iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.04.26
2019.12.27

最大84日分の温度・湿度・照度が記録できるログみ~る(R)BTとは?

ログみ~る(R)BTは、設置場所の温度、湿度、照度などのデータを最大で84日分保存することができるロガー(記録計)です。今回は、ログみ~る(R)BTに搭載されている機能や使い方、スマホとの連携なども併せてご紹介します。

記事ライター:iedge編集部

記録した温度・湿度・照度をスマホで受け取れるログみ~る(R)BTとは?

株式会社カスタムから発売されているログみ~る(R)BTは、無線搭載の温度・湿度・照度計です。

ログみ~る(R)BT専用アプリ(Ambient)をスマホやタブレットにインストールし、Bluetooth経由で連携すれば、ログみ~る(R)BT本体に保存されている計測データを受け取ることや、リアルタイムに確認することができます。

ログみ~る(R)BTが取得したデータは、アプリ上でリアルタイムに数値で確認できるほか、保存した過去のデータも併せて、折れ線グラフで確認したり、必要に応じて保存データをCSV形式でメール送信したりすることが可能です。

なお、リアルタイムのデータは、ログみ~る(R)BT本体とアプリをインストールしたスマホやタブレットがBluetooth通信している時になります。

これまでのように、ロガー設置場所にPCやケーブルなどを持ち込む必要もなく、データを確認したい時にスマホやタブレットを持ち込み、アプリ画面のアイコンを1回タップするだけで、Bluetooth通信でログみ~る(R)BTに保存されたデータを受け取ることができます。

ログみ~る(R)BTの記録可能期間は次の3パターンが用意されていて、それぞれサンプリング間隔が異なります。

84日間(サンプリング間隔:1時間)

21日間(サンプリング間隔:15分)

33時間(サンプリング間隔:1分)

ログみ~る(R)BTの使用目的に応じて、上記の期間を選ぶことができます。

なお、ログみ~る(R)BT本体に保存されているデータ容量がいっぱいになると、自動的に古いデータから上書きされていきます。

そのため、上記の期間以上のデータが必要な場合は、ログみ~る(R)BTが古いデータを上書きしてしまう前に、スマホやタブレットで受け取っておかなければなりませんので覚えておきましょう。

ちなみに、スマホに保存したデータは削除操作を行わない限り、保存されたまま残ります。

 次ページ >
最大10台まで管理できる

関連記事

IoTってどういう意味?どんなことができるの?豊富な事例も紹介

最近よくIoTという言葉を聞くことが増えてきました。 ・IoTって一体どういう意味? ・どんな風に使われているの? ・うちでも使えるかな? IoTについてなんとなく便利そうだけれども、ちょっと難しそう ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.07.26

スマートホーム化|照明を最大限活用する方法とオススメアイテム

普段何気なく利用しているおうちの照明を、スマート化するとどんなふうに便利になるのでしょうか。たとえば暗がりの中手探りで押すスイッチ、消し忘れて帰るまでつけっぱなしの明かりなど、日常の小さなストレスが解 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.07.26

100%ワイヤフリーのWebカメラ!Arlo Essentialで屋外の見守りを

自宅の外にある自動車や自転車への犯罪に対して、監視カメラを設置することは有効な抑止力になります。しかしながら、監視カメラを設置するには、普通は電源などのケーブルが必要です。自宅の環境によっては設置が難 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.07.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.