iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.02.23
2019.12.27

4つのカプセルで自分だけの香りを作り出す Moodo

近年、スマートホーム市場の広がりとともに、IoT化、スマート化される製品のジャンルも非常に多彩になってきました。

照明、鍵、インターホン、カーテンなど、様々なモノがインターネットに繋がるようになっています。今回紹介するMoodoは、「香り」をスマート化する画期的な製品です。

記事ライター:iedge編集部

Moodoとは?

Moodoはイスラエルの企業Agan Aromaによる、「スマートフレグランスボックス」です。2017年1月からクラウドファンディングサイトINDIEGOGO上で出資を募り、同年夏に出資者へ製品が届けられました。

そして、このほど一般発売が決定し、世界最大の家電見本市CES 2018において展示されました。

これまでにないスマートフレグランスボックスなる製品は大いに話題を集め、テクノロジーサイト大手のCNETでは「Weirdest Products at CES(CESで見つけた変わり種製品)」として取り上げられました。

Moodoを手掛けたAgan Aroma社は、芳香製品に芳香剤を提供する企業で、同社にとって初の一般消費者向け製品が、このMoodoです。

Moodoは高さ12センチ、縦横10センチ四方のキューブ型に、本体上部にカプセルを装着する穴が開いている特徴的デザインです。一見すると何のデバイスなのかわからないかもしれませんが、香りを拡散するのに無駄な部分は一切省いた、シンプルなデザインとなっています。

Moodoのカプセルは約30種類のラインナップで、一度に4つまで装着できます。この組み合わせによって、オリジナルの香りを作り出すことができます。

さらに、それぞれのカプセルホルダーには調節可能なファンが用意されており、カプセルごとに拡散する香りの強さをアプリ上で調節できるため、数えきれないほどの香りパターンが考えられます。

Moodoのアプリでは自作の「香りレシピ」をほかのユーザーに公開できる上、ほかのユーザーのレシピを試してみることもできます。Agan Aroma社が誇る香りのプロによるレシピも公開されています。

Moodoのカプセル内に収められた香りは最大出力で約60時間持続し、55平方メートルの領域に届けられます。Agan Aroma社によると、ほとんどのユーザーはカプセルを1~2か月は交換なしで使えるとのことです。

バッテリーサイズに応じて190〜210ドルのスターターキットを公式Webサイトから購入することができます。

 次ページ >
Moodoの代表的な香りレシピ

 

Moodoの代表的な香りレシピ

・Cozzy

Cozzyは家で落ち着いてリラックスできるようデザインされた香りです。ケーキやクッキーを楽しみながら、優雅なティータイムを過ごせます。

使用カプセル:オレンジ・サンライズ、プレシャス・スパイス、グランマ・バニラ、ミッドナイト・スリル

・Gardens of Kanazawa

Gardens of Kanazawaは、まるで日本庭園にいるかのような木や花の香りを楽しめる和風フレグランスです。香木とバニラビーンズのブレンドがベースとなっています。

使用カプセル:サンダル・ウッド、グランマ・バニラ、ネロリ・シトラス、ディバイン・ローズ

・Oriental Delights

トルコローズとジャスミンの香りが特徴的な、東洋風の香りです。

使用カプセル:ジャスミン・サンバック、サンダル・ウッド、ディバイン・ローズ、ミッドナイト・スリル

・Beach Party

ビーチパーティーの解放感をイメージした香りで、心地よい空間を演出します。

使用カプセル:シエスタ・ブリーズ、モノイ・デ・タヒチ、スウィート・サンド、アンバー・マリン

・Flesh Vibrations

一面に広がる花畑をイメージした香りです。エネルギッシュかつ幻想的な雰囲気で、どんなシーンにもマッチします。

使用カプセル:ウッド・ロイヤル、ラベンダー、フローラル・マジック、シトラス・フレッシュ

・Ashram Spa

瞑想や精神統一に適した香りです。オリエンタルなムードを盛り上げ、精神を落ち着けます。

使用カプセル:スパイス・ブーケ、シャーマンズ・ポーション、インセンス・ブードゥー、ユーカリプタス・ナイト

 

以上に挙げた香りは、Moodoで作り出せる香りのほんの一部にすぎません。また、Moodoでは香りの配分を変えたり、カプセルを入れ替えたりすることで、香りの変化を柔軟に行うこともできます。

自由自在に自分好みの快適空間をMoodoで作り出してみると、住み慣れた我が家が、また違った雰囲気を纏うようになるかもしれません。

 

スマートホームは「香り」もスマート

いかがだったでしょうか。スマートホームの発展によって、家庭内の環境を自由自在にコントロールできることが、まさに当たり前の時代になってきましたが、Moodoの登場によって香りまでその対象に含まれるようになりました。

アロマオイルや空気清浄機のような、「つけるか消すか」といったものではなく、自由に調整できる、簡単に変更できるといった点で、Moodoは画期的な製品です。

スマートホームをさらに彩り豊かに演出するスマートフレグランスボックス、Moodoの登場によって、香りのコントロールがさらに重要視されていくか、今後に要注目です。

関連記事

NEW

「eneplat」とは|脱炭素化を見据えた住宅用蓄電システムを解説

新たな住宅用蓄電システムであるeneplatは、太陽光で発電される電力を利用し、エネルギー自給自足を目指せるシステムです。詳しい仕組みや今後の展開について紹介いたします。   住宅用蓄電シス ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.27

スマホの効果的な放熱方法を解説!熱を持つ理由や間違った放熱方法も紹介

スマホを使用しているとき、スマホ本体が熱くなることがあります。スマホが熱くなると、故障や画面のフリーズ、最悪の場合は発火や火傷などの危険性があります。 ではスマホが熱くなったときは、どのようにして放熱 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.19

スマートウォッチはソーラー充電が可能?注意点や選び方も紹介

スマートウォッチには便利な機能が備わっており、普段の生活の様々なシーンで広く活用されています。 ただし、一般的な腕時計と比較してバッテリーを多く消費するため、充電をさせる頻度は高くなります。充電作業は ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.13

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2023 AllRights Reserved.