iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.09.17
2019.12.19

人気声優のボイスで会話できる異色のスマートスピーカー「QUUN」

九州電力は、AIを利用したIoTサービスのQUUNを開始しました。QUUNはスマートスピーカーを介して、人気声優の声でニュースや天気をお知らせするサービスです。

購入者と一緒に「キューン」とする毎日を過ごせるという願いで名づけられたQUUNですが、今回はその一風変わったスマートスピーカーの機能について紹介します。

記事ライター:iedge編集部

九州電力が独自展開するスマートスピーカー

スマートスピーカーというと、Google HomeやAmazon Echo、LINE Clovaが有名です。QUUNは九州電力が発売するスマートスピーカーで、電気料金の確認や家電操作が行なえるなど、独自のサービスを展開しています。

スマートスピーカーの特徴はなんといっても、AIを搭載している点です。Google Homeの場合、「オッケー、Google」という呼びかけのあとに命令すると、「Google Assistant」と呼ばれるAIが命令を認識し、呼びかけに応答します。

QUUNの場合、九州電力が独自に開発した音声AIエンジンを採用しています。「QUUNボイス」と呼ばれる機能で、「ハロミント」という呼びかけのあとに命令すると、搭載されたAIエンジンによって応答します。

なお「ハロミント」という呼びかけは標準搭載されているものですが、ユーザーごとに好きな呼びかけを自由に設定することもできます。

QUUNが発する標準ボイスは声優の雨宮天さんが採用され、秋にはアニメキャラクターのボイスが追加される予定です。6種類のアニメキャラクターから4つまで設定できます。そのため、家族毎に呼びかける名前を別々に設定することも可能です。

「ハロミント」という呼びかけのあとにQUUNに話しかけると、家電の操作や、自宅を見守る機能が搭載されています。ニュースや天気、占いや雑談などにも、QUUNは対応します。

ほかのスマートスピーカーとQUUNとの大きな違いは、ボイス以外にも話し方を変更できる点です。「SMART」「CUTE」「FRIENDLY」「HERO」の4種類から選択可能で、好みの性格に設定できます。

 次ページ >
QUUNが提供する数々のサービス

 

QUUNが提供する数々のサービス

「QUUNボイス」と連携したサービスには、次の4つがあります。

「QUUNオートメーション」は、音声端末に話しかけて家電を操作するサービスです。連携可能な赤外線コントローラーや照度センサーに対応します。対応家電は、テレビ、エアコン、照明といった、赤外線リモコンで操作可能な製品です。

スマートスピーカーの基本機能として音楽視聴が挙げられますが、2018年8月現在QUUNに対応した音楽配信サービスはありません。代わりに、ジャンル別のBGMを再生する機能が備わっています。

「QUUNセーフティ」は外出時の見守り機能で、ドアセンサーやサイレンと連携します。外出時も、室内にいるときも侵入者の検知が可能で、検知すると連携したアプリやメールへ通知します。不安なときは、セコムとの契約にもとづいて駆けつけるサービスもあります。

※「QUUNセーフティ」と、後述の「QUUNファミリーリンク」の対応エリアは限定されますので、注意が必要です。

「QUUNファミリーリンク」は遠方に住む高齢者を見守る機能で、連携した非常用の多機能ボタンを押すと、スマホにインストールしたアプリに通知が届きます。

また、QUUNセーフティ同様にサイレンと連携し、不安なときにはセコムに駆けつけを依頼するサービスがあります。このほかにも、QUUNファミリーリンクを活用して、電気使用量を確認できます。

「QUUNエナジー」は、スマートメーターと連携して、電気の使用量を可視化する機能です。QUUNエナジーを活用し、節電目標にチャレンジできます。(※ただし、九州電力と電気の支払いを契約していることが条件としてあります)

 

QUUNの気になるラインナップと価格は?

QUUNは2018年8月現在、公式ホームページからのみ、申し込みと購入が可能です。申し込みしたのち、4日程度でQUUNが発送されます。

初期費用ですが、サービス利用契約時に3,000円かかります。購入代金は、

音声対話デバイス 12,000円
ドア・窓センサー 3,000円
マルチセンサー 4,050円
温湿度・照度センサー 3,000円
サイレン 5,100円
多機能ボタン 2,900円
赤外線コントローラー 9,750円

となっています。

月額利用料金は、

QUUNエナジー 無料
QUUNボイス 無料
QUUNオートメーション 520円
QUUNセーフティ 720円
QUUNファミリーリンク 850円

です。ただしQUUNエナジーとQUUNボイスを選択すると、月額500円が発生します。

このほか、セコム駆けつけサービスは1回30分毎に5,000円、訪問サポートサービスが1回毎に15,000円になっています。
※両サービスとも、提供区域は福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県の一部です。

(画像引用:https://www.quun.life/)

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.