iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.08.18
2019.12.26

DribbleUp社が提供する、スマホと連携したサッカーボール「Smart Soccer Ball」が凄い!

アメリカのスタートアップ企業DribbleUp社が提供する、スマホアプリと専用のサッカーボールを連携させたトレーニングツールがDribbleUp Smart Soccer Ballです。Smart Soccer Ballの驚くべき機能と、それを使ったトレーニング法について紹介します。

記事ライター:iedge編集部

DribbleUp社が開発したSmart Soccer Ball

Smart Soccer Ballを開発したDribbleUp社はクラウドファンディングを活用して、開発資金を調達しました。Kickstarterはアメリカ大手のクラウドファンディングサイトで、クリエイティブな開発のための資金調達手段を提供し、投資者に資金の返済義務がないことから注目を浴びています。

当初Smart Soccer Ballは1万ドルを目標に、資金を集めました。Kickstarterでの募集は終了し、2018年7月現在89.99ドルでSmart Soccer Ballは販売されています。

 

Smart Soccer Ballで活動量を記録する仕組み

Smart Soccer Ballには、スマホアプリと連携するためのセンサーがボールに内蔵されていません。そのため、Smart Soccer Ballを充電する必要もなく、キックの衝撃でSmart Soccer Ballが壊れる心配もなしです。

Smart Soccer Ballの材質は、ポリウレタン樹脂「PUレザー」です。PUレザーは合成皮革の一種で、編物をベースに、ポリウレタン樹脂を塗布し、皮革に似せています。通常の皮革よりも価格が安いのが特徴です。

Smart Soccer Ballを使うと、その際の運動に関する活動量が記録されます。センサーを用いず、離れた場所に設置したスマホから、Smart Soccer Ballを使った運動を計測します。

具体的には、スマホに内蔵されたカメラアプリにSmart Soccer Ballを認識させて、ボールの動きを追跡します。スマホを三脚に設置し、Smart Soccer Ballを追跡しますが、専用の三脚もSmart Soccer Ballとともに同封しているので安心です。

Smart Soccer Ballを使った活動量の記録方法ですが、まずはスマホにSmart Soccer Ballと連携させるアプリをインストールします。あとは、専用の三脚にスマホを設置し、Smart Soccer Ballを使って運動を計測させるだけです。

 次ページ >
スマホアプリを使ってトレーニング

 

Smart Soccer Ballと連携するスマホアプリを使ってトレーニング

スマホアプリに表示されるガイドにしたがって、Smart Soccer Ballを使って練習を行ないます。Smart Soccer Ballの練習方法は、リフティング、ドリブル練習、シュート練習の3種類です。練習のレベルも多岐にわたり、4歳児からプロレベルまで対応します。

スマホにインストールされたアプリで練習を開始すると、アメリカ出身のジャマイカのサッカー選手であるYannick Salmonが練習方法を動画で教えてくれます。実際に練習を開始すると、Salmon氏が声でコーチする機能もあります。

スマホに表示された練習メニューをこなすと、Smart Soccer Ballと連携したスマホアプリに成績が表されます。練習時間や、運動強度を表すDPS「Depth Per Stroke」や「crossover」等が表示されます。

これらの記録された活動量に基づいて、Smart Soccer Ballの専用アプリがデータ分析を行ないます。100点満点での点数表示と、A+やB+といったランク付けを行ないます。ランク付けとともに、スピードや安定性などがパーセント表示されるので目安になります。

専用アプリが設定した基準を満たすと、次の練習に移ることができます。Smart Soccer Ballを使うと、ゲーム感覚で、サッカーの練習が楽しめます。

 

気になるSmart Soccer Ballのラインナップは?

KickstarterでSmart Soccer Ballの資金を調達した際には、49ドル以上を出資したサポーターにSmart Soccer Ball一式が提供されました。Kickstarterでの資金調達が終了した現在、ウェブサイト上でSmart Soccer Ballが販売されています。

2017年11月当初は99.99ドルでしたが、2018年7月現在89.99ドルでSmart Soccer Ballは販売されており、Amazonでも購入可能です。Amazonでのラインナップは、小学生用の4号「20.5cm」と、中学生以上用の5号「22cm」、スマホを設置する三脚付きのセットの3種類です。

Smart Soccer Ballは子供からプロレベルのサッカー愛好者にも幅広く対応します。ぜひSmart Soccer Ballを導入して、サッカーの実力の底上げを図ってはいかがでしょうか。

(画像:DribbleUp)

関連記事

【インタビュー】賃貸戸建市場の醸成に、スマートホームが活躍する理由

〜ケネディクス株式会社 KoletへのSpaceCore導入ケース〜 2021年8月、アクセルラボ(東京・渋谷)が提供しているスマートホームのプラットフォーム『SpaceCore』が、様々な不動産ファ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.10.06

スマートホームカメラで安心安全な日常を。メリットやおすすめ製品まで

  安心安全な暮らしを実現するために、ホームセキュリティへの関心が高まっています。そこで、リアルタイムな映像をチェックできる「スマートホームカメラ」をご存じでしょうか。住まいの防犯対策や家族 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.10.06

IoT家電とは?おすすめ家電と便利な理由を解説

電子機器やインターネットへの接続技術は、日々進歩しています。 そのため、パソコンやスマホだけでなく、家電をインターネットに接続して使う人が増えてきました。 この記事では、生活の質を底上げするハイテクな ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.09.16

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.