iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.06.22
2019.12.27

玄関先のセキュリティはこれ一台で安心!Ring Spotlight Cam Wired

RingはAmazonによる1,100億円超の買収で一躍話題になりましたが、同社は以前からビデオドアベルや家庭用セキュリティカメラなど、人気デバイスを開発し続けています。

今回紹介するRing Spotlight Cam Wiredは、モーションセンサーと1080pビデオ、強力なLEDスポットライト、侵入者に警告するための110デシベルのサイレンを組み合わせた、画期的なスマートホームセキュリティカメラです。

記事ライター:iedge編集部

モダンな外観、高い防水性能

Ring Spotlight Cam Wiredは、黒または白の本体カラーが利用可能で、頑丈な構造を備えています。これは、屋外に設置されるデバイスの用途上、必要なものであると言えます。 IPX5の防水により、雨が降っていたり、ホースからの放水を受けたりしても大丈夫です。

長方形の形状は、一般的なセキュリティカメラとは異なるデザインで、Spotlight Camにモダンな印象を与えます。

全体的なデザインは、同社製のFlood Light Camに似た印象ですが、Spotlight Camは全体的にはるかにコンパクトで、内部に搭載された機能を考えると、NestやArloのセキュリティカメラと競合します。

カメラは電源ケーブルに接続され、通常の電源コンセントに接続される形です。後部に搭載されたコネクタのおかげで、簡単に設置することができますが、それは同時に簡単に外せることも意味します。

ただ、ドライバーとネジで固く設置も可能なので、取り外す予定がない場合、そちらのほうが賢明でしょう。

 

かゆいところまで手が届く設定サポート

Ring Spotlight Camは、ほとんどのスマートホームデバイスと同様に、iOS、Android向けRingアプリを使用して設定します。アカウントを作成した後は、カメラの設定を行っていきます。

設定は非常にスムーズな流れで行われます。動画を含めた手順ごとの詳細な説明だけでなく、カメラ自体からもスピーカーを通じて解説を提供します。

カメラをWi-Fiネットワークに接続すると、すぐに設定完了できます。設定自体は簡単ですが、ドリルとネジを使って取り付けた場合、映像を確認しながら向きを微調整することは、いちいち外して付け替える必要があるため、少々面倒かもしれません。。

カメラは電源コンセントから届く範囲で、Wi-Fiの電波が届く範囲内にある必要があります。

幸いにも、長い同梱ケーブルのおかげで、ある程度、設置場所には自由度があります。また、Ring Chime Pro Wi-Fi Extenderを利用することで、玄関先までWi-Fiが届かない場合でも、電波を拡張することができます。

 次ページ >
多機能で安心のホームセキュリティ

 

多彩な機能を詰め込んだ安心のホームセキュリティ

カメラを接続すると、ライブフィードや録画したクリップを見たり、モーションアラートを確認したり、カメラの内蔵マイクとスピーカーを使って、外界と通信することができます。

ライブフィードを有効にすると、鮮明な高解像度(1080p)の映像が表示されます。140度の広範囲な視野で、広い範囲をカバーします。魚眼レンズのように、少しゆがみのある表示がされますが、それほど気にならないレベルです。

アプリ上に表示されるアイコンをタップすると、カメラのスピーカーは簡単にアクティブにでき、カメラに写っている人と話す、または警告することができます。

スピーカー自体はあまりにも騒々しいものではありませんが、短い会話でも十分に聞こえ、音はクリアです。アプリには、カメラライトの手動制御や、110デシベルのアラームも含まれています。

これは、緊急時に侵入者を怖がらせたり、隣人の注意を引いたりするのに十分な大きさです。内蔵LEDスポットライトは明るく、フルサイズで起動すると明るすぎるほどですが、必要に応じて薄暗くすることもできます。

カメラのモーション設定も設定可能で、撮影範囲内に複数のモーションゾーンを作成することで、ゾーンに入る人にのみ警告するように調整できます。

スケジュールを組んで、モーションアラートを有効にしたり、特定の時間、特定の日に、またはその両方で無効にしたりすることもできます。

粗さがしをすると、ほかにない独自の機能はないとも言えますが、これだけ幅広いセキュリティ機能を1つのデバイスに組み込んだ競合製品はほとんどありません。そのため、非常におすすめのセキュリティカメラと言えます。

 

安定した機能群は非常に魅力的

いかがだったでしょうか。Ring Spotlight Camは高い信頼性を誇る屋外用セキュリティカメラです。独自の機能は搭載していないものの、安定した動作性は非常に魅力的です。

日本国内での展開はまだされていませんが、今後、発売が開始される可能性も十分あるため、動向に注目していきましょう。

関連記事

Alexa(アレクサ)が怖い?アレクサの恐怖体験と怖い機能を紹介

ユーザーの生活が快適になるように、さまざまなサポートしてくれるアレクサですが、アレクサによって怖い思いをしたという体験談もあります。今回は、アレクサの怖い体験談をご紹介します。そして、アレクサがわざと ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.05.26

たまごっちがスマートウォッチ化?たまごっちスマートの特徴を解説

たまごっちスマートとは、スマートウォッチの形をした新しいたまごっちです。 たまごっちスマートは、たまごっちが発売して25周年の節目である2021年11月23日に発売されました。 1996年に発売された ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.04.22

Alexa(アレクサ)の設定方法を徹底解説!設定ができない場合の解決策も併せて解説

アレクサの初期設定の方法 アレクサの初期設定、いわゆるセットアップの方法をご説明します。 1.スマホにアレクサのアプリをインストールします。 2.アレクサはAmazonと連動しているので、アレクサを使 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.04.14

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.