iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.08.12
2019.12.26

持ち運び可能なポケットプロジェクター Anker Nebula Capsule

大人数での上映会や会議など、プライベートからビジネスシーンまで、プロジェクターが活躍する機会は多く見られますが、実際にプロジェクターを所有している人はその有用性と比べてそれほど多くありません。

ましてや、常に携帯しているとなれば、そのような人はほとんどいないかと思われます。今回紹介するNebula Capsuleは、そんなプロジェクターを携帯可能なほど小型化した、おすすめ新製品です。

記事ライター:iedge編集部

手軽にプロジェクターを体験したいならポケットプロジェクターがおすすめ

プロジェクターを所有したいと思っても、まず本体が高価ですし、巻取り式のスクリーンなどを全て揃えると、かなりの値段になります。そんな時は、ポケットプロジェクターが良い選択肢かもしれません。

これらのポータブルデバイスは、従来のプロジェクターよりも安価で、バッテリー駆動のものも多いため、レジャー用とでも大活躍が期待できます。

例えば、夏の公園で、友人たちと過去に撮影した映像を見ながら語らうのもよし、映画を見て盛り上がるのもよし、急な会議の場でパワーポイントのスライドを再生することにも利用可能です。

Nebula Capsuleはこれらの用途にぴったりのポケットプロジェクターで、バッテリー持続時間も4時間と、映画を見るには十分な容量です。

また、設定や設置もそれほど難しくありません。手の込んだホームシアターシステムと比較する気はありませんが、外出先で映画を見るなどの用途でプロジェクターを探しているなら、Nebula Capsuleが良い選択肢となるでしょう。

 次ページ >
Androidベースの使いやすいUI

 

Androidベースの使いやすいUI

Anker Nebula Capsuleは、AndroidをベースにしたOSを搭載しているため、初めてでもある程度扱いやすいインターフェースで操作できます。屋外使用を考えると、最も簡単に扱えるプロジェクターではないでしょうか。

もともとはクラウドファンディングサイトIndiegogoで1.4億円もの投資を集め、商品化されたNebula Capsuleですが、見た目はほぼ350ミリリットルの缶と同サイズのあっさりしたものです。

Bluetoothスピーカーとして使用することも可能で、本体上部のボタンでスピーカーモードとプロジェクターモードを切り替えることができます。

Android搭載のため、インターネット環境さえあれば、YouTubeやNetflix、Amazonプライムビデオなどの動画サービスにも単体でアクセス可能です。

もちろん、HDMIを介してPCに接続する必要もありません。これは、取り回しの点で大きな利点となります。また、AirPlayやMiracastを使用して、スマートフォンの画面をプロジェクターで投影することも可能です。

加えて、Nebula Capsuleはポータブルプロジェクターや同サイズのスマートスピーカーと比べても、驚きの音質を備えています。外付けのスピーカーを使用しなくても、大迫力のサウンドで映画を楽しめますし、ボタン一つでスピーカーモードにも切り替えることができます。

バッテリーは、最大4時間のビデオ再生と、30時間の音楽再生が可能です。実際、2.5時間の映画をバッテリーで上映しても、問題なく最後まで観ることができました。

付属のリモコンでは直感的な操作が可能で、iOS / Androidアプリからも、スムーズなコントロールが可能です。アプリ自体は非常に簡単な操作が可能ですが、携帯電話とのペアリングに時々問題があります。

 

画質はフルスペックのものと比べると劣る

解像度は854×480で、最大100インチの画像を投写し、実際に見た画質も良好でした。もちろん、他のフルHDや4Kのプロジェクターと比べると画質では比較になりませんが、これは携帯性とのトレードオフです。

ただ、単独で見る分には、文字が視認できないといった問題は発生しなかったため、家の中で使う分にも必要十分なレベルに感じました。

価格は3万9,800円と、プロジェクターを持っていない人にとっては少々高いかもしれませんが、優秀なスピーカーを備えたAndroidデバイスにプロジェクターもついてくるとなれば、それほど高いものでもありません。

それでも画質が気になるというのなら、LGのPH550プロジェクターを検討するといいかと思います。Nebula Capsuleより明るい550ルーメンで、1280 x 720の解像度で投影し、明るさ、色、コントラストなど、あらゆる種類の表示設定を簡単に調整できるリモコン付きです。

また、HDMI、USB Type-A、3.5mmオーディオジャック、TVチューナーなど(国内未対応)、数多くのポートオプションがあります。

しかし、機能的には充実しているものの、PH550は約6万円と、Nebula Capsuleに比べて非常に高価です。やはり、価格等のバランスを考えれば、Nebula Capsuleが最もおススメのポータブルプロジェクターと言えるかもしれません。

(画像引用:https://www.anker.com/)

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.