iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2020.10.17
2020.10.17

Fire TV StickでYouTubeを視聴する方法!画質の調整や広告非表示なども解説

約5年にわたるGoogleとAmazonの対立が和解に至り、Fire TV StickでYouTubeアプリを視聴できるようになりました。ここでは、Fire TV StickにYouTubeをダウンロードする方法、画質の調整や広告を非表示にする方法などを解説します。思う存分、YouTubeを楽しみましょう!

記事ライター:iedge編集部

Fire TV StickでYouTubeが視聴可能に!早速ダウンロードしよう

AmazonとGoogleが和解したことにより、2019年6月19日、ついにAmazonにYouTubeアプリが復活しました。これによって、Fire TV StickでもYouTubeアプリをダウンロードして視聴できるようになりました。

それまで、Fire TV StickではSilkやFirefoxといったブラウザ経由ならYouTubeにアクセスできましたが、操作が多いのとアプリではないため、動作にストレスを感じることが多くありました。

これからはYouTubeアプリ(もちろん0円)で、思う存分楽しめます。

Fire TV StickにYouTubeアプリをインストールする手順

Fire TV Stickを使えば、簡単にYouTubeアプリをインストールできます。まずはFire TV Stickを起動させ、ホーム画面を表示します。多くの方は、この時点ですでにYouTubeアプリが表示されていると思いますが、中には「見当たらない!」という方もいるでしょう。

そんなときは、ホーム画面左上の虫眼鏡アイコンを押して、検索窓を表示させましょう。そこで「YouTube」と入力すれば簡単に探せます。「Y」だけでも候補表示されるので、手間はほとんどかからないはずです。

「Y」だけで候補が表示されている状態です。このままカーソルを下へ動かして「YouTube」を選ぶと、下のような画面に移り変わります。

画面表示に従い「入手 無料ダウンロード」を選んで決定ボタンを押しましょう。すぐにダウンロードが始まり、数十秒ほどで完了しますので、アプリを立ち上げてみましょう。

ログイン方法は大きく2つあります。「テレビ」「ウェブブラウザ」です。もちろんスキップしてもOKです。ログインする場合はGoogleアカウントが必要になるので、持っていない方は先に作成しておくと便利です。

テレビでログインする方法を選ぶと、画面上にGoogleアカウントのログイン画面が表示されます。

ここにメールアドレス(アカウント)と、次の画面でパスワードを入力すれば完了です。たったこれだけで、すぐにYouTubeを視聴できるようになります。Googleアカウントを所有しており、かつWi-Fiなどネットワーク環境が良好であれば、所要時間わずか2分という手軽さです。

スマホやタブレットでYouTubeを視聴した際、保存していた動画などもそのまま反映されますので(アカウントが同じ場合)、快適にYouTubeを楽しめます。

 

Fire TV StickでYouTubeの画質を調整や倍速、コメント欄の表示の設定はできる?

画質を調整したいと思ったら、まずは観たい動画を選んで再生します。

再生中、Fire TV Stickリモコンの選択ボタン(丸いボタン)の中心または上を一度押してみましょう。すると、左下にシークバーとともに設定アイコン(・が縦に3つ並んだマーク)が表示されますので、決定ボタンを押して展開します。。

展開すると高い評価、低い評価、フィードバック、報告といったアイコンが並んでいますが、そのうち左端にあるのが「画質」です。四角に「HD」と書かれているアイコンです。これを選べば、画質を選択できます。

なお、2019年9月時点では倍速再生といった設定は確認できませんでした。※2020年9月時点でも倍速再生は確認できませんでした

スマホアプリであれば、動画右上の「その他」から「再生速度(0.25倍〜2倍)」を選んだり「VRで再生」を選んだりできるのですが、Fire TV Stick版はまだ対応していないようです。

アップデートによって追加されるかもしれませんので、今後に期待しましょう。

また、Fire TV Stick版のYouTubeアプリでは、コメント欄は表示されません。関連動画などが表示されるに留まっています。

 

Fire TV Stick版YouTubeアプリに不具合が生じたら?

