iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.08.11
2019.12.26

水槽を掃除するだけでなく魚を撮影するMOAIが凄い!まるでルンバみたい

中国の深センに拠点を置くグループが開発したMOAIは、水槽を掃除する機能と泳ぐ魚を撮影する機能とを搭載したハイブリッドな掃除ロボです。今回は、スマホとの連携も可能なMOAIの驚くべき機能と、その使い方について紹介します。

記事ライター:iedge編集部

Kickstarterで資金を調達したMOAI

Kickstarterはアメリカのニューヨークにあるクラウドファンディングを提供するサービスです。クリエイティブな開発者用のクラウドファンディングであるだけでなく、投資者に資金を返済する必要もないので、クリエイターから注目を浴びています。

中国深センのエンジニアやデザイナーらが開発したMOAIは、当初30,000ドルを目安に、資金調達を開始しました。2018年7月現在、約134,000ドルもの資金調達に成功しています。


(Video:YouTube/MOAI)

 

水槽を自動で掃除するMOAI

自動で掃除するロボットというと、iRobot社のRoomba「ルンバ」を思い浮かべるでしょう。ルンバは自動で部屋の隅々まで床掃除を行なう自動掃除機ですが、MOAIもまた水槽内を自動しながら掃除します。MOAIはまさに、水槽版ルンバとも呼ぶべき掃除ロボットです。

MOAIが優れているのは、水槽の内側と外側の両方を掃除する点です。熱帯魚が入ったままの水槽の内側を掃除するのは面倒ですが、MOAI一台あれば、面倒な水槽の掃除を内側も外側も自動で行ないます。

 

MOAIが水槽を自動で掃除する仕組み

MOAIは、掃除用のパッド、水槽に吸着する磁石、MOAIを制御するロボットの3つの部分から構成されます。

設置方法は、水槽にMOAIを取り付けるだけです。水槽の外側にMOAIを制御するロボット、水槽の内側に水槽に吸着する磁石を取り付けてドッキングさせるだけで、磁石の内側には掃除用パッドが付属し、パッドで水槽を掃除する仕組みになります。

一見、磁石で水槽にくっつきながら掃除するので、MOAIが水槽から外れて落ちそうに思えます。しかしながら、この難点を克服したのがMOAIで、強力磁石のおかげで水槽からMOAIが水槽から落ちる心配がありません。

MOAIは、スマホにインストールされた専用のアプリを使用するだけで、スマホから掃除の時間を予約することが可能です。一旦予約をするとスケジュール通りにMOAIが水槽を掃除し、水槽に藻類が付着するのを防ぎます。

一旦掃除した経路は二度と通過しませんので、MOAIは効率よく水槽を掃除します。専用アプリから、水槽内で掃除する箇所を指定できるのも便利です。MOAIに搭載された超音波センサーを使って、砂などの水槽内の障害物を避けて掃除できます。

水槽に取り付けられたドックには充電機能があり、MOAIのバッテリーが切れると自動でドッグに戻って充電されます。この点もルンバと類似します。

 次ページ >
熱帯魚の観察も可能

 

MOAIを使って熱帯魚の観察も可能

MOAIの驚くべきもうひとつの機能が、撮影機能です。MOAIに搭載したカメラによって、水槽内を24時間撮影できます。ライブストリーミングも可能で、スマホにインストールされた専用アプリで、熱帯魚を観察できます。

Wi-Fiを通じて、MOAIをスマホから遠隔操作でき、MOAIを好きな場所に移動させたり、カメラをズームさせたりできます。カメラアングルも120度と広角で、1080ピクセルのHD撮影も可能です。

一旦撮影された画像や動画は、専用アプリを使ってSNSにシェアできます。このほかにも、水槽内のお気に入りの位置をブックマーク可能です。スマホにインストールされたアプリから、ボタンひとつでMOAIを移動できます。

オートクルーズ機能もMOAIには搭載されます。エリアを水平に探索したり、ブックマークしたエリアをクルーズしたりします。

 

気になるMOAIのラインナップとその価格は?

Kickstarterで寄付を募ったMOAIですが、2018年7月現在2種類のラインナップが用意されています。通常版のMOAIと、上位モデルのMOAI Plusの2種類です。2017年11月までのキャンペーン期間中は、EARLY CATCH版が販売されました。

MOAIが169ドル、MOAI Plusは189ドルで販売されましたが、すでにEARLY CATCH版は販売終了です。2018年7月現在発売されているラインナップは、MOAIは199ドル、MOAI Plusは219ドルです。

2種類のMOAIの違いですが、対応する水槽のガラスの厚さが異なります。MOAIは9mmから14mmの水槽のガラスに対応し、MOAI Plusは15mmから20mmまでの水槽のガラスに対応します。

対応する水槽のサイズは、横幅が最大200cmまでです。MOAIは淡水にも海水にも対応します。ただし、水槽の角を曲がることができないので、方向を変えるときにはMOAIを別の面に装着させる必要があります。

面倒な水槽掃除を自動で行なうMOAIですが、スマホと連携した撮影機能も魅力的です。ぜひインスタ映えする画像や動画を、MOAIで撮影してみてはいかがでしょうか。

関連記事

NEW

台風災害にも役立つ!?自由自在に開閉できる安心の国産IoTカーテン「eCurtain」とは

国内で初のスマートカーテン!eCurtainとは eCurtainは日本企業である「株式会社リンクジャパン」が開発した、国内初のスマートカーテンです。「Wi-Fi」に接続して利用するタイプになります。 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.20
NEW

血中酸素センサー搭載!新モデルApple Watch Series 6の機能まとめ

メディアの予想的中!Apple Watch Series 6は9月16日のイベントで発表 2020年9月16日のイベントに先駆け、ニュースメディア大手の「米ブルームバーグ」は ・新型Apple Wat ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.19
NEW

Garmin(ガーミン)がお届けする活動量計Vivofit4のこの機能が凄い! 

365日24時間ウェアラブルなVivofit4 Vivofit4を365日24時間身に着けることが可能(ウェアラブル)で、約1年間電池を交換する必要がありません。上位モデルが最大でも7日しか連続使用で ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.18

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.