iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2020.12.09
2020.12.09

Appleのサブスク“全部乗せ”!「Apple One」は本当にお得?

Appleの新しいサブスク「Apple One」の提供が日本でも開始されました。Appleユーザーに人気のサブスク4つを、まとめて1つの契約で、お得な料金で利用できるというサブスクバンドルサービスです。Apple Oneの料金プランや、果たしてお得なのかどうかを解説します。

記事ライター:iedge編集部

Apple Oneとは

Appleの新しいサブスク「Apple One」は、

・Apple Music(音楽聴き放題)
・Apple TV+(動画見放題)
・Apple Arcade(ゲームし放題)
・iCloudストレージ(オンラインストレージ)

4つのサブスクをまとめて「一つのサブスク」として利用できるサービスです。2020年9月のAppleイベントで発表され、日本では10月にサービスの提供が開始されました。

日本では月額1,100円(個人プラン)で利用でき、4つのサブスクを単体で利用するよりもお得です。しかし、4つのサービスのうち使わないものがある場合は損をしてしまうこともあります。下記で解説するので、ぜひチェックしてください。

Appleのサブスクを全く使ったことがないという人も、Apple Oneは30日間無料で体験することができるので、これを機にぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

Apple Oneのプラン

Apple Oneには個人プランとファミリープランがあります。

個人プランの料金は月額1,100円で、利用できるiCloudストレージは50GBです。

ファミリープランの料金は月額1,850円で、自分を含む最大6人で利用できます。iCloudストレージは200GBです。

 

Apple Oneはお得なのか?

Apple Oneで利用できる4つのサブスクをそれぞれ単体で利用した場合、次の料金がかかります。

  個人 学生 ファミリー(最大6名)
Apple Music 980 円 480 円 1,480 円
Apple TV+ 600 円 0円※ 600 円
Apple Arcade 600 円 600 円 600 円
iCloudストレージ 130 円(50GB) 130 円(50GB) 400 円(200GB)
合計 2,310 1,210 3,080

※Apple Musicの学生プランに登録すると、Apple TV+を無料で利用できます。

上記の合計金額と、Apple Oneの月額料金を比較すると、

・個人は1,210円/月

・学生は110円/月

・ファミリーは1,230円/月

お得なことがわかります。

ただしすべての人がお得なわけではない

ただし注意したいのが、これは4つすべてのサービスを使う人の場合であるということです。4つの中でどれかは全く使わない、という場合、Apple Oneに加入すると損をすることもあります。

例えば、4つのうちApple Arcadeだけを使わない場合、他の3つのサブスクをそれぞれ登録したときの料金は次の通りです。

  個人 学生 ファミリー(最大6名)
Apple Music 980 円 480 円 1,480 円
Apple TV+ 600 円 0 円 600 円
Apple Arcade - - -
iCloudストレージ 130 円(50GB) 130 円(50GB) 400 円(200GB)
合計 1,710 610 2,480

この場合でも、個人とファミリーの場合はApple Oneに加入したほうがお得です。しかし、学生のみ、Apple One(学生割引がないので個人プラン1,100円/月)に加入すると損をしてしまいます。

では、4つのうちApple Musicを使わない場合はどうでしょうか。他の3つのサブスクをそれぞれ登録したときの料金は次の通りです。

  個人 学生 ファミリー(最大6名)
Apple Music - 480 円※ -
Apple TV+ 600 円 0 円 600 円
Apple Arcade 600 円 600 円 600 円
iCloudストレージ 130 円(50GB) 130 円(50GB) 400 円(200GB)
合計 1,330 1,210 1,600

※学生の場合は、Apple TV+を単体で登録するより、Apple TV+を無料で利用できるApple Musicの学生プランに登録する方がお得なので、このようにしています。

Apple Musicを利用しない場合でも、個人と学生はApple Oneに加入したほうがお得ですね。しかし、ファミリープランの場合は250円損することがわかります。

このように、どのサービスを利用するかによって、Apple Oneに加入するべきかどうかが異なります。Apple Oneに加入する前に、自分が普段利用するものの料金を計算して、お得かどうか確認してみましょう。

 

Apple Oneの登録方法

1.「設定」アプリを開き、最上部に表示されている、iCloudの登録名をタップします。

2.「サブスクリプション」をタップします。

3.現在登録しているサブスク一覧の上に、「Apple Oneを入手する」と表示されているので、タップします。

4.個人プランかファミリープランを選択し、「サブスクリプションに登録」をタップします。

5.Face IDの認証を終えたら(機種による)、端末のサイドボタンをダブルクリックして承認します。

6.「ようこそ Apple One」と表示されたら登録は完了です。

 

Premierプランの追加はあるか?

アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダでは、個人プランとファミリープランに加えて「Premierプラン」が提供されています。

Premierプランは、

・Apple Music

・Apple TV+

・Apple Arcade

に加えて、

・Apple News+

・Apple Fitness+

・iCloudストレージ(2TB)

の6サービスを、最大6人で利用できます。月額料金は29.95ドルです。日本でも提供が開始されるかどうかは明らかになっていません。

関連記事

NEW

スマートコンセントにできることとおすすめの商品5選

  IoTやAI技術を活用し、家庭内の家電や設備を一括管理するスマートホーム。スマートフォンやタブレットから家電の操作をして、さまざまな機器の電源切り替えをする便利な生活を実現するために一役 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.09.22
NEW

マークジェイコブスのスマートウォッチ|特長・機能・おすすめ商品を解説

  今回は、マークジェイコブスのスマートウォッチの特長・機能・具体的なおすすめ商品について解説します。 マークジェイコブスのスマートウォッチは、今は生産中止となっていますが、おしゃれで人気の ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.09.22

クロームキャストができることは?特徴と接続方法を解説

  クロームキャストは、テレビと接続するだけでスマートフォンとの連携が可能なデバイスです。 今回は、クロームキャストの特徴や接続方法を解説します。 クロームキャストとは クロームキャスト(C ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.07.21

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.