iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.03.29
2019.12.27

主要音声アシスタント3種対応の屋外スマートプラグiHome Outdoor SmartPlug

スマートプラグはさまざまな選択肢がありますが、屋外用スマートプラグに限定すると、その種類はあまり多くありません。

これまで屋外用スマートプラグといえば約80ドルのiDevices Outdoor Switchが第一候補となっていましたが、今回紹介するiHome Outdoor SmartPlugは約40ドルとおよそ半額で購入可能です。

スマートプラグに差し込み口が2つ必要ない場合は、iHome Outdoor SmartPlugを検討するといいかもしれません。品質を犠牲にすることなく、安定性にも優れたリーズナブルな価格のスマートプラグです。

記事ライター:iedge編集部

主要音声アシスタント3種に対応 設定も簡単

iHome Outdoor SmartPlugはiDevicesプラグの約半額の値段通り、iDevicesのモデルの差込口を2つから1つにしたような製品となっています。双方ともAlexa、Google Assistant、Siriと、主要音声アシスタント3種に対応しています。

Outdoor SmartPlugには、通常のプラグの横にコンセントを掛けるためのアンカーとネジが付属しています。 120V AC、15A(1,800W)の最大負荷を持つOutdoor SmartPlugを使用するには、安全装置付きコンセントと2.4GHzのWi-Fi接続が必要で、iDevicesとほぼ同じです。

プラグを設定するには、AndroidまたはiOSデバイス(iOS 9.3以降)にiHome Controlアプリをダウンロードする必要があります。

iHome Controlアプリは、Wi-Fiネットワークにデバイスを接続し、部屋の名前を登録して接続するなど、セットアップをサポートします。一連の設定は簡単で、それほど時間を要することはありません。

 次ページ >
主要音声アシスタントとの連携方法は?

 

AlexaとGoogleアシスタントは個別設定が必要、Siriではほぼ不要

Outdoor SmartPlugは、Amazon Alexa、Googleアシスタント、Siriで動作します。Siriを介して屋外のSmartPlugを制御することは直感的で、ほとんど設定していない状態でコントロールすることが可能です。

Alexa、Googleアシスタントに関しては、iHomeアカウントとそれぞれのアシスタントのアプリ上での個別設定が必要です。

しかし、それはiHomeの他の製品や、その他のApple中心の製品では珍しいことではありません。設定さえ完了すれば、Outdoor SmartPlugは各音声アシスタントで安定して動作します。

Outdoor SmartPlugはNest製品の 「Home」「Away」ステータスで動作し、それに応じてプラグを切り替えることも可能です。

 

IFTTTには未対応 専用アプリでスケジューリング可能

Outdoor SmartplugはWinkのスマートホームプラットフォームでも動作しますが、IFTTTでは動作しません。IFTTTを開いても、レシピにOutdoor SmartPlugを統合するオプションはありません。

ただ、iDevicesのスマートプラグでも同様のため、それほど不利な点ではありません。その代わり、iHomeコントロールアプリでは時間指定のオン/オフコマンドでプラグをスケジューリングすることが可能です。

また、iHome Controlアプリでは、Outdoor SmartPlugのエネルギー消費量と使用履歴を表示することもできます。

 

現状では最もコストに見合う屋外用スマートプラグ

屋外用スマートプラグは、スマートホーム構築において、それほど優先度の高いデバイスではありません。しかし、耐久性や安定性に優れたOutdoor SmartPlugは、十分検討に値するといえるでしょう。

テラスのライティングチェーンのコントロールから、ヒートランプや屋外エンターテインメント機器のスケジューリングまで、スマートプラグは季節に関係なく活躍してくれます。

屋外用スマートプラグを購入しようとしているユーザーにとっては、iHomeとiDevicesはほとんど差込口の数と値段くらいしか違いがないように思えます。使用用途や予算に応じて、どちらか好きなほうを選ぶといいでしょう。

ただ、40ドルという値段は、iDevicesの製品等と比べて屋外用スマートプラグとしてはリーズナブルですが、通常のスマートプラグと比べてしまうと、まだ少々高価であるとも言えます。

しかし、全体として、iHome Outdoor SmartPlugは、一般的なスマートプラグのニーズのほとんどに対応し、堅実なパフォーマンスと十分なカスタマイズ性を兼ね備えています。

発売されている屋外用スマートプラグの中では、最も価格と性能のバランスが良いデバイスと言えるのではないでしょうか。

日本での正式な発売はされていないため、設定や使用が米国仕様となっていますが、それほど多くの専門知識なしに設定することが可能です。

関連記事

NEW

台風災害にも役立つ!?自由自在に開閉できる安心の国産IoTカーテン「eCurtain」とは

国内で初のスマートカーテン!eCurtainとは eCurtainは日本企業である「株式会社リンクジャパン」が開発した、国内初のスマートカーテンです。「Wi-Fi」に接続して利用するタイプになります。 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.20
NEW

血中酸素センサー搭載!新モデルApple Watch Series 6の機能まとめ

メディアの予想的中!Apple Watch Series 6は9月16日のイベントで発表 2020年9月16日のイベントに先駆け、ニュースメディア大手の「米ブルームバーグ」は ・新型Apple Wat ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.19
NEW

Garmin(ガーミン)がお届けする活動量計Vivofit4のこの機能が凄い! 

365日24時間ウェアラブルなVivofit4 Vivofit4を365日24時間身に着けることが可能(ウェアラブル)で、約1年間電池を交換する必要がありません。上位モデルが最大でも7日しか連続使用で ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.18

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.