音ズレ、エラー、そのほか何らかの不具合が生じたときの対処法も覚えておきましょう。

まずはWi-Fiなどネットワーク環境は問題ないかを確認しましょう。問題なければ、次にYouTubeアプリを再起動させてみてください。それでもダメならFire TV Stickの再起動を試みます。一度テレビからFire TV Stick本体を抜き、数分待ってから再度接続すれば再起動できます。あるいは、Fire TV Stickのホーム画面から「設定」を選び再起動することも可能です。

以下がFire TV Stickの設定画面です。カーソルを右へとスクロールしていきましょう。

こちらの「My Fire TV」を選んで決定ボタンを押します。

「再起動」に選択を合わせて決定ボタンを押せば再起動が始まります。

なお、動画の投稿者の編集方法によって音ズレが生じていたり映像が停止したりすることもあります。著作権の問題で、音楽が流れている間は無音で映像のみが流れているといったこともよくあります。これらは不具合ではありませんので、最初に別の映像を見て確認してみるのもよいかもしれませんね。

すべて試しても解決しないときは、YouTubeアプリを再インストールするか、Fire TV Stickのサポートセンターに問い合わせましょう。

 

Fire TV Stick版YouTubeアプリの広告を非表示にしたい!

動画を楽しんでいる最中、いいところで突然広告が入り、イラっとした経験がある方も多いのではないでしょうか。

YouTubeは広告収入メインで運営されているとはいえ、脈絡のない広告が突然流れて不快な思いをしたり、動画と広告の音量が全然違って大音量でびっくりしたりした経験もあるでしょう。

YouTubeの動画再生中に流れる広告を非表示にする方法は、たった一つ「YouTube Premium」のメンバーになるしかありません。

広告が非表示になるため、動画の再生途中でイラっとすることはなくなります。ですが、このYouTube Premium、月額1,180円(2020年9月時点)と、意外と高額なのです。

広告非表示はストレスなく動画を楽しむために欠かせませんが、そのためだけに毎月1,180円は大きい出費ですよね。

その代わり、広告非表示だけでなく別アプリを開いても再生可能なバックグラウンド再生だったり、動画の一時保存やオフライン再生が可能になったり、YouTube Music Premiumが楽しめたりといったさまざまな特典がついてきます。

毎日のようにYouTubeを視聴する、という方はメンバーになっても良いかもしれませんが、そうでない方も多いと思います。

YouTube Premiumは初回のみ、3カ月間(※)の無料トライアル期間が設けられています。迷う方は有料メンバーになるかどうか、その期間に判断しても良いでしょう。

※2020年9月時点の情報です。トライアル期間は変更になる可能性があるため、必ず最新情報をご確認ください。

 

YouTube以外にも豊富なコンテンツが!Fire TV Stickは買いの一台

今回はFire TV StickでYouTube視聴する方法、画質の設定や広告非表示にする方法なども解説してきました。

無料で楽しめる動画配信サービスとして、世界最大規模のYouTubeは利用者も多いと思います。やっとFire TV Stickでも視聴できるようになったので、テレビの大画面で思う存分、好きな動画を楽しみましょう!

Fire TV Stickでは、YouTube以外にもさまざまな動画配信サービス、音楽配信サービス、ゲームアプリなどを楽しむことができます。

こちらの記事で徹底解説していますので、ぜひ併せてチェックしてみてくださいね!

関連記事

NEW

台風災害にも役立つ!?自由自在に開閉できる安心の国産IoTカーテン「eCurtain」とは

国内で初のスマートカーテン!eCurtainとは eCurtainは日本企業である「株式会社リンクジャパン」が開発した、国内初のスマートカーテンです。「Wi-Fi」に接続して利用するタイプになります。 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.20
NEW

血中酸素センサー搭載!新モデルApple Watch Series 6の機能まとめ

メディアの予想的中!Apple Watch Series 6は9月16日のイベントで発表 2020年9月16日のイベントに先駆け、ニュースメディア大手の「米ブルームバーグ」は ・新型Apple Wat ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.19
NEW

Garmin(ガーミン)がお届けする活動量計Vivofit4のこの機能が凄い! 

365日24時間ウェアラブルなVivofit4 Vivofit4を365日24時間身に着けることが可能(ウェアラブル)で、約1年間電池を交換する必要がありません。上位モデルが最大でも7日しか連続使用で ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.18

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.