iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.09.19
2019.12.26

Amazon Alexaに対応したソニーのスマート照明「マルチファンクションライト」 

ソニーネットワークコミュニケーションズが一般向けに販売を開始した「マルチファンクションライト」は、Amazon Alexaに対応したスマート照明です。不動産仲介のスターツグループがマルチファンクションライトの導入を決定するなど、売れ行きは好調です。

しゃべることができるマルチファンクションライトの驚くべき機能について紹介します。

記事ライター:iedge編集部

スマートスピーカーの登場で再注目された「マルチファンクションライト」

マルチファンクションライトは、2016年にソニーからBtoB向けに販売されていました。

Google HomeやAmazon EchoといったAIアシスタントを搭載した「しゃべる」スマートスピーカーの登場により、スマート家電の認知度は高まりました。そのため、ソニーはマルチファンクションライトの一般販売を開始しました。

マルチファンクションライトの構成ですが、「LEDシーリングライト」と呼ばれる天井部分に直接取り付ける照明器具に、コントロール機能を搭載しています。LEDシーリングライトは、場所も取らず、配線の必要もないことから、ワンルームなどで好評です。

LEDシーリングライト部分は8畳相当の明かりを照らします。照明の明るさも変更可能で、電球色から昼光色のあいだで調整可能です。

マルチファンクションライトの中心部に取りつけられた「マルチファンクションユニット」が、コントロール機能をつかさどります。

マルチファンクションユニットには、スマホと連携させるためのWi-Fi機能、家電を操作するための赤外線通信機能、マイクやスピーカーなどが搭載されています。マルチファンクションユニットを介して、エアコンやテレビの操作をおこなえる機能もあります。

またマルチファンクションユニットには、人感センサーが内蔵されており、部屋に人が入るとテレビや照明を自動でつけたり、部屋から人が離れると自動で消したりするなど、便利な機能も搭載しています。

マルチファンクションユニットに内蔵された温湿度センサーにより、室内環境を監視する機能もあります。専用アプリから湿度や温度をグラフで確認できるほか、室内が熱くなると「温度が高くなっています」とスピーカーから音声で促してくれるので便利です。

 次ページ >
スマートフォンからの操作方法

 

マルチファンクションライトの操作方法

マルチファンクションライトは、スマホにインストールした専用アプリから操作できます。

Wi-Fiでマルチファンクションユニットとスマホとを連携するため、面倒なペアリング操作をする必要もありません。専用アプリ「MF light」はAndroid用とiOS用の2種類がありますので、所有する通信端末のOSにあわせてインストールするといいでしょう。

専用アプリから、マルチファンクションライトをつけたり消したりできるほか、マルチファンクションユニットに搭載されたスピーカーから音楽を流す操作も可能です。

アプリでは、「おやすみモード」、「おはようモード」、「カスタムモード」といった6種類のモードを選択できます。たとえば、おはようモードの場合、照明がつき、音楽が流れ、エアコンが入るといった動作をアプリから設定できます。

また、Amazonが販売するスマートスピーカーAmazon Echoにも、マルチファンクションライトは対応しています。Amazon EchoはAIアシスタントのAmazon Alexaが搭載され、連携することで、Amazon Echoに話しかけるだけでマルチファンクションライトの操作が可能です。

たとえば、「アレクサ、照明をつけて」とAmazon Echoに話しかけると、マルチファンクションライトの照明をつけることができます。それ以外にも、明るさの変更や、色の変更も可能です。

マルチファンクションライトはテレビやエアコンとも連携可能ですので、Amazon Echoを介して、テレビやエアコンの電源を消したり、つけたりすることも可能です。

現段階でマルチファンクションライトと連携できる家電は、テレビとエアコンだけです。赤外線を介してこれらの家電と連携しますが、アプリからメーカー名などを選択し、機器を登録する仕組みになっています。

 

気になるマルチファンクションライトのラインナップと価格は

今回、市販にあたって、ソニーはLEDシーリングライトのラインナップを増やす予定です。「LGTC-20」はオリオン電機の製品で、12畳まで対応したLEDシーリングライトです。

今後はほかの電機メーカーと協業で、より広いリビングルームに対応したLEDシーリングライトを販売する予定となっています。マルチファンクションユニットの単品販売も行っており、「LGTG-100/WHC J1」は3万円程度で販売されています。

(画像引用:https://www.sony.co.jp/Products/multifunctional-light/)

関連記事

NEW

「eneplat」とは|脱炭素化を見据えた住宅用蓄電システムを解説

新たな住宅用蓄電システムであるeneplatは、太陽光で発電される電力を利用し、エネルギー自給自足を目指せるシステムです。詳しい仕組みや今後の展開について紹介いたします。   住宅用蓄電シス ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.27

スマホの効果的な放熱方法を解説!熱を持つ理由や間違った放熱方法も紹介

スマホを使用しているとき、スマホ本体が熱くなることがあります。スマホが熱くなると、故障や画面のフリーズ、最悪の場合は発火や火傷などの危険性があります。 ではスマホが熱くなったときは、どのようにして放熱 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.19

スマートウォッチはソーラー充電が可能?注意点や選び方も紹介

スマートウォッチには便利な機能が備わっており、普段の生活の様々なシーンで広く活用されています。 ただし、一般的な腕時計と比較してバッテリーを多く消費するため、充電をさせる頻度は高くなります。充電作業は ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.13

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2023 AllRights Reserved.