iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2020.06.13
2020.06.15

健康を効率よく管理しよう!活動量計として使えるおすすめスマートウォッチ3選

現在コロナウイルスの影響もあり、健康に強い関心を持たれている方も多いのではないでしょうか。

健康を効率よく管理するために活用したいのが、活動量計です。そして活動量計としての機能が搭載されているスマートウォッチを使えば、手軽に健康維持に努められます。

今回は健康維持に使えるスマートウォッチの特徴、そして選び方や実際の製品おすすめなどを解説していきます。

記事ライター:iedge編集部

健康維持の活動量計として使えるスマートウォッチの特徴

活動量計としても使えるスマートウォッチには、次の特徴があります。

活動量計として邪魔になりにくい

クリップやネックストラップなどで固定して使うタイプは、長時間身に付けると邪魔になりやすいです。

活動量計機能付きスマートウォッチを購入すれば、普段は時間を見たりアプリのメッセージを受け取ったりしながら、スポーツ時などに活動量計としてすぐ活用できます。クリップやネックストラップなどと違って体に密着していますから、身に付けていても邪魔になりにくいのはメリットです。

さまざまなデータを計測できる

モデルにもよりますが、健康維持機能の搭載されているスマートウォッチには多彩な機能を備えているものもあります。

たとえば

・消費カロリー
・心拍数
・血圧
・血中酸素量
・睡眠状態

などさまざまなデータを収集して、後ほど確認可能なモデルもあります。

用途に合ったモデルを選べば、スマートウォッチからすぐに健康に関する情報を取得可能です。

スマホやパソコンで、分かりやすく健康状態を把握できる

残念ながらスマートウォッチのディスプレイは、データを全体的に眺めて確認する用途には向いていると言えません。しかし多くの健康維持に使えるスマートウォッチは、スマホやパソコンと連携できる機能を搭載しています。

スマホの場合専用アプリから、各種データを数字やグラフなどで可視化して確認可能です。またパソコンと連携できる場合は、より大きな画面でデータを把握できるので便利です。

 

健康維持の活動量計として使えるスマートウォッチの選び方

関連記事

NEW

これは使うべき!アレクサ対応のシーリングライトが超絶便利すぎる!

設定は簡単!アレクサ対応のシーリングライトを導入すべき理由 アレクサとは、Amazon Echoなどに搭載されている、Amazonの音声AIアシスタントです。「アレクサ」「アマゾン」「コンピューター」 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.22
NEW

Apple Watchがコロナ時代の【必需品】になるかもしれない件。着々進む研究とは?

Apple Watchの最新OS「watchOS 7」でコロナ対策できるって本当? 画像引用元:https://www.apple.com/jp/newsroom/2020/06/watchos-7- ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.21
NEW

超アナログ人間の独身アラサーOLがAmazon Echo dotを購入!アレクサと一緒に生活してみた2週間後、まさかの結末

超アナログ人間・独身アラサーOL ”ちー坊 ” とは はじめまして! 都内で一人暮らしをしているアラサーOL、ちー坊です! 好きなものはしろくまアイスとドラクエのスライム、趣味は昼寝です。 私はとにか ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.18

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.