即時執行」のシステムが確立した世界

屋内に設置された監視カメラの写真
※写真はイメージです

「サイコパス」というアニメをご存知だろうか。

近年のクライムスリラーアニメとしては出色のできの1本だ。この作品の中核にあるのが「シビュラシステム」と呼ばれるAIによって「即時量刑、即時執行」を実現する「ドミネーター」という特殊銃である。ドミネーターは、それを向けた人物の「犯罪係数」を即時に判断し「これから起こりうる犯罪」を予測、その予測をもとにして量刑と執行(場合によっては死刑)を行う。

同じようにシビュラシステムに接続されたカメラが街のあちこちに設置され、すべての住人は犯罪係数を監視されながら生活し、平和な暮らしを送りながらも、自身のメンタルを常に気にかけて暮らしているという世界観設定となっている。

どこか「ブレードランナー」に近い雰囲気を感じさせる作品で、往年のSFファンから若いアニメ好きまで楽しめる作品になっているのでぜひ見てみてほしい。

 次ページ >
現実の現代社会ではどうだろうか?

 

現実世界でも警察庁がAIによる犯罪捜査・防犯の仕組みの導入を検討している

警察官と監視カメラ
※写真はイメージです

この「サイコパス」のような世界がすぐに来るとは思えないが、警察庁は犯罪捜査と防犯に使えるAI開発に1億4000万円以上の予算をつけた。

IBMのワトソンに使われた開発費が10億ドルというから決して多い金額ではないが、日本でもっとも有名なAIプロジェクトの1つ「東ロボくん」の予算が3000万円であったことを考えれば国内プロジェクトとしては十分に高額である。

警察庁はいったい何をしようとしているのだろうか。毎日新聞の記事によると、主な目的は以下の3つである。

1.犯罪に使われた車両を不鮮明な監視カメラ画像から正確に判別する
2.金融機関や信販会社から寄せられる「疑わしい金融取引」から事件性の高いものを抽出する
3.大規模イベントを狙ったテロリストをリアルタイムの監視画像から割り出す

1の「車両判別」はAIの得意とする画像認識技術の応用で可能だろう。あらゆる車両の外観データをすべてAIに覚えさせ、不鮮明な画像からでも車種の判定を行おうというものである。

全国に配置されている防犯カメラの画質は設置時期によりまちまちで、また夜間撮影への対応もされていないものがある。これまで「写っていたのに不鮮明で気が付けなかった映像」からも犯罪車両を見つけようという試みだ。

2については多少複雑なシステムを要する。車両の外観データは膨大とはいえ有限なのですべて覚えこませるだけだが、金融取引の「疑わしさ」を判定するには理論的にその理由を検討させる必要があるだろう。AIにとってはまだ苦手分野である。

知識(データ)の詰まった袋から正解のものを瞬時に選び取ることはできても、「正解が混ざっているかどうかわからない」袋から「正解かもしれない」ものを選び取るのは難しいのだ。

他の記事でも触れたとおり、AIには人間の「常識的な」判断、言い換えれば「理論化できない理由による」判断が苦手だ。フレーム問題もあるし、そもそも理論化できないのだからコンピュータであるAIにその理論を教えることができない。

どのように実現するのか、楽しみに見届けたいところである。

最後に、3の犯罪者の割り出し。これはなんとなく冒頭で紹介した「サイコパス」を彷彿とさせるが、どのような理屈で実現するのだろうか。

 次ページ >
「疑わしさ」の判断と逃げ道

関連記事

NEW

台風災害にも役立つ!?自由自在に開閉できる安心の国産IoTカーテン「eCurtain」とは

国内で初のスマートカーテン!eCurtainとは eCurtainは日本企業である「株式会社リンクジャパン」が開発した、国内初のスマートカーテンです。「Wi-Fi」に接続して利用するタイプになります。 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.20
NEW

血中酸素センサー搭載!新モデルApple Watch Series 6の機能まとめ

メディアの予想的中!Apple Watch Series 6は9月16日のイベントで発表 2020年9月16日のイベントに先駆け、ニュースメディア大手の「米ブルームバーグ」は ・新型Apple Wat ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.19
NEW

Garmin(ガーミン)がお届けする活動量計Vivofit4のこの機能が凄い! 

365日24時間ウェアラブルなVivofit4 Vivofit4を365日24時間身に着けることが可能(ウェアラブル)で、約1年間電池を交換する必要がありません。上位モデルが最大でも7日しか連続使用で ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.18

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.